精神 現象 学。 精神現象学

『精神現象学(ヘーゲル)』要旨・要約、感想とレビュー

その過程で、フッサールの「現象学」の概念も修正されていった。 これはどうしてなのだろうか。 しかし、評価するだけで限界を言わない。 (BB)精神• 「歴史が発展していく」という唯物史観は、ヘーゲルに影響を受けた19世紀の思想家マルクスによって提唱された、極めて近代的な価値観なのである。 その点で、直観はフッサールにおける現象学のもっとも枢要な概念ということができる。 また、『現象学』の後半部である精神章、宗教章、絶対知章に対応した内容は、同著の客観的精神章と絶対精神章で論じられているものに近い。

もっと

現象学とは

プラトンは、自然を死せる物質として捉え、超自然的な「イデア」の模造に過ぎないと考えました。 そうして、人間精神には異質として捉えられていたものも、カテゴリーを広げることで、次々と精神へと取り込まれ、本当の意味での世界の創造者になりうるのではないかと考えました。 a快楽と必然性• b心の掟とうぬぼれの狂気• 私はこの問題を解決できるだろうか。

もっと

現象学とは

の3段階を示す。

もっと

ヘーゲルの精神現象学は、色々な方々が訳されてますが誰が訳されてる物が今の...

理性とは、真理を結果としてうみだすものだが、同時に、結果とその生成との対立を破棄するものでもあって、というのも、ここにいう生成は単純な生成であって、結果において単純な形で示される真理と別のものではないからである。 各・新版• ヘーゲルのテクストを読む際にはつねに傍らに置いて、キーワードを調べるようにしてください。 構成 [編集 ] 多くの訳書があるが、本書の構成はおおよそ以下のとおり。 いいかえれば、現象界が内面ないし彼岸の本質であり、内面ないし彼岸を満たすものである。 新田義弘『現象学と解釈学』筑摩書房〈ちくま学芸文庫〉、2006年• あるひとつの対象の定立を遮断したり、あるいは中止したりすることは可能であろうが、自然的態度における一般定立とは世界そのものの定立であり、われわれが日常において疑うことのないものであるから、そのようなものがはたして疑いえるのかという問いが提出される。 a啓蒙思想と迷信とのたたかい• 私が『精神現象学』を読み始めたのは、およそ十年前に遡ることができる。

もっと

ヘーゲル『精神現象学』作品社版を読む【序】│私家版・日本近代文学入門

晩年の『ヨーロッパ諸科学の危機と超越論的現象学』において、科学的世界から、客観的科学によって隠蔽 いんぺい されていた生活世界への還帰が強調されるが、しかしさらに生活世界から超越論的主観性へと還帰しなければならないとする。 B芸術宗教• 精神は否定的なものに目をそむけ、肯定のかたまりとなることで力を発揮するのではない。 この志向性としての理性の解明こそ、フッサールの現象学の中心的課題であり、存在問題の先行決定によってではなく、存在問題の留保によってこそ理性と存在がその深層において結びついていることがあきらかとなる。 333• しかし、 ヘーゲルにおいて、こうした生物の成長と発展の各段階における概念の対立は、単なる否定のみの対立関係だけにとどまり続けるわけではなく、 そうした三者の間の概念の対立は、「有機的統一の契機」、すなわち、 植物全体の生命としての有機的な統一を生み出すきっかけともなっていて、 こうした生命の有機的な統一の内では、 「一方の形式」と 「他方の形式」、すなわち、 「蕾」と 「花」という二つの部分的な概念は、どちらも 同等に必然的な存在 として 肯定されることになります。 新田義弘『現象学とは何か』講談社〈講談社学術文庫〉、1992年• 「先生を選ぶ」ことが、依存を強め、先生の奴隷になってしまう。 それらの性質は互いに自存しているが、それらは互いに互いを否定し合うことによって己を規定している(例えば「丸み」は「角ばっている」の否定として規定される)。 しかし一方で、この確信が告げる真理は、「その事柄がただ存在している」というだけの貧しい真理である。

もっと