スタートアップ 追加。 Windows10でスタートアップに自動起動させたいアプリケーションを登録・削除する方法ーWindows7からバージョンアップされた方向け

Windows10でスタートアップに自動起動させたいアプリケーションを登録・削除する方法ーWindows7からバージョンアップされた方向け

うまくできたか不安な場合は、一度パソコンを再起動しましょう。 起動後すぐに作業が始められる 職場でも自宅でも、「パソコンを起動したら必ず使うアプリ」がありますよね。 アプリケーションの絶対パスは、ショートカットアイコンを右クリックして「プロパティ」を選択すると、リンク先の項目で確認できます。 スタートアップフォルダをダブルクリック• 「タスクマネージャー」内「スタートアップ」から「状態」を「無効」にする スタートアップアプリに自分で登録したアプリについては「スタートアップ」フォルダに表示されます。 「ファイル名を指定して実行」を選択• 変更の確認画面が表示されたら「はい」をクリックします。 さて改めまして今回の投稿は、「Windows 10」のスタートアップという機能に関する投稿になります。 【現在ログインしている以外のユーザーについて】 現在ログインしている以外のユーザーに関しては、以下のパスをコピペして 「ユーザー名」だけ現在ログインしている以外のユーザー名に変更してください。

もっと

【Windows10】スタートアップに追加する方法

ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。 オプションがある場合は、有効にして設定を保存することでPC起動時にアプリケーションが自動起動します。 ほかにも自動起動するアプリがないかを確認するには、 [設定]画面の[スタートアップ]を表示しましょう。

もっと

スタートアップ 設定【windows10やwindows7・windows8・削除やコマンド・表示する方法・xpで追加】

アプリがあるフォルダが表示され、そのアプリが選択された状態になります。 次のコマンドを一行ずつ入力してそれぞれEnterキーを押して実行します。 不要なアプリはスタートアップから外す、原因と思われるアプリがあれば再インストールなどを行ってアプリを修復する等の方法を試してみてください。

もっと

【Windows10】スタートアップに追加する方法

そこで「Windows 10」の高速スタートアップを無効にする手順に関する詳細を把握する場合は、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載しているために、以下の「Windows 10」の高速スタートアップを無効にする手順に関する過去記事を参照してください。 特別なフォルダーである「 スタートアップ」にアプリのショートカットを登録(移動)すれば、設定は完了です。

もっと

「Windows 10」のスタートアップの場所及びアプリを設定する手順について

しかしながら一方「Windows 10」の高速スタートアップという機能を有効に設定することにより、「Windows 10」を起動する際に不具合が発生する場合があります。 使用頻度が落ちて、スタートアップフォルダに入れてなくてもいいと判断したら、削除するといいですね。 やり方はWindows 8と同じです。

もっと

【Windows10】スタートアップに追加する方法

と同様の手順で、「スタートアップ」フォルダ内にショートカットがあることを確認してください。 スタートアッププログラムには、主に常に動き続けるようなプログラムを登録します。

もっと