無名 草子 現代 語 訳。 藤原俊成女「無名草子/清少納言」

【清少納言】枕草子の内容と現代語訳は?(春はあけぼの・うつくしきものなど)

淑景舎などわたり給ひて、御物語のついでに、「まろがもとにいとをかしげなる笙の笛こそあれ。 の現代語訳を教えてください。 歌詠みの方こそ、元輔が娘にて、さばかりなりけるほどよりは、すぐれざりけるとかやとおぼゆる。 本当に、 どんなに昔が恋しかったことでしょう。 だが今の世では、競うようにして受領(地方長官)になりたがっている。 歌を詠むことに関しては、元輔の娘であって、それほど(有名な歌人の娘)であった割にはすぐれていなかったのであろうかと思われます。

もっと

『枕草子』の現代語訳:51

『後拾遺和歌集』などにも、ひどく少なく入っているようです。 朝廷の要人でもあり、、、とともに一条朝の四納言と称されました。 =歌人としての方面(歌を詠むことに関して)は、清 原元輔の娘であって、それほど有名な歌人の娘であ った割には、優れていなかったかなあと思われる。 語句(重要) ・心地 - 気持ち。 御手づから盃などさしたまへば、わが心地にもいかにおぼゆらむ。 玄上(げんじょう)、牧馬(ぼくば)、井手、渭橋(いきょう)、無名などの名前である。 藤原道隆 「殿」「関白殿」。

もっと

【清少納言】枕草子の内容と現代語訳は?(春はあけぼの・うつくしきものなど)

「公任の宰相殿と誰が一緒にいるのですか。 」 一方ではまた、(彰子と道長の)ご性格なのでしょう。 とも申すのは、どちらが本当なのでございましょうか。 春日詣で。 というわけで今回は、よさげな楽器にまつわる、ちょっとした面白話です。

もっと

「無名草子,現代語訳」に関するQ&A

現代語訳にするのですが 一という文字を 書かない様子となっていて、〜さえや〜すらという訳では入らず困っています、正解はなんでしょうか? 「宜陽殿(ぎようでん)の第一の棚に置かれるべきもの」という(楽器に対する賞賛の)言葉は、頭の中将がよくおっしゃる言葉であった。 (いや、ございません。

もっと

高等学校古典B/無名草子

あの『枕草子』は(清少納言の)心構えが分かって、たいそう面白いです。 …から始まる文章 こちらの現代語訳はどこかに載っておりますでしょうか? よければサイトを貼っていただけるか、解答で現代語訳をしていただけたらと思います。 庭に雪の厚く降り敷きたる。 この世に、どうしてこんなことがあったのだろうと、すばらしく思われることは、手紙でございますよ。

もっと

無名といふ琵琶の御琴を

御前に候ふものは、御琴も御笛も、みなめづらしき名つきてぞある。 」 無名草子「清少納言」の現代語訳 「一般に、あまりにも行き過ぎてしまった人が、そのまま 平穏 でいらっしゃる例は、めったにないことであるようだ。 =そうでなくては、極端にひどく入集した歌が少な かったように思われます。

もっと