南極 探検。 こんなに違う南極と北極に関するトピックス:朝日新聞デジタル

アムンゼンとスコット!南極点到達レース!ロバート・スコットが凄いというお話

エイドリン・デ・ジェルラシュ・デ・ゴメリー男爵 (Baron Adrien de Gerlache de Gomery) 1866年~1934年 1897年、ベルジカ号はジェルラシュの指揮もと、アントワープからはるか南に向けて、初の国際的な科学的探検調査のために出港しました。 そのうえ湖水は飲料用に適していて、実際飲んだらとてもおいしかったという。

もっと

白瀬南極探検隊記念館 / 白瀬南極探検について

海軍の、海軍の、人アザラシ漁師ののうちの誰かだろうとは推定されている。

もっと

南極探検の英雄時代

21世紀初期、著作家達がスコットの悲劇について彼の無能以外の理由を推計して提案したので、その評判は幾らか回復した。 大英帝国の威信をかけた国家プロジェクトだったのだとは思いますが、とにかく努力と根性の人でしかないですよね。 1898年—1900年 1898年イギリス南極遠征 サザンクロス ボルクグレヴィンク, カルステン 南極大陸上(ケープアデア)で初の越冬をした遠征。 エドワード・ブランズフィールド(Edward Bransfield) 1795年~1852年 ウィリアム・スミス船長が、後のサウスシェトランド諸島を発見したと報告した時、その探検隊の隊長は、若いイギリス海軍中佐、エドワード・ブランズフィールドでした。 またこの調査によって、当時としては驚くべき事実が明らかになりました! 慰霊祭 [ ] 1956年にで第1次南極観測隊に参加する樺太犬の訓練が実施されたことから、から稚内公園の供養塔前で南極観測隊で活躍した樺太犬の慰霊祭が執り行われている。 江戸城本丸北隅にあった天守(天守閣)は、東西約41m、南北約45m、高さ11mの天守台に建てられていました。

もっと

【最強の寒さ対策】南極観測隊の着ているインナーや靴下を紹介。すべて市販の防寒具!

シャクルトンの次の探検は、1914年~17年にかけての南極大陸横断でした。 千島探検へ 明治26(1893)年、将来の北極探検に備えて、まず千島探検を目指し、郡司成忠海軍大尉(文豪 幸田露伴の実兄)の一隊員としてこれに加わります。 Polar Record Cambridge University Press 22 139 : 401—412. その翌シーズンの春に捜索隊が彼らの最後の苦闘を書いた感動的な記録を発見しました。 それに新鮮な野菜の欠乏は壊血病を招き隊員を苦しめます。 2月3日早朝、思いがけなく テラノバがクジラ湾に到着した。 The Renewal of Antarctic Exploration. 郡司は、明治26(1893)年2月、「千島拓殖演説」 と呼ばれる講演を行い、まもなく拓殖団体としての「報效義会」を結成、官民の支持を得て千島探検の準備を進めていました。

もっと

南極の歴史

児玉 源太郎(こだま げんたろう) 明治23年の秋、仙台の野外演習で偶然に出会ったのです。

もっと

【最強の寒さ対策】南極観測隊の着ているインナーや靴下を紹介。すべて市販の防寒具!

最後にせめて安楽死させようと考え、入りを準備したが昭和号が飛びたてる海面がなく、帰国期限の2月24日を迎えた。 不時着用の燃料と食料を降ろすという森松整備士の機転によって帰船することができたが、15頭の犬は首輪で昭和基地付近につながれたままにされた。 モーソンは、ソリを軽くするためにポケットナイフでソリを半分に切り基地に戻るという英雄的な旅をしました。

もっと

白瀬矗の生涯と南極探検

リチャード・イヴリン・バード(Richard Evelyn Byrd) 1888年~1957年 アメリカ海軍将校がスピッツベルゲン島から北極点まで飛行したと発表したちょうどその頃、バード提督も北極方面への探検を始めていました。 しかし、キャンベルがスコットのモーター駆動橇がうまく動いていると仄めかすことを言っていたことには心配させられた。

もっと

埠頭公園(白瀬中尉南極探検出発の地)

アムンゼンも狙っているらしい。 サー・ダグラス・モーソン (Sir Douglas Mawson) 1882年~1958年 イギリス生まれのオーストラリア人地質学者のダグラス・モーソンは、コモンウェルス湾(オーストラリアの南)の探検でよく知られており、著書「Home of the Blizzard」に記されています。 「英雄時代」という表現は後の時代のものである。 死しては命を果たすを得ず。 2月2日、鯨湾に白瀬たちを迎えにきた開南丸はボートを降ろしますが、南極特有のブリザードと、目まぐるしく変化する流氷に阻まれて接岸に難航します。

もっと

南極探検の英雄時代

ノルウェー人として、アムンセンの野望はいつも北極点に到達することでしたが、ロバート・E・ピアリーが1909年にこれを成し遂げたと主張したため、その代わりに南極点到達を試みることを決心しました。 ちなみに「メリノウール」については… 羊毛の代名詞とされるメリノは、文字どおり最高の品質を誇り、毛は細く長さも均一に揃い、波状(クリンプ)が多く弾力性(スケール)にも優れ、糸どうしがからみ合う為、糸にしやすく、抜けにくい性質をもっています。

もっと