鶴野 酒造。 会社案内・アクセス

日本酒「登雷(とらい)」|鶴野酒造の通販や販売店の場所は?

前田公に愛された伝統あるお酒です。 料理と一緒に普段から楽しむのに最適なお酒です。 また、100年後もおいしい水を確保できるように、化学薬品を一切使わない廃水処理を行い、環境保全にも積極的に取り組んでいます。 2020年11月10日 2020:11:10:10:53:09• 10年前に鶴野酒造店が今のメンバーで初めて酒造りに 挑戦 トライ した際に仕上がった超辛口のお酒が元であること。 2020年10月 5日 2020:10:05:11:20:13• とてもプレッシャーのかかる仕事ですが、伝統を守りながら少しずつ自分の色を出していけたらと思っています。 創始者は殿様専用の酒造りをするために、加賀藩初代藩主の前田利家公にお供をして尾張から移住をしてきました。

もっと

酒とまちづくり。伝統的な酒造りに挑戦する女性杜氏。

2020年11月11日 2020:11:11:08:44:00• 2020年9月14日 2020:09:14:08:42:48• 一口目が美味しくなければ、二度と買ってもらえない。 二つ目は、在学中に母方の祖父が亡くなった際、親戚一同がすぐに集まったのを見て「もし、自分の両親に何かあったとき、こんな風にすぐに駆けつけたい」と思ったから。 待っていてもダメなようです。

もっと

石川県の酒蔵一覧!日本酒好き必見!

2020年11月 5日 2020:11:05:12:25:55• 2020年9月30日 2020:09:30:15:29:55• 超辛口でありながらしっかりと米の旨味が乗った酒 谷泉 純米吟醸 登雷 とらい 720ml 超辛口を追求したお酒です。 新酒「恋ごころ」も良かった。 ニッポン行きたい人応援団」で特集される 鶴野 つるの 酒造の日本酒「登雷 とらい 」のネットの声について調べてみました。 また、海外に販路を開拓するなどして、能登町をグローバル化させる。

もっと

豊田の地酒【菊石】トップぺージ

2020年8月18日 2020:08:18:15:28:53• 2020年8月 7日 2020:08:07:08:42:43• 一つ目は、経営者として『鶴野酒造』を切り盛りする父が大怪我をし、その介護に追われていた母をサポートするため。 リフレッシュできる貴重な時間です。 お酒が料理を引き立て、また、それによってお酒も引き立てられる。 店舗名 株式会社 鶴野酒造店 代表者 鶴野任一 所在地 〒927-0302 石川県鳳珠郡能登町鵜川19字64番地 電話番号 0768-67-2311 FAX番号 0768-67-2312 メールアドレス noto taniizumi. 徒歩圏内に駅はないようなので、アクセスには車が必要だと思います。

もっと

能登スタイル/のとめぐり(おすすめスポット):鶴野酒造

2020年9月 3日 2020:09:03:08:36:11• 冷や、燗でも美味しく頂け、鶴野酒蔵の20年以上のヒット商品なのです。 これからのチャレンジにも目が離せない奥能登の酒蔵だ。 夜中は数時間おきに起きて麹の状態をチェック。 2020年11月からお酒造りをスタートし、すべての種類の新酒が2021年3~4月に出揃う予定です。 2020年8月28日 2020:08:28:08:36:28• お米を蒸す際も木のこしき、絞りは槽搾り(ふなしぼり)で手作業だ。 2020年10月15日 2020:10:15:09:35:58• 2020年8月19日 2020:08:19:09:05:01• スポンサーリンク 「谷泉」で知られる酒蔵「鶴野酒造店」は能登町鵜川にある酒蔵。 2020年11月 9日 2020:11:09:11:23:50• 9割が珠洲市内で消費されており、市外の人はあまり目にする機会がないかもしれません。

もっと

【鶴野酒造店】谷泉、愛、登雷(とらい)で知られる能登町の酒蔵。女性杜氏が醸す酒!昔ながらの手造りで

html 櫻田酒造 大正3年(1914年)創業の酒蔵です。 また、社長自身が若い頃にデパートの外商の仕事をしていた経験があった事から、毎年デパートの試飲会等に出かけては能登杜氏の作ったお酒、"谷泉"を販売してまわっているそうです。 2020年9月24日 2020:09:24:09:38:51• 2020年12月 4日 2020:12:04:10:46:09• 「愛」の持つ綺麗な味と、余韻に残る良い意味での雑味の妙が美味だ。 2020年12月 1日 2020:12:01:15:14:40• 揚げ物と相性抜群。 2020年8月20日 2020:08:20:10:39:12• 商品の発送まで少々お時間を頂くことをご了承くださいませ. 友人たちは卒業後に私が能登町にUターンすると聞いて驚いていましたが、私としてはごく自然な流れでした。 能登町内に限らず、ときには金沢まで車を走らせることも。

もっと