プロ 野球 ストライキ。 古田涙の決断、スト決行 合意寸前の破綻/復刻

古田涙の決断、スト決行 合意寸前の破綻/復刻

球団合併は経営難に苦しむ近鉄の救済だという、「読売」の主張など誰も信用しない。 >監督はどういう立場にいるものなんですか?経営者側?選手側?? これは難しいですね。 その前提として近鉄存続の可能性は0%。 夕刊フジに至っては、特に編集委員の がストライキに踏み込んだ選手会や当時の古田会長らを痛烈に批判、その後も選手会の動きがあるたびに江尻は「選手会は無能の集まり」という旨の批判を繰り返していた。 実はストライキは避けるべきだと考えていたという。

もっと

プロ野球12球団 戦力外、退団、引退選手など一覧

その後、これらの諸問題は時の流れと共に一応の解決を見たものもあれば、形骸化したものもある(などを参照)。

もっと

プロ野球ストライキ

」としながらも、「今の球団サイドと選手会の対立は、ちょうど我々がとやったとき の状況と似ている気がしますね。 解任の翌日にはチーム唯一の女子選手であるが一時退団を発表。 選手会側はこれを不服として東京高裁に即時抗告を行った。 また試合が行われる予定だった球場で練習なども行ったが、球団から資金が出ないため移動はジャージ姿で歩いて球場に出向いたほか、練習中の球拾いも選手自ら行っていた。 古田に握手を拒絶されたことで、日本中の野球ファンを敵に回した。

もっと

NPB NEWS@なんJまとめ : ストライキの時にナベツネが古田に向かって放った一言

また、今後も続く球界混乱への責任回避という部分も大いにあるでしょう。 打診内容は本拠地か、もしくは年間数カードを開催する準本拠地としてのものだったとされる。 一億総懺悔の立場から、よりよき制度運営を求めて改善を図るべきで、今ストに突入することがあれば、球団がさらに疲弊し、ついには解散、倒産に至ることもあり得るだろう。

もっと

史上初のストライキから10年余り:プロ野球「改革」は進んだのか?

窮した近鉄本社は球団の売却ないしは清算の検討に入ったが、5月中旬、(以下、オリックス本社)の会長でもある球団オーナーの強い勧めに応じオリックスとの合併交渉に入った。 オリックスと近鉄の球団合併問題をめぐっては選手会がNPBとの団体交渉権の確認を求めた仮処分申請を東京高裁に提出。

もっと