トク する サポート プラス。 トクするサポート+

ソフトバンクの「トクするサポート+(プラス)」徹底解説!「トクするサポート」との違いは?

液晶表示が以上・タッチパネルが動作不良:減額• ドコモについても新プランが登場した2019年6月以降は24回から36回に支払い回数を増やしています。 また回収時にソフトバンク側で機種の査定が行われ、壊れている場合は22,000円の回収費用がかかります。

もっと

「トクするサポート+」で得する人は?わかりやすく内容を解説!|モバシティ

逆に「1年ごとに新機種に変えたい」「キャリアに縛られたくない」という人は、SIMフリー版を買ってSIMカードをいろいろ使い分けたほうがいいと思います。 (支払い済の金額は戻ってこない)• ソフトバンク「トクするサポート+」のデメリット 実質的にはデメリットなし! トクするサポートは料金がかかるわけではありませんので利用することで何か不利益を得るということはありません。 つまり、機種購入から25ヶ月目を迎えていないものの、新しく機種を購入したい場合、1年買い替えオプションを利用すれば機種を購入する事ができます。 Google Analyticsなどの解析サービス• 高額な端末だけでなく、元々が3万円前後の端末も対象なので、トクするサポートを使えばさらに安く購入できます。

もっと

ソフトバンクが「トクするサポート+」、2020年3月中旬以降から

旧機種が査定条件を満たさなかった場合、回収に加えて最大22,000円(不課税)のお支払いが必要です。 スマホの返却が必要• とはいえ、もちろん無条件に24回分の支払いが無料になるわけではありません。

もっと

ソフトバンク、機種代金がお得な「トクするサポート+」を27日から提供へ

以下の条件を満たして、新機種を購入した場合、残債の 最大24ヶ月分が支払い不要になります。 クレジットカード払いで機種を購入していること ちなみに解除する場合は店頭でしか解除できず、手数料が 3,000円かかります。 機種変更時の残債免除以外に、機種購入を伴わない場合のPayPayボーナス還元特典が追加された 以上2点です。 3月27日以降に発売になった端末が対象• 旧端末を機種変更の翌月末までにソフトバンクに返却し、査定を完了させること• この点は、 少しお得度が減ってしまうので、デメリットと言えるでしょう。 ロックの解除やデータの消去など、回収する前にスマホの全てを忘れずに初期化しましょう! 分割払いとなるため、購入から100日間はSIMロックが解除できない これはトクするサポートの注意点というよりも、ソフトバンクで分割払いをするときの注意点です。 特典利用条件• 両者は名前は違いますが、ほぼ同じものです。

もっと

【2020年12月版】SoftBank(ソフトバンク)最新料金プラン(メリハリ・ミニフィット)まとめ!

査定条件を満たさなかった場合は別途料金が必要or特典が減額or特典受取不可となる• トクするサポート+の注意点 大変お得なトクするサポート+ですが、購入機種を ソフトバンクに返却しないといけないのが、一番の注意点です。 他社に乗り換える場合、残債はそのまま継続して支払う必要がありますが、その時点での査定額に応じたPayPayポイントがもらえます。 月額費用が安い 25ヶ月目以降に次のソフトバンク端末に機種変更すると、残りの端末代きのお支払いが不要になります。 新機種購入時に旧機種が回収される(下取りと同じ手続き) 25か月目に新機種を購入する際、旧機種をソフトバンクに返さないといけません。 端末購入時に申し込むこと トクするサポート+の加入条件の一番のポイントは、 対象機種を48回割賦で購入することです。 ソフトバンクを長く利用される方• 1年〜2年で新しい機種を購入したい方• 残債は免除されないが、端末をソフトバンク側が引き取り、ポイントなどが還元される。

もっと