武富士 スラップ 訴訟。 吉村洋文知事に「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人の過去! 盗聴被害者のジャーナリストが語る不法な訴訟の全… 赤かぶ

いったい何者? 大阪府知事・吉村洋文という男(週刊現代)

最初から裁判に勝つことが目的なのではなく、「脅す」ことに目的があったものと見られる。 そのために、こちら側の、その依頼者の利益を守る主張をしっかりとする。 いかにもギャンブラー的な発想だが、本誌も筆者も降りることはない。 その辺はブレてない。

もっと

スラップ訴訟とは?

これも便宜供与、賄賂と言えるのではないか」と追及した。

もっと

吉村洋文大阪市長が武富士の弁護士だった件について記者会見で質問される

私が「武富士と警察との癒着」を『週刊プレイボーイ』(集英社)で追及しはじめたのが2003年5月。 同年10月19日の控訴審(東京高裁)判決でも、武富士の請求は棄却された(確定)。 株式会社武富士・平成23年10月5日• 10月31日 - 東京地方裁判所が会社更生計画の認可決定。 寺澤氏もこの資料をもとに「週刊プレイボーイ」(集英社)で、武富士が警視正など複数の警官にビール券などを供与し、見返りに個人の犯歴など秘密情報を得ていた問題などを報じた。 当時は、いやがらせ訴訟とか恫喝訴訟と呼ばれていました。

もっと

吉村洋文 大阪府知事ってこんな人です

4月の統一地方選に合わせた知事選と市長選へ向け辞職する意向の二人。 また、スラップ訴訟は見せしめ行為でもあります。 実際に名誉毀損の事実はないのに名誉毀損だと主張すれば、たいてい裁判所は訴状を受け付けてしまいます。

もっと

【悲報】吉村大阪府知事、サラ金「武富士」の担当弁護士時代に記者に捏造スラップ訴訟を起こし言論弾圧しようとしていた

『高額の損害賠償請求訴訟を続けていれば、いずれ批判する者はいなくなる』というのが武井の考えですから」 武井会長のギャンブル好きは有名だ。 裁判所も武富士に謝罪を検討するよう促した。 つまり、吉村氏自身も、自分が代理人になった訴訟が「盗聴という犯罪行為を隠蔽するための乱訴」「事実を捏造して言論弾圧のためにおこなった違法な行為」であることを認めていたということだろう。 通訳: (省略) 吉村市長:つまり、訴訟の場においては、全ての企業にも、主張したいことは主張できる権利があり、そして例えば、犯罪者であっても、裁判の場においては主張したいことは主張できる権利がある。 実際、法務部長として訴訟を担当していたN氏も武井会長は『常々、高額の損害賠償請求訴訟をすれば批判する者なんていなくなる、事実かどうかなんて関係ない』と言っていたと証言していましたからね。

もっと

スラップ訴訟とは?

しかも、ありえない高額の賠償金で……。 (いわゆる武富士スラップ訴訟の弁護代理人を務める) 外部リンク [ ]• これは明白な犯罪行為です。 次は「」を見てみる. また、資料の中に武富士と警察の癒着を示す証拠があったことから、警察問題を追及しているジャーナリストの寺澤有氏に情報を共有。 それまでも、武富士および武井保雄同社会長(当時)は批判的な報道に対し、名誉毀損という理由で高額の損害賠償請求訴訟を連発していた。 となると私たちが生徒の家に持って行くしかない」。 目的は相手の言論封殺であり、恫喝訴訟・いやがらせ訴訟とも呼ばれる。 実は、私もユニクロの柳井社長から直接「通告書」を送り付けられてきた経験がある。

もっと

吉村洋文知事に「武富士」の盗聴犯罪を隠蔽するスラップ訴訟の代理人の過去! 盗聴被害者のジャーナリストが語る不法な訴訟の全貌|LITERA/リテラ

また、資料の中に武富士と警察の癒着を示す証拠があったことから、警察問題を追及しているジャーナリストの寺澤有氏に情報を共有。 山岡氏もそうした武富士のダーティな体質を批判する記事を何度か執筆していたのだが、そんななか、武富士の元法務課長だったN氏が内部告発をしたいと山岡氏に接触してきたのだという。

もっと

スラップ訴訟とは?

集英社は答弁書で「(記事の)内容は真実であり、その掲載目的は公益目的である」と反論。 やはり、あの余裕のないような攻撃的な血走った目付きが最初から気に入らなかったんだが、野性の勘というのはよく当たるな。 同記事には、4名のフリージャーナリストが、日弁連に「『スラップ訴訟対策チーム』の設置申入書」を提出した際の経緯についても記載され公開されている。 逆に、山岡氏らが「訴権の濫用」だとして起こした反訴では、山岡氏らが求めていた賠償金の支払いと謝罪広告の掲載などをすべて受け入れた(法律用語では「請求の認諾」)。 当時の武富士は、創業者である武井保雄会長がワンマン支配しており、悪質な取り立てや社員のブラック労働、裏社会との関係などが問題になっていた。 山岡氏が当時を振り返ってこう話す。 が、スラップにより日本のジャーナリズムが劣化しているのは疑いない。

もっと

吉村洋文・大阪府知事が不法行為の“実行犯”として加担した黒歴史 武富士2億円言論弾圧訴訟の全貌――完勝のジャーナリスト「弁護士の違法行為は許されない」:MyNewsJapan

それが悲しき実体である。 しかし、吉村官房長は「賄賂性が認められない」と突っぱねた。

もっと