イスカ 寝袋。 イスカ(ISUKA)の寝袋の魅力とは?特徴や種類、選び方を解説

イスカ(ISUKA)の主要モデルの特徴紹介、選び方のポイント、人気・売れ筋の口コミ・評価をまとめました

各ブランドの夏用シュラフ。 これにより得られた 3D構造により、無駄なスペースが無くなり保温性の低下を防ぎつつも、狭くなりすぎず、動きを妨げないようになっているわけです。 そんなに寒くないときは中に入らず、このように掛布団的に使えばOK。 ジッパー開閉による温度調節はできません。 寝袋のダウンをあちこち握って、玉になって纏まっているダウンが無いか、内部が湿っていないか確認しましょう。 ゆったり足元3Dシルエット• モンベルの寝袋の特徴としては、 伸縮率が120%あり、内部での圧迫感が軽減されていることがあげられます。

もっと

イスカの特徴や評判とおすすめ寝袋

ある程度水分が取れたら、再度綺麗なぬるま湯に浸し、寝袋から汚れ水がでなくなるこのすすぎを繰り返して、寝袋から汚れを取り除きます。 4 洗濯表示にしたがって洗濯、すすぎ、脱水をします。 出典: まだ商品が切り替わったばかりなので、旧商品の LOFT ダウンウォッシュ と ダウンウォッシュ ダイレクト が販売されていますが、たぶん旧商品は在庫限りとなります。 だいたい登山中は入浴できませんから、汗や皮脂がしみこんだ服を着たまま寝るためあっという間に寝袋が汚れます。 7.ダウンの偏りをほぐす・散らす ダウンの寝袋は、ほとんどがボックス構造になっていて、勝手にダウンがあちこち移動しないように、ある単位で部屋のように仕切られています。 寝袋を収納した時に、かなり圧縮して収納するため、収納袋に高い圧力がかかります。

もっと

ダウンと化繊の寝袋(シュラフ)の洗濯方法

化繊の場合は、あまり細かいことを気にせずジャブジャブ洗えますが、ダウンの場合はいろいろあります。 独自のショルダーウォーマーを採用しています。 5 外で陰干しします。 寝袋と(キャンプ用の)マットは2つで1つです。 でも差が出たとしてもほんの309g!これくらいの差なら雨に濡れても保温力が下がらない化繊を選びますね。 イスカの、「すべての人に快眠をお届けする」という言葉を使命に、今までにハイテク素材を積極的に取り入れ、 高機能を誇る寝袋を開発してきました。

もっと

寝袋を選ぶならNANGA(ナンガ)、ISUKA(イスカ)?季節・用途に合わせて選ぼう!!

といった具合に適材適所があのは、想像に難くないでしょう。 今までにいくつかの寝袋メーカーの収納袋を見てきましたが、モンベル、イスカの2社は、それぞれ方向性は異なりますが完成度が高いと感じます。 急な雨に打たれて身体が冷えたときに 山の天気は変わりやすいという言葉は有名ですが、実際に気流の影響でコロコロ変わります。 自宅に乾燥機がない場合は、コインランドリーなどの乾燥機を使って乾燥をかけて下さい。

もっと

寝袋を作り続けて40年。シュラフ専門ブランド「イスカ」の魅力とおすすめ6選

2段階構造のシリコン素材の収納袋 イスカのシュラフのどのモデルにも共通で施されている機能です。 『寝心地を快適にする』について・・・最近、畳の上で寝たことはありますか?痛くて寝れなかったという方もいるのではないでしょうか。 そんな商品にお金を使わないためにも、最初からきちんとした品を使うことをおすすめします。 各ブランド夏用化繊シュラフの比較 ここではシュラフの代表的ブランド。 お風呂には目盛りが無いため、水の量がわからなくなり洗剤の入れる量がわからなくなりますので、バケツに移しながら測るか、自動お湯張り機能付きの場合はそれで入れると水量がわかります。 キャンプから登山まで幅広く使えますが、バックパックで荷物を持ち運ぶ登山におすすめです! 一方でダウンシュラフの欠点は、水分に弱いことが挙げられます。 また、ダウンの充填量を部位ごとに変えることで、限られたダウンを最大限活用し、保温性と軽量性の両立が図られています。

もっと

イスカ化繊シュラフ「ウルトラライト」が優秀!夏の低山キャンプに寝袋(シュラフ)はいるのか?

よほどふかふかの芝生以外、寝袋のみで寝ると地面の凸凹や石があたって痛くてまともに寝れません。 アルファライト1300EX 厳冬期の高山にも対応した、化学繊維の寝袋です。

もっと

寝袋を選ぶならNANGA(ナンガ)、ISUKA(イスカ)?季節・用途に合わせて選ぼう!!

商品タグには165cm以下の人に最適と書いてありましたが本当だと思います。 寝袋の場合、一般的なダウンジャケットなどに比べて、そのボックスが大きいため、洗濯後に偏りがでやすいです。 ダウン製品専用の洗剤を使用ください。 そのため製品名の数字を見れば、だいたいの保温力が想像できるようになります。 秋冬おすすめのダウンシュラフ10選! 先ほどはベーシックなモデルのシュラフを紹介しましたが、さらなる機能を搭載したモデルがまだまだたくさんです!秋冬のアウトドアを存分に楽しめるおすすめのシュラフをご紹介します。 ナイロン、ポリエステル、綿は、どれも気軽に洗濯できる素材です。

もっと

ダウンシュラフ徹底比較!モンベル、ナンガ、イスカ、おすすめはどれ?

寝袋(シュラフ)には、ダウンや化繊が中綿として用いられていますが、これらは、悪天候などで濡れてしまうと保温性が低下します。 ダウン寝袋の洗濯に使うのは、ダウン用洗剤?それとも家庭の中性洗剤? ダウンの寝袋の洗濯で使用する洗剤については、大手の寝袋・シュラフメーカーでも表現が異なります。 ダウン用洗剤は、一般的な中性洗剤より洗浄力が弱く作られていて、できるだけダウンの天然油分を落とさないようになっています。 夏用シュラフをオススメする理由をいくつか挙げたいと思います。 「軽くてコンパクト」「生地が丈夫」など、素材に関しての口コミが多かったです。 自分の体より大きすぎると体の密着性が下がり、隙間ができて保温性が下がってしまいます。

もっと

イスカ(ISUKA)の寝袋の魅力とは?特徴や種類、選び方を解説

一体夏用だとどれくらいの差が生まれるのでしょうか。

もっと