今日 の 空 が 一 番 好き と まだ 言え ない 僕 は。 『24歳にして渋みたっぷりな奴』ジャルジャルのネタのタネ【JARUJARUTOWER】

『24歳にして渋みたっぷりな奴』ジャルジャルのネタのタネ【JARUJARUTOWER】

「え、あ、ち、違うの一狼君!ただ私はメモに…」 激しく狼狽している空の手帳から何かが零れおちる。 いいか? 俺は 幻想御手 レベルアッパー 使ったんだ。 そんなことを考えつつ、一狼はうっかり地雷を踏み抜いた。 でも、昨今のJPOPは平気で「君が好き」と言っている。 「よろしい。 キングオブコント2020で王者獲得。 会社に着いて、昼に弁当を広げようと思って、ないことに気づく。

もっと

カラスの雑談室2

戦闘に関する技術と知識は2人とも豊富だし、オクタヘドロン製の葉月はアイテムの効能と料理にやたら詳しいが、肝心の一般常識は2人揃ってペケ。

もっと

歌詞検索サービス 歌ネット

参考にしたレシピは普通と違って、ベーコン、ツナ、きのこ、トマトペーストをあわせたもの。 よって、2日に一度は、2日分の弁当を持って帰ることになります。 「あ、それじゃあそろそろ行こっか?確か、この近くだったはずだし、そろそろ開いてるはずだから」 「そう言えば、どこに行くんだ?」 「えっとね…」 空がまた例の手帳を取り出して確認を始めた。 「そ、そうなの!ほら、私、デートって何すればいいのか分からなかったから!」 ブンブンと首が取れそうな勢いで縦に頷き、再び空が助け船に飛び乗る。

もっと

磨かれた原石

女の子らしい慎ましい食べ方は非常に可愛らしい。 それじゃ」 「おっ、お疲れ様です。 「それじゃあ、また明日」 「うん。 それぞれが相方に気を遣って作っていくんです。 アサカねえさんに頼りすぎて甘え過ぎたから負担かけてしまったのかなって思ってます。 廊下を歩いていると窓から風が吹き、白い髪がゆれる。 学園都市の中で、もっとも中高生が多く集まる区画であり、学園都市の中でもかなりの面積を占めている。

もっと

『丁寧な日本語でも通じへん奴』ジャルジャルのネタのタネ【JARUJARUTOWER】

笑 僕、小細工が出来ないもんで、パワーとノリとパフォーマンスで乗りきっているところがあるなぁ、とは思うんですけど。 一日中会議だったし。 「ごめん夜行さん、すぐに連絡してくれたのに。 しかし、長い日記だ。 盛り上がってきましたよ。 あの頃は 翼クン全盛期で、 ラムちゃんのコスプレをしている人がいたなぁ」 「おまえはいったい何歳だ?とにかく、お前の好きな 綾波レイや アスカの コスプレイヤーがいるぞ」 「でも、エヴァが放映されてからかなり経ちますし、いま時エヴァのコスプレする人なんていますかね?」 「確かにその懸念はあるが心配には及ぶまい。 今、父親と晩酌をしながら書いています。

もっと