源氏 物語 光る 君 誕生 品詞 分解。 『源氏物語』「光源氏の誕生」

源氏物語『桐壺』解説・品詞分解(1)

めざましき=シク活用の形容詞「めざまし」の連体形。 辞書も一語として見出し語に上げている辞書と上げていない辞書があります(小学館新選は上げていない)。

もっと

古文品詞分解現代語訳記事一覧

あやしくよそへ聞こえつべき心地なむする。 作者からの敬意。 現代語訳 【現代語訳のみ】 いつの帝の御時代であったでしょうか、女御や更衣がたくさんお仕えなさっていた中に、とても高貴な身分ではない方で、(桐壺帝により)格別に寵愛されなさった方(=桐壺の更衣)がいた。 ゆかり。

もっと

源氏物語

続きはこちら. 母の更衣は、元来、ふつうの宮仕えをなさるような軽い身分ではなかった。 ある時には、いっしょに寝過ごしなさって、そのままお側におおきになるなど、むやみに御前から離さずに御待遇あそばされるうちに、自然と身分の低い女房のようにも見えたが、この若宮がお生まれになって後は、更衣のことを格別にお考え定めあそばされるようになっていたので、「皇太子にも、ひょっとすると、この若宮がおなりになるかもしれない」と、第一皇子の母女御はお疑いになっていた。 抜出すべき敬語: 聞こゆれ 敬語の種類: 謙譲語 誰を敬っているか: 一の御子(第一皇子) 現代語訳: 大切にし申し上げているけれども もてかしづき=カ行四段動詞「もてかしづく」の連用形、「もて」は接頭語なので気にする必要はない。 リクエストがあれば、コメントやお問い合わせフォームから お知らせくださいね! 作品名の五十音順に並んでいます。 ありがとうございます。 更衣の死をお聞きになる帝の御心は動転し、どのような御分別をも失われて、引き籠もってしまわれた。

もっと

源氏物語『桐壺』(1)問題

中国でも、こういうことが発端で世の中が乱れ、まことに不都合だったのにと、しだいに世間でも苦々しく思われ、人々の心配に種となった。 かかる折にも、あるまじき恥もこそと心づかひして、御子をば留 (とど)め奉りて、忍びてぞ出でたまふ。

もっと

【源氏物語/光る君誕生①】心もとながらせたまひての品詞分解

「誰から」は、もういいね、同じ条件です。 朝夕 の宮仕えに関連しても、(桐壺の更衣は、他の)人の心をとりわけ動揺させ、恨みを負った結果でしょうか、とても病気がちになっ の宮仕えにつけても、人の心をのみ動かし、恨みを負ふ積もりにやありけむ、いと 篤 あつ しくな ていき、心細そうに実家に帰りがちになるのを、(帝は)ますます物足りずいとおしくお思いになって、人々の非難 りゆき、もの心細げに里がちなるを、いよいよ飽かずあはれなるものに思ほして、人の 謗 そし り を遠慮なさることができず、世間の語り草になるにきっと違いないご待遇である。 作者からの敬意。 文末に来ると「過去推量・過去の原因推量」だが、文中に来ると「過去の伝聞・婉曲」となることをもとに識別する。

もっと

源氏物語の「光る君」のあらすじを分かりやすく教えてください”(ノ><...

いつしかと心もとながらせ給ひて、急ぎ参らせてご覧ずるに、めづらかなる 児 ちご の御 容貌 かたち なり。 直前に四段の已然形があることから判断できる、直後に体言が来ていることから連体形だと考えて活用から判断してもよい。 母君は未亡人暮らしだったが、娘一人の養育のために、あれこれと手入れをきちんとして、見苦しくないようにしてお暮らしになっていたが、亡き娘を思う悲しみに暮れて臥せっていらっしゃったうちに、雑草も高くなり、野分によっていっそう荒れた感じで、月の光だけが八重葎にも遮られずに差し込んでいた。 朝夕の宮仕えに関連しても、(桐壺の更衣は、他の)人の心をとりわけ動揺させ、恨みを負った結果でしょうか、とても病気がちになっていき、心細そうに実家に帰りがちになるのを、(帝は)ますます物足りずいとおしくお思いになって、人々の非難を遠慮なさることができず、世間の語り草になるにきっと違いないご待遇である。 さりとも、うち捨ててはえ行きやらじ」とのたまはするを、女もいといみじと見奉りて、 「限りとて別るる道の悲しきにいかまほしきは命なりけり いとかく思ひたまへましかば」と、息も絶えつつ、聞こえまほしげなることはありげなれど、いと苦しげにたゆげなれば、「かくながら、ともかくもならむを御覧じはてむ」と思し召すに、「今日始むべき祈りども、さるべき人々うけたまはれる、今宵 (こよい)より」と、聞こえ、急がせば、わりなく思ほしながらまかでさせたまふ。 (注)闇の現・・・古今集の「ぬばたまの闇のうつつは定かなる夢にもいくらもまさらざりけり」(詠み人知らず)の歌をふまえ、帝の目の前に現れる幻は、はっきり見えない暗闇での現実(生身の更衣)より劣っているということ。

もっと

源氏物語の光源氏の誕生の、この文の、敬語表現、誰から誰への敬意を教えていただき...

作者からの敬意 (格別のご寵愛を受けているこの更衣を)心外で気にくわない者として軽蔑したり嫉妬したりなさる。 それは、 結びの語が流れているからです。 コメント いちおう言うことは聞いておかないとなー めんどくせぇなー 部活の先輩みたいなもんですね。 「誰へ」は、この皇子のことを格別に大事に「思い決めている人」だよ、誰だと思う? 5.たまふ=1を参照。 若宮の、いとおぼつかなく、露けき中に過ぐしたまふも、心苦しう思さるるを、とく参りたまへ』など、はかばかしうものたまはせやらず、むせかへらせたまひつつ、かつは、人も心弱く見奉るらむと、思しつつまぬにしもあらぬ御気色 (みけしき)の心苦しさに、承り果てぬやうにてなむ、まかではべりぬる」とて、御文奉る。 助動詞・断定・終止形 上達部・ 名詞 上人 名詞 など 副助詞 も 係助詞 あいなく 形容詞・ク・連用形 目 名詞 を 格助詞 そばめ 動詞・下二・連用形 つつ、 接続助詞 いと 副詞 まばゆき 形容詞・ク・連体形 人 名詞 の 格助詞 御おぼえ 名詞 なり。 現代語訳 どの帝の御代であったろうか、女御や更衣が何人もお仕えした中に、 たいして高貴な身分ではない方で、 格別のご寵愛をこうむっていらっしゃる方があった。

もっと

『源氏物語』「光源氏の誕生」

朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし恨みを負ふ積もりにやありけむ、いとあつしくなりゆき、もの心細げに里がちなるを、いよいよ飽かずあはれなるものに思ほして、人のそしりをもえはばからせたまはず、世のためしにもなりぬべき御もてなしなり。 謙譲語。 作者からの敬意ちなみに、直後に「人」が省略されているため連体形となっている。 いつ はやく(会いたい)と待ち遠しくお思いになって、(桐壺の更衣たちを)急いで参内させてご覧になると、めったにない(ほど美しい)子どものご容貌である。

もっと

源氏物語『桐壺』(1)問題の解答

「給は」と合わせて二重敬語となっており、動作の主体である帝を敬っている。 (宮仕えし始めた)はじめから、自分こそは(帝に寵愛されよう)と志を高く持ちなさっていた方々は、(桐壺の更衣を)気に食わな ぬが、すぐれて時めき給ふありけり。 しかしづき給ふことかぎりなし。 藤壺宮も源氏の君とお並びになって、帝の御寵愛がそれぞれに厚いので、「輝く日の宮」とお呼び申し上げる。

もっと