増子 輝彦。 増子輝彦とは

増子参院議員の自民会派入り/16年参院選福島 野党統一で当選/「裏切り行為」批判相次ぐ

その後、、を経て に入党し、のには民主党公認で福島2区から出馬するも、再び根本に敗北し落選。 、福島県議会議員を任期途中で辞職し、で(定数4)からで出馬したが、得票数6位で落選。 新党みらいを経て新進党へ 96年 衆院選福島2区で落選(新進党) 2000年 衆院選で落選(民主党) 03年 衆院選比例区で復活当選(同) 05年 衆院選で落選(同) 07年 参院選福島選挙区補選で当選(同) 09年 民主党政権で経済産業副大臣に 10年 参院選福島選挙区で再選(同) 16年 参院選福島選挙区で3選(民進党) 20年 国民民主党解党。 「二階幹事長との関係を利用して自民党から出ようとしている」(自民中堅県議)との見方もある増子氏への対抗を強める。 経歴 [編集 ] 生い立ち [編集 ] 生まれ。 、福島県議会議員を任期途中で辞職し、で(定数4)からで出馬したが、得票数6位で落選。 同年8月19日、国民民主党は両院議員総会を開き、立憲民主党と合流し新党を結成する案を賛成多数で可決。

もっと

国会議員情報:増子 輝彦(ましこ てるひこ):時事ドットコム

16年参院選では共産党との共闘にも踏み込んだだけに、唐突にも映る転身だ。 同県連の渡辺義信幹事長は「突然のことで驚きを禁じ得ない。 津波災害については、時間とお金があればある程度復旧できるかもしれない。 まだいろいろと残っている。 その後も民主党副代表など要職を重ねた。 県議時代はに所属していたが、その後離党。 統一会派や野党再編などすっきりした形をつくる責任を増子氏は負う。

もっと

「もう一度大きな塊を作り安倍一強政治に対峙する」―増子輝彦(参議院議員)

- 実姉の夫 外部リンク [ ]• 福島県出身。 同年8月19日、国民民主党は両院議員総会を開き、立憲民主党と合流し新党を結成する案を賛成多数で可決。 (記事より) ・ ・ 第3次安倍政権発足後初の大型国政選挙となる第24回参院選は10日投開票された。 7年たってある程度方向性は見えてきました。

もっと

増子議員自民会派入り/立民福島県連幹事長が共産党県委員長に謝罪

県議会自民党の佐藤憲保議員会長は「県連は20年以上、増子氏と戦ってきた。 その他 [編集 ]• しかしのでは、福島2区で根本に敗れ、も叶わず落選した。 「深く反省するとともに早期に予定されている解散・総選挙での協力関係をより深化して維持していきたい」と話しました。

もっと

増子参院議員の自民会派入り/16年参院選福島 野党統一で当選/「裏切り行為」批判相次ぐ

だからケジメをつけろと。 2020年10月28日 水 増子議員自民会派入り 立民福島県連幹事長が共産党県委員長に謝罪 2016年の参院選で福島選挙区の野党統一候補として当選した増子輝彦議員が自民会派入りした問題で、立憲民主党県連の亀岡義尚幹事長が27日、日本共産党県委員会事務所を訪れて、町田和史委員長に謝罪しました。 のではの推薦人に名を連ねる が、長妻は1回目の投票で最下位に終わった(当選者は)。 2007年参議院初当選、現在3期目。 佐藤の辞職に伴い実施された参議院に民主党公認、推薦で出馬し、2年ぶりに国政に復帰した。 大の甘党と知られ、1990年代からあんこ・和菓子好き(時々洋菓子も可)による「日本あんこ党」の総裁を務める。 所属団体・議員連盟 [ ]• 90年の第39回衆議院議員総選挙にて無所属で出馬し当選。

もっと

新「国民民主党」、発足前から増子輝彦が離脱して国会議員は13人に(呆)

いずれにしても合流の際に政策的な一定のガイドラインをつくったら、当然参加できない人も出てくる。 私は早い段階から新党は玉木新党でもなく、玉木代表ありきでもない、新しいの結集を図るべきと考え主張し多くの議員と話し合いを重ねてきました。 町田氏は、「今回の対応を見ても、みなさんが信頼に足りる共闘のパートナーだと認識している。 当選後に自民党追加公認 93年 衆院選で再選(自民党) 94年 自民党離党。 大の甘党と知られ、1990年代からあんこ・和菓子好き(時々洋菓子も可)による「日本あんこ党」の総裁を務める。 原発は一番クリーンで環境にもいいエネルギーだと思ってきました。

もっと

旧国民民主・増子輝彦議員が自民会派入り!野党支持者からは批判殺到&自民側からも反対の声!細野・長島・桜井氏に続き、旧民主党議員の自民入りが止まらず!

増子 基本的には私は日本の政治に2大政党が必要だと終始一貫考えてきましたから。 県議時代はに所属していたが、その後離党。

もっと

増子輝彦とは

会派入りは絶対に受け入れられない」と表明した。 亀岡義尚幹事長は「次期衆院選、参院選の戦略見直しが必要」。 この自民党会派入りに対してで支援したふくしま県市民連合は「県民からの支援に対する背信行為」と激しく非難、また選挙時公約と違うとして議員辞職を求めた。 わたしは10年続けないと定着しないと思っていました。 2020年10月21日、産経新聞 2020年10月21日閲覧• 2020年10月21日、日本経済新聞 2020年10月21日閲覧• 「増子氏が自民会派入りしたことと、県民に対する公約を順守することは、絶対に両立しない。

もっと

増子輝彦参院議員、自民会派入り 「与党的立場で活動」:朝日新聞デジタル

放射性廃棄物の処理 [編集 ] 、に伴う除染で発生した廃棄物の最終処分場を、首相の地元であるに設置するよう求めた中間提言をに行ったが 、党内から「稚拙だ」等の批判が相次いだため、党執行部が中間提言の見直しを決定した。 もし結果が良ければ今のような状況は起きなかった。

もっと