保坂 和志。 保坂和志(ほさか かずし)

保坂和志のおすすめ作品5選!あなたの思考を刺激する

著者 保坂 和志 出版日 2013-04-18 例えば、時事問題に関して、本当は自分自身で考えてみたいけれども知識がなく、どうしても大学教授やメディアに登場してくる論客の言うことを鵜呑みにしてしまうというといった質問に対して、保坂は次のように回答しています。 第69回 「鶸」• 「UFOとの対話」(『群像』2020年1月号)• 第92回 「青桐」• しかも、自分でやらないとどうしようもないことばっかりだからね。 hosakakazushi. 1997年、『季節の記憶』で、を受賞。 もっともらしく言えば、「新しい書き方を持ち込む」とか、「新しい視点を持ち込む」とか「新しい世界観を持ち込む」ということだけれど、それは「ビョーキ」ということなのだ。 著者の保坂さんは小説家だが、書かれている内容は哲学そのもの。 荒川洋治『』。 『草の上の朝食』(講談社、1993年)のち文庫、中公文庫• 」 (『考える練習』より引用) 社会とどう関わっていくか、文学ははたして役に立つのか、考えるとは何か、といったことから、お金など身近なことまで、本書では保坂和志がさまざまなことに真摯に向き合います。

もっと

【おすすめ】保坂和志の全作品を一覧であらすじを紹介します

第96回 該当作品なし• 、、、などの映画を好む。 一方で、小説家はテクノロジーの進歩から受ける影響を避けられない、ということを指摘しているのも保坂その人である。 いわゆる「文体」じゃない、しかし十分に文体といえるやり方で一冊の小説を書いたということは、すごいことかもしれないと思うんですよね。

もっと

他人に不機嫌な顔を見せる人は、結局自分のことしか考えていない(おとなスタイル)

なんだかもう、授業みたいですね! 保坂 とにかくこの小説は、とても好感が持てる作品なんです。 第93回 該当作品なし• 第157回 「」• 「胸さわぎ」(文学ムック『』vol. 早稲田大学在学中から創作をしていて、『プレーンソング』でデビューしました。

もっと

他人に不機嫌な顔を見せる人は、結局自分のことしか考えていない(おとなスタイル)

また、この年には『』1999年10月号に発表した『生きる歓び』にて第26回候補に選出されてもいる。 第112回 該当作品なし• 第64回 「杳子」• そしてファンレターを書いてみようと思ったら えらく長くなってしまい いまだに出せてません 早く出したい! 次にうちに猫が来ることがあったら 花ちゃんとつけたいなあ 3匹が一緒に写っている珍しい1枚. (公式)• PROFILE - 保坂和志(ほさかかずし) 1956年 山梨県生まれ。 ただ、本当におもしろい。 書き手それぞれ、「その人の小説」にするには、普段の言葉をどうやって入れられるかも大事になってくる。 『プレーンソング』には、8mmビデオカメラを常に持ち歩き撮影を続けるゴンタという青年が登場する。 単行本版のみ、との対談「自閉症・言語・存在」を収録• 『』(2006年2月24日号)の連載「夫婦の情景」にて夫妻で紹介された。

もっと

保坂和志は目を閉じた ―魔法の世紀の「小説」論―

併録:「揺籃」• 映画でも、たとえばゴダールの映画のモンタージュは、意外な飛躍があっても視覚的なイメージというものはそれなりにつながっていきますよね。 第48回 該当作品なし• 第83回 該当作品なし• 阿久津隆『読書の日記』(、2018年)解説• 第104回 「」• ここにはおそらく、チェーホフから一歩進んだ世界観と人間観がある。 第71回 該当作品なし• 主人公中野が妻と別れ、息子と二人で鎌倉に引っ越したところからストーリーが始まります。 保坂 そうですか、自分の書いたことは忘れているんですけどね(笑)。 読んでいるうちに考えもしなかったことに気づかされることが多く、はっとさせられることも多いです。

もっと