新潟 水俣 病。 新潟水俣病に関するトピックス:朝日新聞デジタル

新潟県立環境と人間のふれあい館~新潟水俣病資料館~

水俣病関連資料データベース• 原因 メチル水銀はビニールの原料であるアセトアルデヒドをつくる過程で発生しますが、高度経済成長期の日本においては、このような物質への対策が遅れており、環境中に多く排泄されることになりました。 同年6月、それを受けて昭和電工側は突拍子もないことを言い出しました。 四日市ぜんそくの患者は、工場側と市・国から補償を受けることができました。 そこに含まれていた メチル水銀を魚や貝を介し、人のカラダに取り入れられました。 - 「花あかり」(石牟礼道子著「苦海浄土」から詩をとり曲をつけたもの。 公害裁判では、高度経済成長の中で環境よりも生産性を優先させた企業の姿勢が争点となった。 昭和63年2月、チッソ吉岡元社長らで有罪判決。

もっと

新潟水俣病第5次訴訟が6年を迎えるなか、早期救済を訴える街宣が新潟市中央区で開催

これはあくまで「経験的」に効率よい水銀の安定回収ができる工法であり、理論的な生成機序の研究はされておらず、したがって有機水銀の中間体が出来ることは誰も気づかなかったのである。 1992年:水俣市の中学校の調査で、水俣病の偏見から文通を断られたり、修学旅行でからかわれるなどの差別に悩むケースが多いことがわかる。 ハンター・ラッセル症候群をベースに症状の組み合わせを求めるものであった。 そもそもの遠因として挙げられるのは、当時世界中で採用されていたアセチレン法アセトアルデヒド工法である。 『水俣病に対する企業の責任-チッソの不法行為』:(1970年 水俣病研究会):水俣病裁判を患者勝利に導いた。 同時に、は新潟有機水銀中毒について、鹿瀬工場のアセトアルデヒド製造工程で副生されたメチル水銀を含む工場廃液がその原因であると発表した。

もっと

【四大公害病まとめ】公害病の種類とは!?原因や対策・場所・死者数・覚え方など

73年制定の公害健康被害補償吠公健頬に基づいて県と新潟市が作る認定審査会ができ、 新潟水俣病に認定できるかを審査してきた。 そればかりか、多くの社員が警備中や出勤途上でしばしば暴行を受け、けが人が絶えない有様でした。

もっと

水俣病について

以後、急増。 1932年から1958年まで、水俣工場から排水路を経由して百間港に廃水が流された。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 2005年:未確定患者が熊本地裁に集団提訴。

もっと

新潟水俣病のあらまし〔令和元年度改訂〕

『縮刷版「告発」』・『縮刷版「告発」 続編』(1971年・1974年 「告発」縮刷版刊行委員会):1969年から1973年まで発行された水俣病を告発する会の機関紙「告発」の縮刷版。 (新潟県)• この場合は「胎児性水俣病」と言う。 毎日新聞 2011年9月10日• そのため、魚にメチル水銀のが起こり、これを日常的に多量に摂取した沿岸部住民等への被害が発生した。 原因が分からなかったため、はじめは「奇病」などと呼ばれていた。

もっと

多くの人々を苦しめた公害病「新潟水俣病」とは?~高度成長期の光と影~

だが昭和電工鹿瀬工場は、熊本のチッソ水俣工場以上に強固な反論を繰り返し、自社犯人説を否定した。 『水俣病事件四十年』(1997年 )• このように、「水俣病発生当時、工場はメチル水銀を流していなかった」、「自然の海域で無機水銀から生成した有機水銀が水俣病の原因となった」などの主張に明確な根拠はない。 1965年頃に発生しました。 - 『苦海浄土 わが水俣病』1969年(この作品によって日本中に水俣病が知られるようになった)• 一方、長らくの間、ハンター・ラッセル症候群という水俣病患者中最も重篤な患者、いわば「頂点」に水俣病像を限定してしまい、その「中腹」「すそ野」である慢性型や軽症例を見逃す結果を招いてしまったとの批判がある。 無機水銀を含むヘドロは埋立地に今なお存在している。 土本典昭・小池征人・有馬澄雄-『水俣病-その20年-』1976年()• 在任中に初の水俣病公式認定患者が出る。

もっと

新潟県立環境と人間のふれあい館~新潟水俣病資料館~

山内豊徳『福祉の国のアリス』(1992年 八重岳書房)• また、言葉が不明瞭になったり、相手のいっていることが聞こえにくくなったりします。 しかし、この一時金について、厚生労働省は「収入である」と判断し、一時金支給を受けている被害者がの支給を受けられなくなっているケースが多発している。 序章 水俣病の概要 (水俣病とは、高度経済成長の裏側で、被害者の活動と補償・救済) 第1章 阿賀野川と人々の暮らし (阿賀野川、流域の人々の暮らし、阿賀野川と人々の結びつきの変化) 第2章 水俣病の発生と経過 (熊本での患者発生と公式発見、水俣病の原因究明、新潟水俣病の発生、新潟水俣病の原因究明、政府統一見解の発表) 第3章 水俣病の被害 (被害者の発生状況、水俣病発生の仕組、水俣病の症状、身体上の不自由さと職業への影響、水俣病による社会的被害、漁業への影響) 第4章 救済を求めた被害者の活動(水俣病訴訟) (新潟水俣病第1次訴訟、補償協定の締結、新潟水俣病第2次訴訟、熊本水俣病に関する裁判、早期解決に向けた被害者の活動、1995(平成7)年の政治解決、1995(平成7)年解決協定の締結、水俣病関西訴訟最高裁判決、ノーモア・ミナマタ国家賠償等請求訴訟(熊本水俣病)、新潟水俣病第3次訴訟、ノーモア・ミナマタ新潟第1次全被害者救済訴訟(第4次訴訟)、水俣病被害者救済特別措置法、熊本県の水俣病認定申請棄却処分の最高裁判決、ノーモア・ミナマタ新潟第2次全被害者救済訴訟(第5次訴訟)、新潟水俣病第1次抗告訴訟、新潟水俣病第2次抗告訴訟) 第5章 被害者の救済対策 (発生当初における被害者救済、水俣病の認定制度(「公害健康被害の補償に関する法律」による救済)、水俣病総合対策事業、環境省の「水俣病問題の解決に向けた今後の対策について」) 第6章 地域の再生・振興-水俣病の教訓を生かす取組- (被害者の取組、教訓を伝える事業、新潟水俣病問題に係る懇談会、新潟水俣病地域福祉推進条例、新潟水俣病公式確認50年事業、ふるさとの環境づくり宣言2015)• 第二水俣病が初めて発見されたのは1965年1月であったので 、結果的に発見された時には原因となるアセトアルデヒドの生産とそれに伴うメチル水銀の放出は終了していたことになる。

もっと