Jr 湖西 線 時刻 表。 時刻表

JR湖西線の時刻表

一旦『東武時刻表』として1979年に創刊後、1982年に再創刊され1994年まで『東武時刻表』として東武本線と東上線が一緒に掲載されていた。 日:日根野• 行先については、行先ごとに欄を分けるか、一欄にまとめて添え字で区別して表示される。 新幹線在来線版と在来線版がある。 『JR時刻表』では初電・終電のみ掲載のアーバンネットワーク内の各駅停車列車も全線全駅全列車掲載でさらに土休日ダイヤも分割掲載(ただし、奈良線、和歌山線、山陽本線姫路駅以西など一部は除く。 - 『汽車汽船旅行案内』など、『時刻表』以外の時刻表はすべて廃刊となる。

もっと

時刻表

なお、大幅な改正時のみの発行である。

もっと

駅別時刻表

1月 競争の激しさを憂慮した当時の国有鉄道を運営していたが斡旋に入り庚寅新誌社・交益社・博文館の3社が合同して旅行案内社を創立、『汽車汽船旅行案内』『鉄道船舶旅行案内』『鉄道汽船旅行案内』の3誌は合同し鉄道院公認の時刻表である『公認汽車汽船旅行案内』となった。 『しまてつ便利帖』 、価格150円、A6判 鉄道線時刻表の他にバス路線やフェリー時刻も掲載されているが、実質的にはバスが主体の時刻表となっている。 2011年4月号までは500円だった。 その後、この10月5日は「 時刻表記念日」となっている。 現在は監修・発行は東京急行電鉄、制作・編集は交通新聞社 『東横線時刻表』 東急電鉄、無料、B5判 『田園都市線大井町線時刻表』 東急電鉄、無料、B5判 2005年6月改正時以降無料配布。 各新幹線及び高崎・上越線ページの端は灰色に塗りつぶされている。

もっと

関西空港(鉄道)駅(JR関西空港線 天王寺・京橋方面)の時刻表

2005年12月に第1号、2006年3月に第2号、2007年7月に第3号が発刊された。 掲載順(2016年版。 有料特急が別立て記載になっている各線については各路線の時刻表上に有料列車の記載が無い。 2008年12月号をもって休刊。 『東葉高速線時刻表』 、A5判 東葉高速線全列車と直通列車を中心に東西線・中央緩行線の一部列車を掲載。 2003年版までは接続駅におけるJR線の時刻(京橋駅、、西大津駅(後の)、)が掲載されていた(2006年版は当時JRのダイヤ改正が未発表だったために割愛された)。 時刻表が官報に掲載された最初の事例。

もっと

関西空港(鉄道)駅(JR関西空港線 天王寺・京橋方面)の時刻表

また他社の時刻表には無い「改訂版」があったり「vol. 文字は第20号よりさらに拡大されている。 相鉄とともに今となっては珍しい追い抜き型時刻表であったが(当時のダイヤでは自社線内では設備のある矢切でさえ追い抜かないが、朝の京成押上線八広駅での追い抜きを反映していた)、2010年の成田スカイアクセス開業時に発行されたvol. 総合支所が管轄する各地域バスは対象外。

もっと

JR湖西線の時刻表

『時刻表(京阪神)』 無料、不定期 が発行する冊子型の時刻表で、路線別にダイヤ改正毎に発行する。 原則全線改正時に発売される。 国鉄時代から長らく『道内時刻表』として発行され続けてきたが、2017年3月号から現在の名称となった。 土曜ダイヤがあった時期(1991年、1993年)を除き平日用と土休日用(1989年版は休日用)が背中合わせに製本されているのが特徴。 『時刻表(大宮)』 定価400円(税込)、季刊 監修。 5月 『JNR編集時刻表』が『JR編集時刻表』となる。

もっと