さよなら タマ ちゃん。 『さよならタマちゃん』(武田 一義)|講談社コミックプラス

人生をあきらめたくない君へ「さよならタマちゃん」:【無料】ガジェット通信ブロマガ:ガジェット通信(ガジェット通信編集部)

現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。 某医療漫画とはえらい違いますね。 ちなみに、その時の言葉を奥さんがどう受け取ったか。 そんな彼に突然襲ってきた癌という大きな試練。 生き死にを扱う作品だからこそ、闘病生活が本当に大変だからこそ、現実が描かれているからこそ、本当は言及すべき内容があるんです。 jpg とにかく闘病生活は大変だったようです。 。

もっと

さよならタマちゃん(武田一義) : イブニング

漫画が好きな人間として、闘病の辛さとはちょっと違ったものを感じ取ってしまいます・・・。 こればっかりは読むべきだなと思いますが、どう考えてもこの場面が一番辛い。 この作品は、作者の武田一義先生(病気当時はアシスタント)が自身に起きた、 「精巣腫瘍」という睾丸の癌への闘病記を描いたものです。 分厚い単行本になってますんで、どれだけの人が出てきているかは予想がつくでしょう。 でも諦めるには早すぎる! 夢を掴むための闘病記! 命の代わりに失くしたものは、たいして重要なものじゃない 普通はがんになったというコトだけでも、精神的にキツイのにさらなる試練が作者を襲います。 「迷惑をかけたくない気持ちも分かりますけど、病気なんだからそれはあきらめませんか」 この時点で、武田先生と奥さんだけではなく、武田先生の仕事場を含めた闘病生活になってます。

もっと

人生をあきらめたくない君へ「さよならタマちゃん」:【無料】ガジェット通信ブロマガ:ガジェット通信(ガジェット通信編集部)

しかも、超分厚い一冊の中にあって、話の折り返し地点まで泣きません。 こういうのって結構、個人差があるようですね。 人と人の付き合いって、結構大きいものだと思います。 再発のリスクや長い闘病生活(経過観察)を抱えながら、どうやって働き生きていけばいいのか、色々と悩むこともあると思うのです。 この本には前向きになって頑張れる言葉やシチュエーションが詰まってます。

もっと

人生をあきらめたくない君へ「さよならタマちゃん」

いつか漫画家になる事を夢見て、漫画家アシスタントとして日々を暮らしていた35歳の主人公。 改めて言うまでもありませんが、武田先生は漫画家です。 しかも、超分厚い一冊の中にあって、話の折り返し地点まで泣きません。

もっと

『さよならタマちゃん』

でも、失くしたものを嘆いていても一歩も前に進めない・・・ ワタクシゴトで恐縮ですが 舌がんで舌の半分以上を切除し、足の筋肉を使って再建手術はしたものの「食べること」「言葉を発すること」そういった当たり前だったことがうまく出来なくなってしまいました。 無くなると少しだけ下の見た目がスッキリしますので、いらないと言う方は取っちゃうのも面白いと思います。 嫁さん募集してます。

もっと