ニンジャ スレイヤー 漫画。 ネタバレ注意!漫画「ニンジャスレイヤー」を読んでいない人にお勧め

ニンジャスレイヤー

タイクーンことアケチ・ニンジャがカナダに築いた国。 マッポの人員削減や軍事需要を見込んだラオモトの命令によって開発されたが、AIが弱く、敵味方の識別が不正確、投降してきた相手に発砲する、指定した場所に着地しない等多数の問題を抱えている。 勢力拡大のためなら手段を選ばないところがあり、ソウカイヤ、ザイバツなどのニンジャ組織とも取引を行っている。 ニンジャスレイヤーと協力者(第4部) [ ] マスラダ・カイ(Masurada Kai) 第4部の主人公。 すべてが謎に包まれた存在である。 以降も並行してTwitterで引き続き無償連載を行っているが、ニンジャスレイヤープラスではTwitterの物語を補完する書き下ろしのサブストーリー、設定資料が公開されている。

もっと

ニンジャスレイヤー

と呼ばれる武器を呼び寄せるユニーク・ジツ「ムシアナ・ジツ」の使い手。

もっと

ニンジャスレイヤー(コミカライズ版)

クローンヤクザの台頭による経営合理化が進んでおり、多くのクランは経営者のリアルヤクザ(人間のヤクザ)が必要な数のクローンヤクザを購入することで構成されている。 シャウトは「キエーッ!」。 「かつてはアニメに出てくるニンジャに憧れたこともあったが、現実的ではないので、探偵に憧れるようになった」と語る。 リアルニンジャ 厳しい修行の末に自力でニンジャになった者。 創業は江戸37年の老舗製薬会社で、キャッチコピーは「ビョウキ、トシヨリ、ヨロシサン」。 さらにはオムラ社の決戦兵器モーターツヨシと合体したネブカドネザルの襲来、格差社会に反発したアンダーガイオン市民の暴動、無軌道ニンジャ・デスドレインによる無差別虐殺、そして密かに刃を研ぎすませていたダークニンジャとザイバツ・シテンノの謀反が重なり、キョートは生き地獄へと転じた。

もっと

ニンジャスレイヤー(コミカライズ版)

しかし、 どのエピソードも完結した物語として十分楽しめるものであるし、漫画版脚本 田端由秋は、読者が長い間謎や疑問に惑わされることのないように、細心な配慮をして全体を構成している。 押さえるべきポイントはこれだけである。 しかし残念ながら、コミックス売り上げ低下のためコンプエースでの連載は終了となってしまい、コンプティークでの連載に一本化することとなってしまった。 そうなると人格は豹変し、略奪や殺害を平然と行う邪悪な存在へと変わってしまう。 漫画版(無印)では社歌も公開された。 逆状の髪型に、通り名の由来であるの「デッドムーン・オン・ザ・レッドスカイ」の刺青などパンク的な容貌であるが、依頼に対しては誠実で、モットーは「家族が大事」。 モットーは「人の手足な 」。

もっと

ネタバレ注意!漫画「ニンジャスレイヤー」を読んでいない人にお勧め

ニンジャとの戦闘はできないため、自らは「ピザタキ」地下アジトからUNIXでのナビゲーションとハッキングにより、IRCを通じてマスラダ達を支援する。

もっと

ニンジャスレイヤー(コミカライズ版)

(obsidian) 漆黒の比喩に使われる他、無慈悲さや残酷さの例えにも使われる。 なお、超人的な身体能力をこそ有するものの、回復力を上回る強力な重火器や回避できない量の飽和攻撃、耐性のない薬物には戦闘力を奪われ致命傷を負うなど、必ずしも絶対無敵の存在ではない。 近郊在住。 でも大丈夫、長年原作につきあってきたファンたちでも、 唐突に開示される新事実に未だに騒然となるのがニンジャスレイヤーである。

もっと