Nexco 設計 要領。 契約関係図書のダウンロード

ヒュームセプター

総則 1-1 適用範囲 1-2 トンネル照明の目的 1-3 適用基準及び法令 2. 入札監視委員会における委員の氏名及び職業等、審議の概要及びその他必要な資料• 閲覧するためには、解凍ソフトが必要です。 物品等又は特定役務の調達手続の特例を定める規程• 当社が調達に適用する契約規程等は次のとおりです。 契約書 土木工事 令和2年3月31日以前に 契約締結等を行うもの 令和2年4月1日以降に 契約締結等を行うもの• 照明基準 5-1 トンネル照明の構成 5-2 照明方式の選定 5-3 基本照明 5-3-1 灯具の配置 5-3-2 平均路面輝度 5-3-3 平均鉛直面照度 5-3-4 グレア 5-3-5 誘導性 5-4 停電時照明 5-4-1 停電時照明の設置基準 5-4-2 電源種別と明るさ 5-5 入口部照明 5-5-1 入口部照明の設置 5-5-2 連続するトンネルの入口照明 5-6 出口部照明 5-7 特殊構造部の照明 5-7-1 非常駐車帯の照明 5-7-2 避難連絡坑及び避難坑の照明 5-8 接続道路の照明 5-9 照明の調節 5-9-1 基本照明の調光 5-9-2 入口部照明の調節 6. 必ず、適用される共通仕様書及び各業務の特記仕様書等の設計図書をご確認下さい。 内装工の材料規格 7-1 タイル直張りの材料規格 7-2 パネル系内装板の材料規格 8. 内装材料および施工法の選定 6-1 内装材料の選定 6-2 施工法 7. 総則 1-1 適用 1-2 換気一般 1-3 用語の定義 2. 補修工の設計 3-1 設計一般 3-2 はく落対策 3-2-1 はつり落とし 3-2-2 小片はく落対策工 3-2-3 小片を超えるはく落対策工 3-2-4 その他のはく落対策工 3-2-5 坑門のはく落対策工 3-3 漏水対策 3-3-1 導水工法 3-3-2 止水工法 3-3-3 水抜き工法 3-4 凍結防止 3-4-1 断熱工法 3-4-2 加熱工法 4. 図面作成要領• [2015.03一部修正 v201503]• 効率的な処理方式• (v201503) PDF 6. 縦流式 5-1 ジェットファン式の設計 5-2 集中排気式の設計 5-3 電気集じん機式の設計 5-4 立坑送・排気式の設計 6. したがって、NEXCO総研への電子納品に当たっては、NEXCO総研がを発行するためには、「技術関係資料登録票」を紙媒体で作成し、NEXCO総研へ提出する必要があります。

もっと

設計要領

どちらか一方をダウンロードしてご利用ください。 NEXCO総研が受領票を発行するためには、下記の条件を満たしている必要があります。 計算例 6-1 無線基地局用直流電源(DC-48V) 6-2 受配電用直流電源(DC100V) 6-3 トンネル用インバータ(受配電用直流電源共用) 6-4 トンネル用インバータ(パラレルプロセッシング方式) 第4編 道路照明設備 1. 【調査等】 【緑化リサイクル業務】• 受電方式 3-1 一般事項 3-2 供給電力事情の調査 3-3 受電地点 3-4 責任分界点及び財産分界点 3-5 受電方式 3-6 受電所の形式 4. 積算基準 積算基準等の改定• XML"が作成され、紙による提出を省略できます。 施工体制の点検 工事現場等における施工体制の点検要領について 平成29年3月31日以前に 入札公告等を行ったもの 平成29年4月1日以降に 入札公告等を行うもの• マイクロフィルムは、新たな設計基準等の検討・作成の参考や、災害時に高速道路被災現場の建設当時の考え方の確認など災害復旧対応のための基礎資料などとして、活用されています。 例えば図面に関して、DRAWINGフォルダにCADデータを格納し、REPORTフォルダにPDFデータを格納するというものです。 影響予測 3-1 静的挙動の影響予測 3-1-1 予測一般 3-1-2 経験的手法による影響予測 3-1-3 解析的手法による影響予測 3-1-4 許容値 3-2 動的挙動の影響予測 3-2-1 影響予測 3-2-2 許容値 4. 補助工法 6-1 概説 6-1-1 補助工法一般 6-1-2 補助工法の適用 6-2 湧水対策 6-2-1 排水工法 6-2-2 止水工法 6-3 切羽安定対策 6-3-1 天端の安定対策 6-3-2 鏡面の安定対策 6-3-3 脚部の補強対策 6-4 環境保全対策 6-4-1 地表面沈下対策 6-4-2 近接構造物対策 7. 東日本高速道路株式会社契約規程実施細則• 契約規程・要領 東日本高速道路株式会社契約規程• 共通仕様書等• 総則 1-1 適用の範囲 1-2 用語の定義 1-3 トンネル保全に関する基本方針 1-4 トンネル保全一般 2. 照明基準 3-1 連続照明 3-2 局部照明 3-2-1 インターチェンジ 3-2-2 ジャンクション 3-2-3 料金所広場 3-2-4 サービスエリア、パーキングエリア 3-2-5 バスストップ 3-2-6 チェーン着脱場、雪氷対策基地等 3-2-7 スマートインターチェンジ 3-3 照明の調整 3-4 照明方式 3-5 灯具の配置 4. 無停電電源装置設備 5-1 インバータ運転方式 5-2 電気方式 5-3 出力容量の決定 5-4 直流入出力電流の決定 5-5 主回路構成 6. 防・排水工の設計 7-1 概説 7-2 防水工 7-2-1 覆工防水工 7-3 排水工 7-4 湧水処理工 8. 上記別紙2は、ファイル形式が異なるだけで内容は同一です。

もっと

設計要領

従前、提出いただいておりました『印鑑証明書』、『使用印鑑届』、『年間委任状』などは廃止いたしましたので、提出する必要はありません。

もっと

契約規程、基準、要領等

(v201403) PDF 136 KB• 設計 4-1 発電機の電気方式 4-2 休憩施設における発電機の配置 4-3 発電機及び原動機の選定 4-4 発電機容量及び原動機出力の算出 4-5 起動方式の選定 4-6 冷却方式の選定 4-7 燃料容量の算定 4-8 室面積の決定 4-9 寒冷地対策 4-10 換気容量の算定 4-11 その他 第3編 直流電源及び無停電電源設備 1. 電子納品データ(CD、DVD)が、監督員のチェックを受け合格したものと同一の内容であること ・監督員のチェックを受けた電子納品データが、NEXCO総研へ提出するものと異なる場合(内容が同一でも更新された日時が異なるファイルなど)は、NEXCO総研によるチェックで不合格になります。 契約事務処理要領•。 NEXCO東日本との入札手続に関する質問については、「」に掲載しておりますのでご参考ください。 配電方式 4-1 一般事項 4-2 電気方式 4-3 饋電バンクの決定 4-4 高圧配電方式 4-5 主回路方式 4-6 保守切換回路 4-7 電圧降下 4-8 変圧器容量の算定 4-9 力率改善の算定 4-10 屋内換気扇の風量算出 5. なお「技術関係資料マイクロフィルム作成要領」は、平成24年6月末をもって廃止されて販売が終了しているため、監督員より貸与を受けてください. 特許取得済 NETIS掲載期間終了技術 KK-080015-A• 低入札価格調査 工事における低入札価格調査について 令和元年6月30日以前に 入札公告等を行ったもの 令和元年7月1日以降に 入札公告等を行うもの• 標準契約書等(令和2年4月1日適用) 当社が発注する工事等の入札に参加を希望される方は、工種等に応じて、以下の標準契約書及び指示書等をダウンロードのうえ、当社が配布する入札・契約図書としてご使用ください。 測量作業規程• 【電気通信工事】 【施設工事調査等】• 令和3・4年度工事等の競争参加資格審査事務処理要領• 計画・調査 2-1 近接施工の分類 2-2 近接施工検討計画 2-3 詳細調査 2-3-1 詳細調査の計画 2-3-2 近接工事の施工条件調査 2-3-3 既設トンネルの調査 2-3-4 周辺地山の調査 2-4 健全度判定 2-5 近接度の区分 3. 【維持補修用機械等定期点検及び整備】• なお「技術関係資料電子ファイル作成仕様書(案)」は、監督員より貸与を受けてください。

もっと

電子納品関係

路面排水(雨水)に含まれるSS、油を分離する製品です。 土木工事共通仕様書• 【建築工事】 【機械設備工事】• 対策工 4-1 対策工の計画 4-2 近接工事側の対策 4-3 中間地盤の対策 4-4 既設トンネルの対策 5. 【維持補修用機械等購入】 【施工管理業務】• 建築工事共通仕様書• 施設維持修繕作業共通仕様書は、平成29年7月に廃止しました。 設計計画 2-1 設計計画の基本 2-2 変状原因の推定 2-3 補修・補強ランク 2-4 補修・補強工の選定 3. 送 排 風機 7-1 送(排)風機の形式と口径 7-2 電動機出力 7-3 送(排)風機所要全風圧 8. 監督及び検査要領 契約の履行に関する監督及び検査要領• 調査等請負契約における設計変更ガイドライン• NEXCO総研に電子納品が完了すると、NEXCO総研から受領票が発行されます。 保護協調 5-1 一般事項 5-2 過電流保護協調 5-2-1 高圧しゃ断器の短絡保護協調 5-2-2 高圧しゃ断器と低圧しゃ断器の短絡保護協調 5-2-3 低圧しゃ断器の短絡保護協調 5-3 地絡保護協調 5-4 高圧回路絶縁協調 6. 物品・役務 令和2年3月31日以前に 契約締結等を行うもの 令和2年4月1日以降に 契約締結等を行うもの• 雨水排水対策のスタンダードな製品で、世界で約5万台の実績があります。 調査等 令和2年3月31日以前に 契約締結等を行うもの 令和2年4月1日以降に 契約締結等を行うもの• 197 KB• 照明計算 7-1 照明施設設計の手順 7-2 照明計算法 7-3 照明計算 7-3-1 光束法 7-3-2 保守率 8. 総則 1-1 適用範囲 1-2 適用基準及び法令等 1-3 使用材料 2. 平成31・32年度工事等の競争参加資格審査事務処理要領• なお、中部地方整備局以外の事業で本要領を引用する場合は、考え方を十分理解の上、当該事業者の責の下、採用すること。

もっと

契約規程、基準、要領等

技術基準 技術基準類の改定• 情報公開 契約情報公表要領• 競争参加資格停止措置 競争参加資格停止等事務処理要領• 設計照査の手引き• 契約に使用する共通仕様書がご覧いただけます。 総則 1-1 適用範囲 1-2 受配電設備の目的 1-3 適用基準及び法令 1-4 設計手順 2. 上記別紙2は、ファイル形式が異なるだけで内容は同一です。 配線設計 2-1 一般事項 2-2 使用ケーブル 2-3 ケーブルの太さの決定 2-4 使用場所によるケーブル等種別 2-5 ケーブル接続材 3. 管路等設計 3-1 一般事項 3-2 表示記号 3-3 管種及び管径 3-4 土工部管路 3-5 橋梁高架部管路 3-6 トンネル部管路 3-7 ケーブルラック 3-8 ハンドホール及びボックス. 総則 1-1 適用範囲 1-2 用語の定義 1-3 基本方針 2. 施設工事調査等共通仕様書• 維持補修用機械等購入共通仕様書• 自然換気力および交通換気力 4-1 自然換気力 4-2 交通換気力 4-3 交通換気図 5. 各種ガイドライン等 土木工事請負契約における設計変更ガイドライン• マンホール形状で施工カンタン• 713 KB• (v201403) PDF 1. [ 入札公告等が令和2年3月31日以前の場合]• 9MB デジタル地形データ作成編 (平成27年7月) サイズ:1. 一般の設計 4-1 施工法の選定 4-1-1 施工法一般 4-1-2 掘削方式 4-1-3 掘削工法 4-1-4 坑内運搬方式 4-2 設計の基本 4-3 支保理論一般 4-4 支保構造の選定 4-5 設計手法 4-5-1 地山分類と標準支保パターン 4-5-2 その他の設計法 4-5-3 設計の修正 4-6 大断面および小断面トンネルの設計 4-6-1 大断面トンネルの設計 4-6-2 小断面の設計 4-7 吹付けコンクリ-ト 4-7-1 吹付けコンクリート一般 4-7-2 吹付けコンクリートの材料,配合および強度 4-7-3 吹付けコンクリートの設計厚 4-7-4 金網 4-8 ロックボルト 4-8-1 ロックボルト一般 4-8-2 ロックボルトの型式 4-8-3 ロックボルトの材質および形状 4-8-4 ロックボルトの配置および長さ 4-9 鋼アーチ支保工 4-9-1 鋼アーチ支保工一般 4-9-2 鋼アーチ支保工の形状 4-9-3 鋼アーチ支保工の材質 4-10 覆工 4-10-1 覆工一般 4-10-2 覆工の材料 4-10-3 覆工の形状 4-10-4 覆工断面の設計 4-10-5 ひび割れ抑制対策 4-10-6 覆工コンクリートの設計・施工についての留意事項 4-11 矢板工法 4-11-1 適用範囲 4-11-2 矢板工法一般 4-11-3 矢板工法における荷重 4-11-4 鋼アーチ支保工 4-11-5 矢板 4-11-6 くさび 4-11-7 覆工 4-11-8 覆工背面への注入 4-11-9 湧水処理工,漏水防止工の設計 5. 競争参加資格停止措置の対象業者名、措置期間及び措置理由等• また、どちらの様式につきましても、文言や書式は変更しないでください。

もっと

共通仕様書

総則 1-1 適用範囲 1-2 道路照明の目的 1-3 適用基準及び法令 2. 調査等成績評定要領• 成績評定要領 請負工事成績評定要領• 設置基準と負荷設備 2-1 設置基準 2-2 設置場所の周辺条件等の調査 2-3 負荷設備 2-3-1 補償対象負荷設備 2-3-2 直流負荷仕様の把握 2-3-3 交流負荷仕様の把握 3. 8MB 土質地質調査編 付属資料 (平成27年7月) サイズ:5. (v201403) PDF 621 KB• 入札監視委員会 入札監視委員会の設置に関する規程• 入札監視委員会運営要領• 照明基準 2-1 トンネル照明の構成 2-2 照明方式の選定 2-3 基本照明 2-3-1 灯具の配置 2-3-2 平均路面輝度 2-3-3 平均鉛直面照度 2-3-4 グレア 2-3-5 誘導性 2-4 入口部照明 2-4-1 入口部照明の設置 2-4-2 連続するトンネルの入口部照明 2-5 出口部照明 2-6 特殊構造部の照明 2-6-1 非常駐車帯の照明 2-6-2 避難連絡坑及び避難坑の照明 2-7 停電時照明 2-7-1 停電時照明の設置基準 2-7-2 電源種別と明るさ 2-8 接続道路の照明 2-9 配線設計 2-10 照明の調節 2-10-1 基本照明の調光 2-10-2 入口部照明の調節 3. 高い分離能力• 省スペース• 換気量 3-1 トンネル換気対象物質の排出量および濃度 3-2 排出量に対する補正 3-3 所要換気量の算定 3-4 計算の手順 4. 工事の計画 9-1 概説 9-2 工区区分 9-3 工程計画 9-4 工事用設備計画. 設計 5-1 照明施設設計の手順 5-2 照明計算法 5-2-1 光束法 5-2-2 逐点法 5-3 照明計算 5-3-1 光束法 5-3-2 逐点法 第5編 トンネル照明設備 1. 配線設計 8-1 配線設計 8-2 耐火対策 8-2-1 トンネル照明 8-2-2 避難連絡坑照明、非常口表示灯及び誘導標示板(A) 第6編 電線路 1. 土木工事関係書類提出マニュアル• 返信用封筒(切手貼り付け)が添付されていること ・宛先が記入され、切手が貼られた返信用封筒(受領票の返信用)が、NEXCO総研への提出物に添付される必要があります。 監視および変状トンネル調書 5-1 監視 5-2 変状トンネル調書の作成 (3)トンネル換気 本要領で扱う空気の条件および各種の定数・記号 1. 調査等における低入札価格調査について 令和元年6月30日以前に 入札公告等を行ったもの 令和元年7月1日以降に 入札公告等を行うもの• 特に、CD又はDVDに格納する際には、更新日付が変わらないように、ライティングソフトの仕様・設定等に注意して下さい。 【土木工事】 【維持修繕作業】• 調査 3-1 調査の基本 3-2 設計・施工計画のための調査 3-3 施工中の調査 4. 8MB 付属資料・デジタル地形データ作成編 サイズ:6. 基本計画 2-1 トンネル計画の基本 2-2 トンネルの線形 2-2-1 トンネルの平面線形 2-2-2 トンネル相互の間隔 2-2-3 トンネルの縦断線形 2-3 トンネルの内空断面 2-3-1 内空断面一般 2-3-2 内空断面の設計 2-4 監視員通路の設置 2-5 非常駐車帯の設置 2-6 避難通路等の設置 2-7 内装の設置 3. 最大需要電力及び受電容量 2-1 一般事項 2-2 最大需要電力 2-3 受電容量 2-4 契約設備電力 3. 条件 説明 成果品の不足がないこと ・契約で規定される成果品がすべて揃っている必要があります。 詳しくは、を参照してください。 調査等共通仕様書• NEXCO総研には、1970年代からの高速道路建設に係る調査・設計・施工・完成図等がマイクロフィルムとして約100万件保管されています。 安全監視 5-1 安全監視一般 5-2 静的挙動の安全監視 5-3 動的挙動の安全監視 5-4 安全監視結果の整理とその評価 トンネル建設編 (1)トンネル本体工 1. 計画 2-1 調査 2-2 交通量 2-3 換気方式の適用 2-4 段階建設 3. 維持補修用機械等定期点検及び整備共通仕様書• 総則 1-1 適用範囲 1-2 適用基準及び法令 1-3 設計手順 2. 設置基準 2-1 非常用施設の種類 2-2 トンネルの等級区分 2-3 非常用施設の設置基準 2-4 非常用施設の配置計画 2-5 非常用施設の設計 2-5-1 非常電話 2-5-2 押ボタン式通報装置 2-5-3 火災検知器 2-5-4 非常警報装置 2-5-5 消火器 2-5-6 消火栓 2-5-7 誘導表示板 2-5-8 排煙設備 2-5-9 避難通路 2-5-10 給水栓 2-5-11 水噴霧設備 2-5-12 配水設備 3. 坑口部および坑門の設計 5-1 概説 5-2 トンネルの取付け部のすり付け 5-3 坑口部の設計 5-3-1 坑口部一般 5-3-2 坑口の位置および坑口付け 5-3-3 支保構造 5-3-4 掘削工法および施工順序 5-4 坑門の設計 5-4-1 坑門一般 5-4-2 坑門の位置 5-4-3 坑門の型式 5-4-4 構造設計 5-4-5 表面仕上げ 5-5 管理用施設 6. 直流電源設備 4-1 受配電用直流電源の方式 4-2 通信用直流電源及び無線基地局用直流電源の方式 4-3 負荷電圧補償装置 4-4 整流器出力電流の決定 4-5 主回路構成 4-6 整流器の入力容量 5. 520 KB• 談合情報等及び苦情処理 談合情報等対応マニュアル• 照明器材の選定 4-1 光源 4-2 照明器具 4-3 支持物 4-4 支持物の基礎 5. 補強工の設計 4-1 設計一般 4-2 設計手法の選定 4-3 類似設計の適用 4-4 標準設計の適用 4-5 特殊設計の適用 4-6 裏込注入工 4-6-1 施工条件の確認 4-6-2 設計 4-7 ロックボルト補強工 4-7-1 施工条件の確認 4-7-2 設計 4-8 内巻工 4-8-1 施工条件の確認 4-8-2 設計 4-9 繊維シート接着工 4-9-1 施工条件の確認 4-9-2 繊維シート接着工の設計 4-9-3 繊維シート接着工の材料 4-9-4 積層数と継手構造 4-9-5 補強範囲 4-9-6 その他の構造細目 4-10 鋼板接着工 4-10-1 施工条件の確認 4-10-2 鋼板接着工の設計 4-10-3 鋼板接着工の材料 4-10-4 鋼板厚さと構造 4-10-5 その他の構造細目 4-11 路盤下補強工 4-12 アンカー補強工 4-13 インバート補強工 4-13-1 計画 4-13-2 設計 4-13-3 施工上の留意点 5. なお、土木工事と施設工事の標準契約書については、前払金の特例措置(使途拡大)を反映したものです。 主要機器の選定 6-1 一般事項 6-2 高圧しゃ断器 6-3 変圧器 6-4 配電盤 7. 調査等共通仕様書の平成24年7月版以降、マイクロフィルムはNEXCO総研にて作成することとなり、調査等業務においてNEXCO総研へ成果品としてマイクロフィルムを提出する必要がなくなりましたが、適用する共通仕様書によっては、マイクロフィルムに関連する成果品が異なります。

もっと

契約関係図書のダウンロード

蓄電池 3-1 蓄電池形式の選定 3-2 蓄電池容量等の決定 3-3 蓄電池の換気 4. 電子納品要領 調査等業務の電子納品要領 (平成25年7月) サイズ:6. (v201403) PDF 678 KB• 付属資料 9-1 換気方式選定手法 (4)トンネル内装工 1. (v201503) PDF 1. マイクロフィルム作成用電子データは、「技術関係資料電子ファイル作成仕様書(案)」に従って電子納品チェックシステムによるチェック完了後に複写または変換により作成してください。 共通仕様書に記載されている「適用すべき諸基準」(設計要領、施工管理要領など)に関する情報です。 また、どちらの様式につきましても、文言や書式は変更しないでください。 その他構造物の設計 8-1 監視員通路 8-2 非常駐車帯 8-3 避難通路 8-4 諸設備のための箱抜き 8-5 交差部の設計 8-6 換気所 9. 入札者に対する指示書 土木工事・施設工事 令和2年3月31日以前に 契約締結等を行うもの 令和2年4月1日以降に 契約締結等を行うもの• 照明計算 4-1 照明施設設計の手順 4-2 照明計算法 4-3 照明計算 4-3-1 光束法 4-3-2 逐点法 4-3-3 保守率 4-4 耐火対策 4-4-1 トンネル照明 4-4-2 避難連絡坑照明、非常口表示灯及び誘導標示板(A) 5. 視線誘導ライン 8-1 視線誘導ライン材料の選定 8-2 視線誘導ラインの材料規格 (5)トンネル非常用施設 1. 電気通信工事共通仕様書• [ 入札公告等が令和2年3月31日以前の場合]• どちらか一方をダウンロードしてご利用ください。 競争参加資格審査 競争参加資格有資格者名簿• 物品・役務 令和2年3月31日以前に 契約締結等を行うもの 令和2年4月1日以降に 契約締結等を行うもの• word用ファイルは、lzh形式で圧縮しています。

もっと

契約規程、基準、要領等

令和2年10月より(橋梁編)に橋梁補修に関する塗替塗装、はく落防止対策工、橋梁下部工耐震補強の内容を追記 工程作成の手引き 舗装編• 機械設備工事共通仕様書• 維持修繕作業共通仕様書は、平成28年7月に土木工事共通仕様書と統合しました。 PDF形式で掲載しています。

もっと