ガンダム ジーン。 ジーライン

ジーン・コリニー

ザビ家一派が油断ならない存在だと子供心にも理解していたエドワウはそれを信じるようになる。 「新たに3機のザクが間に合ったのは幸いである。 アムロもフラウに促されて避難するが、フラウの家族は爆死。 ララァの死がシャアが遅まきながらにニュータイプ覚醒する契機となった。 その後、 「これで勝てねば貴様は無能だ…」 とも呟く。 この際に行われた史上初のモビルスーツ戦である月面の戦闘において、シャア、ラル、三連星の5人が搭乗する プロトタイプザクは圧倒的な機動性能を誇り、僅か5機で連邦のガンキャノン部隊12機を壊滅に追い込み、亡命に失敗したミノフスキー博士は死亡。

もっと

デニム(機動戦士ガンダム) (でにむ)とは【ピクシブ百科事典】

それを支える驚異的なリストの力を。 「くそう、死にたくなかったら何かしろ!その辺にミサイルの撃ち方の教科書があるだろ」 (リュウ) 敵が目前に迫っているというのに「僕はもともとミサイル要員じゃないんです」とか たわけたことぬかしてるハヤトに業を煮やして。 「甘ったれるな!ガンダムをまかされたからには貴様はパイロットなのだ!この船を守る義務がある」 (ブライト) 「い、言ったなァ」. 「カイシデン聞こえて? 3秒で発進! よろし?」 (セイラ) これがなければセイラさんじゃない! 「よろし?」 くーッたまんねーッス! セクースの最中に言ってもらいたいセリフNO1。 寒い時代だと…思わんか? 」 (ワッケイン) WBクルーに明日を託して、パオロ艦長、死す。 階級は。 イセリナを俺に捧げて一刻も早く死ね。 部下が先走って攻撃したためやむなく戦闘になる。

もっと

ジーン(機動戦士ガンダム)とは (ジーンとは) [単語記事]

長じてからは医師の卵となり、ルウム首都バンチの学校に進学していたが、テアボロの容体悪化で帰省し、養父の死を看取った。 のザクIIの陽動でガンダムをおびき出し、で奇襲を行い、時限爆弾をセットすることに成功する。 ちょっと可哀想。 その奮闘ぶりに注目。 ラル隊がコズンとアコースを失った後に、マ・クベの鉱山基地に援軍としてステッチと共に登場した。 そんな中、ジオン残党組織が武装蜂起。

もっと

ジーン

階級は大将。 2020年06月21日 日 18:14 改 2020年06月22日 月 19:38 改 2020年06月23日 火 19:35 2020年06月27日 土 23:25 改 2020年07月02日 木 20:58 改 2020年07月09日 木 19:50 改 2020年07月16日 木 21:40 2020年07月22日 水 21:40 改 2020年07月24日 金 12:25 改 2020年07月26日 日 17:32 2020年07月29日 水 23:42 改 2020年08月07日 金 19:44 改 2020年08月15日 土 15:28 改 2020年08月21日 金 23:42 2020年08月28日 金 21:46 2020年09月06日 日 00:17 改 2020年09月09日 水 19:51 2020年09月16日 水 20:12 2020年09月30日 水 22:42 改 2020年10月11日 日 02:02 2020年10月19日 月 20:15 改 2020年10月30日 金 23:03 改 2020年11月12日 木 21:33 改 2020年12月02日 水 23:01. まさにガンダムの圧倒的戦闘能力を象徴するかのようなセリフ。 これによりアムロは正式にガンダムのパイロットとして認められる。

もっと

機動戦士ガンダムの登場人物 ジオン公国軍 (あ行

基本フレームの状態でも一応の戦闘は可能であり、防御力に難があるがの機体と比べて高い戦闘力を発揮した。 ガンダムに乗り込んだアムロと彼との戦いがにおける最初のMS同士の戦いとなった。 原典アニメ版ではMS3機と重戦闘機(との違いのみ)2機、輸送機1機に過ぎなかったが大幅に増え、サイド7出航時でガンダム、ガンキャノン3機、ガンタンク3両に加え、純粋な戦闘機である数機と増えている。

もっと

ジーン・コリニー

2 見せて貰おうか、連邦軍のモビルスーツの性能とやらを・・・。 彼のザクはコロニーの壁に穴をあけるほどの大爆発を起こすが、後にメインカメラの映像記録が回収されている。 小説版によると宇宙世紀0065年の二年後にジオン共和国となり、ジオン・ダイクンの死はその五年後とされ、この場合宇宙世紀0072年ごろに死去したことになる。

もっと

ジーン

史上初の同士のがここに惹起する。 彼の実力は実力主義者のドズルの元で少将として戦力を預かっている点からも推察でき、単艦の敵に対し戦力を出し惜しみせず、最初から持てる全戦力を投入する判断は的に極めて妥当なもの で、彼が「戦術の常道」を踏まえる人物であったという証明になる。

もっと