アメリカ 山 火事。 最悪の山火事は、いかにカリフォルニアを襲ったか

empleo.correos.es : 山火事で消防士19人が死亡 米アリゾナ州

同市の消防当局は先に、18人の死亡を確認したと発表していた。 海を渡ってくる西風は湿度も高く、サンフランシスコで有名な霧の原因となっています。

もっと

empleo.correos.es : 山火事で消防士19人が死亡 米アリゾナ州

これは、日本でのフェーン現象と同じ理屈で、山の反対側に吹き込んだ風が、山の斜面を乗り越えるときに湿度が低下し、山を越えて谷間に吹き下ろす頃には、カラカラの高温低湿度の風となって、谷間に吹き込んできます。 オレゴン州ターナーの赤い空が、誰もいないテーマパークを照らし、お化け屋敷のような光景を作り出した. しかし、少なくとも年間の雨量は以前と比べれば減ってきているので、少なくとも山火事の危険度が次第に上がってきていることだけは、間違いないかもしれません。 消防士や気候学者、カリフォルニア州知事の見解が正しければ、この猛烈な火災は、カリフォルニア州がこれから直面する破壊の一つにすぎない。 これが夏場から初秋にかけて起こると「サンタアナ風」と呼ばれ、山火事の原因となる高温低湿度の危険な風となります。 前代未聞の乾燥した11月 8日午前6時半ごろ、シエラネバダ山脈の麓を流れるフェザー川の上流部ノースフォークに、消防隊が派遣された。 記録的高温 アメリカ西部では、今月に入っても記録的な高温が続いています。 最小湿度は1日の最低湿度のことで、実効湿度とは家屋の建材の湿度のことになります。

もっと

米西部の大規模山火事 現地日本人「外出できない」

しかもそう昔のことではありません。 これほど乾いた11月は知らないと、シューメーカー氏も話している。 作業員は約400人。 本当にカラカラな状態であることがわかります。

もっと

アメリカ西海岸の山火事について

14 猛威を振るう山火事 アメリカ西海岸で山火事が猛威を振るっています。

もっと

アメリカ西海岸の山火事について

ディラン君恵さん:「今、昼の12時ぐらいですけど、ずっと薄暗いです。 その後隣接するジェルサレム(jerusalem)道路周辺にも飛び火・延焼拡大している火災をジェルサレムファイアと呼んでいる。 また地元メディアは、17万人が避難命令の対象になっていると伝えています。

もっと