バレー サーブ コツ。 【バレーボール】ジャンプサーブの打ち方の4つのコツとは?

サーブのポイント

味方が取る場合でも同じです。

もっと

バレーボールのサーブトス!4つのコツはこれ!

ラリーポイントではサーブを失敗すると相手に点が入って試合は進行していきますが、そもそもサーブが入らないのではプレー全体がつまらないものになってしまいますよね。 これでほかの指にも力が入ります。 右手が下がった状態になっています。 また、ボールをトス(上に投げ上げる動作)してからサーブを打つのではなく、あらかじめボールを腕の軌道まで持っていっておいて打つ瞬間にボールをはなせば確実に腕に当てれると思います。 ポイントはセッターのいる方向へ少し体重移動を行うという事です。 サーブが入る確率が上がってきたら次は精度です。 (2)目隠しで安定したトスを身につけよう 目隠しをしたままサーブを打ちましょう。

もっと

直線的でスピードが出るフローターサーブのコツ

〇 サーブカットを返球するためのポイント• 腕は大きく振らない、腕だけで打たないこと• 極度の緊張により動きに制限がかかる• そのためサービスエースを狙ったり、最低でもレシーブを乱すためには鋭いサーブが必要不可欠になります。 サイドハンドサーブの場合も強い力を入れなくても遠くにボールを飛ばすことができますし、慣れてしまえば比較的習得が楽なサーブの打ち方ですのでマスターしてみてはどうでしょうか。 あとは、レシーブの高さを調整したりするのは練習すればいいですし、セッターと合わせるだけです。 上手な人のをしっかりと見てどうやってやっているのかを勉強してください。 このサーブを打つには、長い距離のサーブが打てるだけのパワーと技術が必要になります。 ボールを使用する野球やテニスなどは大抵ボールを使わないで、素振りの練習がありますよね。

もっと

バレーのアンダーハンドサーブ!打ち方のコツはこれだ!

目線を上下に動かしすぎている• ボールを取る前の声出しをしっかりと行う(お見合いを防ぐため) 〇 サーブカットができない原因• 利き腕が右手の場合を例に解説します。 写真をご覧下さい。 腕を振ってしまったらジャンプサーブはほぼ取れません。 トスを安定させるためには、トスを高く上げすぎないことです。 落下地点に入れてもボールを迎えに行ってしまい、レシーブするポイントがずれる• が、これではせっかくコメントいただいたのにお役に立てません。

もっと

バレーのアンダーハンドサーブ!打ち方のコツはこれだ!

いや~、これって難しいのか簡単なのかよくわかりませんね。

もっと

サーブのコツ!バレーでサーブが入らない理由と練習方法│ふじや流プラス

そうならないためにも写真のような取り方をしないように注意しましょう。 良くないことは、いいサーフがきてミスをすると自信がなくなってしまい、「次は自分のところに来るな!」というネガティブが感情を持ってしまうことです。 そこで今回は、サーブのコツについてお話ししていきます。 体重(重心)を前に移しながら右手を前方に振り出します。 【サイドハンドサーブのポイント】• ボールの中心から目を離さないようにします。

もっと