臥薪嘗胆 意味。 臥薪嘗胆と同じ意味の四字熟語はありませんか?

「臥薪嘗胆」の意味と使い方とは?由来や類語表現も例文つきで解説

・呉の国王・闔閭(こうりょ) ・闔閭の息子・夫差 ふさ ある日、呉は長年の屈辱を晴らすために、越へ進軍しますが、返り討ちに遭ってしまい、国王である闔閭は重症を負ってしまいます。

もっと

臥薪嘗胆(がしんしょうたん)の意味、由来、言葉の使い方、類義語

現在では「目的達成のために苦労や辛苦を重ね、チャンスを待つ」くらいの意味になったとは言え、この由来を知れば、どういったシチュエーションに使われるべきかがわかります。 そしてついに、一度は敗れた夫差を打ち破り、呉を滅ぼして覇者となるのでした。 国の復興に尽力しながら、自らは毎日寝起きのたびに 胆の苦い汁をなめては恥辱を蘇らせ、復讐心を新たにしました。

もっと

座右の銘にも使われる「臥薪嘗胆」の由来とは?正しい意味と使い方も解説

同じ言葉を口にすることで国民が一致団結する。 その隙を突いたのが呉の南にあった越です。

もっと

「臥薪嘗胆」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

現在では「恨みを持つ相手に復讐するために苦痛や困難に耐えること」というニュアンスで使われることが多いです。 特に『通鑑』胡注では、臥薪嘗胆の語の前に「越王勾践の」が修飾されており、呉越戦争に関係していることを明示している。 闔閭が出した課題は孫武に宮女を訓練させるというもの。 「薪」の上で寝るのは苦痛が伴い、また「肝」は大変苦いことで知られていますが、夫差は、常に自らを苦しめることで、戦いに破れた屈辱を忘れないようにしたのです。 露・独・仏の理由は「日本が遼東半島を持つことは、東アジアの平和を乱す」というものでした。 発端は、日清戦争後の下関条約からです。

もっと

座右の銘にも使われる「臥薪嘗胆」の由来とは?正しい意味と使い方も解説

余命幾ばくもない王は、太子の「 夫差(ふさ)」を呼び、必ず敵討ちをしろと遺言を残すことに。 彼もまた夫差に復讐しようと決心します。 三年後、ついに会稽山で勾践を降伏させたが、勾践は復讐の念を忘れないため苦い胆をなめ、苦難の末に夫差を打ち破った」の故事に基づく四字熟語です。 このように、長い苦労の末に目的を達成したふたりの壮大な復讐劇が「臥薪嘗胆」の語源なのです。 夫差姑蘇に上り、亦成を越に請ふ。

もっと

臥薪嘗胆

子胥言、「不可。 紀元前6世紀末に、呉王闔閭が越王勾践との戦いの傷がもとで病死するときに後継者の夫差に「必ず仇を取るように」と言い残しました。 「臥薪嘗胆」の日本での流行 「臥薪嘗胆」という言葉は三国干渉の時期に、日本で大きく流行しました。 そしてみごと3年後に会稽の地で越王勾践(こうせん)の軍を破ったのです。 太宰嚭子胥謀の用ゐられざるを恥ぢて怨望すと譖す。

もっと

臥薪嘗胆(がしんしょうたん)の意味、由来、言葉の使い方、類義語

伝説時代から前漢の武帝までの歴史が記されており、『日本書紀』の模範ともなった『史記』(しき)や、太古から南宋(なんそう)の滅亡までの約四千年の歴史が時系列で簡潔に記された『十八史略』(じゅうはっしりゃく)が出典となっています。 『史記』によりますと、紀元前6世紀末の中国春秋時代、呉王の闔閭(こうりょ)は越(えつ)に侵攻しましたが敗れて負傷し、まもなくその傷がもとで病死しました。

もっと