獅子 奮迅 意味。 「獅子奮迅」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

獅子奮迅<猫のことわざ・故事成語・等

「努力」に関する四字熟語10選• しかしその反面、四字熟語は同じような意味でも数が多いためどれにしようか悩む人も多いでしょう。 (出典:吉川英治『宮本武蔵』) ・しかしともかく 獅子奮迅の印象を与えたのは確実である。 irresistibleは、勢いなどがすさまじいため、抑えられないさまを表します。 あの映画の主人公は全身血まみれであるにもかかわらず、人質となった自分の娘を助けるために 獅子奮迅して多くの敵を倒していった。 前程万里 ぜんていばんり 目的までの道のりが長いこと。

もっと

「獅子奮迅(ししふんじん)」の意味と使い方をわかりやすく解説!

八面六臂の語源は仏像が関係している 前述したように「八面六臂」は、現在ではおもにマルチな才能の持ち主をあらわしますが、もとの意味は「八つの顔と六本の腕をもつ仏像や塑像」のことをあらわします。 特に、仕事で成果を出したい人や、 旧年は思うように行動できなかったことを悔やんでいる人などおすすめ。

もっと

「獅子奮迅(ししふんじん)」の意味と使い方をわかりやすく解説!

また戦国時代の合戦を描いた場面で、ものすごく戦に強い武将が登場した場面は、「獅子奮迅」と言いたくなるような活躍をするでしょう。 setAttribute "aria-label","Previous" ,L. メスは、ときにはしつこく交尾をくり返す。 ウサギは逃げることしか考えていない動物である。 また比喩的に、非常に困難な状況。 比翼連理 ひよくれんり 夫婦の愛情が深く、非常に仲が良いこと。 setAttribute "aria-label","Next" ,S. また阿修羅像の六本の腕にもそれぞれ宗教的な意味があります。 遮二無二 しゃにむに 脇目も振らず一つのことにひたすら取り組むこと。

もっと

獅子奮迅とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

《参考》 仏典では獅子を「師子」と書き、仏を言う。 敦篤虚静 とんとくきょせい 他人を深く思いやり、心にわだかまりがなく落ち着いていること。 「面目躍如」「力戦奮闘」については、こちらの記事に詳しく書いています。 獅子奮迅まとめ いかがでしたでしょう。

もっと

獅子奮迅とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

ウサギの交尾は猫よりずっと短い。 江戸時代に寺子屋の普及により一部の庶民にも広がる• 例文2. また、「抵抗できない力」という意味の「irresistible force」を使った「with irresistible force」という英文では、「獅子奮迅の勢いで」という意味を表現することができます。

もっと

獅子奮迅【ししふんじん】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

ちなみに、門松やしめ縄、破魔矢などの正月飾りを処分する際も、 どんど焼きで焚き上げるのが一般的です。 顔の数以外は「八面六臂」の意味と同じです。 「春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)」は、元々の春風がのどかに吹いている様子から転じて、ゆったりのんびりした様子や人柄を表す四字熟語です。 「夫婦仲・家族関係」に関する四字熟語10選 四字熟語 読み 意味 一家団欒 いっかだんらん 家族が集まり、仲良く談笑する様子。 奥の両手は宝弓を構えています。

もっと

【獅子奮迅(ししふんじん)】の意味と例文と使い方│「四字熟語のススメ」では読み方・意味・由来・使い方に会話例を含めて徹底解説。

玄奘三蔵は、唐の僧でした。 setAttribute "type","button" ,P. 【雑学】 出典 「法華経」諸仏獅子奮迅の力。 大きな可能性があること。 ・勇敢に戦う様。

もっと