源泉 税 納付 書。 源泉所得税をインターネットで納付する方法

源泉所得税の納付書への記入方法

赤枠で囲まれた部分につき、左上の項目から右へ、順番に解説していきます。 このような「支払いを受ける者が個人の場合で、源泉徴収の必要がある仕事」の対象範囲については、以下の国税庁のページをご覧ください。 ただし、月給の10倍を超えるような賞与を受け取る際には表は使えず、特別な計算が必要になる場合があります。 利子等の所得税徴収高計算書• 【税理士等に支払う報酬に係る源泉所得税(税抜)】• 【参考】• ホームページで納付書をダウンロードする ブランクの納付書をもらう 納付書を書き間違えた場合や、紛失してしまった場合は、税務署で納付書をもらうことができます。 空欄のものを持っている場合は、を記入する。 個人事業主として仕事をしている士業への支払いは、基本的に源泉徴収が必要と思っておけばよいでしょう。

もっと

改元に伴う源泉所得税の納付書の記載のしかた|国税庁

例:給与支払いが25日のときは、以下のように記載します。

もっと

源泉所得税の納付書への記入方法

(「所得税法第204条第1項第1号、3号~8号の区分」と「源泉徴収金額計算が異なるごと」に「コード区分」されています。

もっと

「報酬」に対する源泉徴収

源泉所得税がゼロであっても、上図のように記入して、納付する必要があります。 直接窓口に行って手続きする方法や郵送で手続きする方法があります。 納付書による方法であればパソコン操作がいらずもっともシンプルですが、金融機関や税務署窓口に行く必要があります。 税理士等の報酬は、税抜き金額を記載。

もっと