持続 可能 な 開発 に関する 世界 首脳 会議。 国連持続可能な開発会議とは

持続可能な開発に関する世界首脳会議(ヨハネスブルグ・サミット)(概要と評価)

もっと

国連持続可能な開発会議とは

今次交渉においては、資金問題は比較的早期に合意が成立。 後にアフリカ開発のための新パートナーシップ(NEPAD)へ改称。 具体的には、リスク評価、有害性・リスク関連情報の提供、リスク管理のための体制整備等6つのプログラム領域を設定し、国際的な協力による化学物質管理への取組を求めています。 国際連合の活動への対応 地球環境問題に関する国際的な意識の高まりにより、国際連合は、1992年にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで「地球サミット()」を開き、化学物質対策も含めた地球環境問題の解決策として、「アジェンダ21」と名付けられた具体的なアイディアを とりまとめました。 例えば、国連環境計画(UNEP)では、「経済のグリーン化とは、自然・人的・経済的資本投資に対するより良いリターンを得るために、ビジネスやインフラを再構築するプロセスであり、同時に温室効果ガスの排出抑制や天然資源の低利用、廃棄物の排出削減や社会的分裂の減少を促すものである」と定義している。

もっと

持続可能な開発に関する世界首脳会議(ヨハネスブルグ・サミット) 第2回準備会合(1/28~2/8、於:NY)

はこのサミットをもとに活動を開始した。 このほか南極では ()など海中の生態系を保護する体制づくりを研究者が求めており、公海の世界遺産化は有望視されている。 また、地球サミットの開催から10年後の節目に当たる 2002年には、アジェンダ21の内容の見直しや新たに生じた課題などについて議論を行うため、南アフリカのヨハネスブルクで「持続可能な開発に関する世界首脳会議 ()が開催され、各国の首脳の政治宣言である「持続可能な開発に関するヨハネスブルグ宣言」 とともに、アジェンダ21の内容を実施するための指針となる「ヨハネスブルグ実施計画」が採択されました。 などしてくださる(Portal:環境)。 他方、リオ原則、数値目標(衛生(sanitation)、再生可能エネルギー)等については議論が首脳級会合開始後も継続。 (注)これまでにタイ、カンボジア、米国、英国等12ヶ国、国際林業研究センター(CIFOR)、国連食糧農業機関(FAO)、国際熱帯木材機関(ITTO)等8国際機関及びNGOが正式に参加を表明しているが、本会議期間中に新たに中国、フィンランドが正式に参加を表明したほか、マレーシア、ロシアも参加の意向を示した。

もっと

持続可能な開発に関する世界首脳会議(WSSD)の結果概要(森林関係)

3 食料、水、エネルギーなどを始めとする26の分野別取り組みについて合意。 目的意識を持つことで、具体的に何に対してどのように取り組めばよいのか判断できるようになります。 結論から言えば、それは、同原則と関連づけられる諸問題は互いに切り離せず、従ってそれらの解決を同時に追求しなければならない、ということです。 SDGsは、私たちみんなが、ひとつしかないこの地球で暮らし続けられる 「持続可能な世界」を実現するために進むべき道を示した、つまり、ナビのようなものです。 現在、静岡県立大学国際関係学部助教。 すなわち、「アジェンダ21」の実施状況を点検し、今後の取り組みを強化することが、この会議の大きな目的であった。 4.日本の対応 (1) 「タイプ2」(パートナーシップ) 持続可能な開発のため各国政府、国際機関、NGO等とともに行う具体的プロジェクト。

もっと

持続可能な開発(Sustainable Development)|外務省

このように、誕生当時の「持続可能な開発」の原則は、今生きている私たちの世代と未来に生まれる子どもや孫たちの世代、そのどちらもが水や食べ物といった必要なものを手に入れられるよう、経済開発と環境保護を調和させることを目指す、というものでした。 ESDとの関係においては、特に教育機関における人材育成と関係しているほか、・研究機関におけるや・にも関係している。

もっと