建築 学 概論 キャスト。 泣ける恋愛映画!『建築学概論』あらすじとレビュー

建築学概論

本作の監督イ・ヨンジュさんは、10年間建築士として働いた後、ポン・ジュノ監督の元で映画を学んだそうで、その後本作の脚本を書き上げたそうです。 ある日、建築学概論の授業で音楽家の学生ソヨンに出会います。 あれがファーストキスだったんだから」。 これは誰にも汚されることなく、自分の心の一番奥底にそっとしてあるものだ。 ソヨンに恋心を抱くスンミンですが、奥手な彼は思いを告げられず・・・ リンク 感想・・・ノスタルジックな感動と、丁寧な物語! 『建築学概論』は、スンミンがソヨンのために家を建てる現代パートと、スンミンがソヨンと大学の講義で知り合い仲よくなってゆく過去パートが、交互に語られてゆきます。 しかし、誰にでもこんな初恋のエピソードがあるもので、たった一言が言えなかったり、何の確認も出来ずモヤモヤしたりなんてことはあるんじゃないですか? そういう淡い思い出と現在の姿を重ね合わせて見る作品なんです。

もっと

韓国映画 建築学概論(感想)

(実際の撮影は,ソウル特別市東大門区フェギ(回基)洞にあるキョンヒ(慶煕)大学 で行われたようです。 スンミンが建築士になったら、無料で私の家を建ててね!」と答える。 『善徳女王』のオム・テウンと『太陽を抱く月』のハン・ガインが現在を、『高地戦』のイ・ジェフンとアイドルグループ「Miss A」のスジが過去を演じます。 本作について監督が、「未完の過去を復元する話」と言っていることは、先に記した。 ・スンミンとソヨンが,一緒にバスに乗って行くケポドン(開浦洞)は,江南区にある町 です。 若干のネタバレを含むので、映画を見るまで内容を知りたくない人は読み飛ばしてください。

もっと

建築学概論のレビュー・感想・評価

そしてとうとうスンミンは告白することを決意し、初雪の日に会う約束を取り付ける。 建築学概論のあらすじ どうすれば…愛することができるだろうか?建築学概論の授業で彼女と初めて会った。

もっと

「建築学概論」ユ・ヨンソク“miss A スジとのキスシーンあったけど…”

居間の窓を開けると、済州島の海がパノラマのように美しく広がります。 スンミンの実家とソヨンの下宿先が、偶然近所だったことから、2人は仲良くなる。

もっと

建築学概論

いろいろと途中で迷うことも出てくるが、結局は決められた図面通りにしか建物は出来上がらない。 エンディングも余韻を残す感じでよかった、決してハッピーエンド!!にはならなかったけれど、それがまたリアリティがあったし、それが大人なのかなと感じられて良い終わり方だと思いました。 まぁ実際チョ・ジョンソクさんは30過ぎで20歳の役をやってたんですけどね。 (良かったという語彙力しかない……) そして大人になった2人、さんとハン・ガインさん。 お互い両思いなのに、お互い気持ちが通じ合っているのに どうして恋になると人ってこんなにも臆病になっちゃうんだろう。

もっと

韓国映画『建築学概論』感想

悩みすぎてソヨンに告白できないのだ。

もっと

韓国映画『建築学概論』感想

最初は誰かわからなかったスンミンだったがすぐにソヨンと分かり学生時代に思いを馳せる。 大学生だった頃、スンミン(イ・ジェフン)とソヨン(スジ)は、学部は違っていたものの、教養科目として「建築学概論」の授業をを共に受講していた。 この二人は実際には10歳も離れているんですが、それを感じさせないイ・ジェフンさんと、初恋のヒロインとしてピッタリなスジさんの清純さは抜群です! そして現在の二人にはオム・テウンさんとハン・ガインさんという人気俳優が大人の雰囲気を醸し出し、15年という歳月の重さを表しています。 しかしそれは、果されることがなかった。 そして、よみがえる記憶と新たに生まれる温かな感情。 本作は家族のドラマでもあるので、これまでの自分の母親に対する態度などを思い浮かべると涙が止まらなくなるかもしれませんよ。 恋愛映画『建築学概論』の概要 『建築学概論』のキャスト 『建築学概論』は、2012年公開の韓国映画。

もっと

建築学概論(映画)キャスト&感想!チョジョンソクの粋なアドリブとは?

あんな屋根の家で寝転べたら最高です! 不法侵入した廃屋の雰囲気も好きでした。 すべて美化される」。 ソヨンは母を早く失くし、スンミンは父を早く失くして片親同士。 15年ぶりに建築家スンミンの前に現れたのは大学の初恋の相手だったソヨン。

もっと