アカギ ss。 アカギ「センター試験・・・?」 : 福本漫画 SS

[B! 二次創作] アカギ「いいだろう…渡ってみせよう、その鉄骨」

才気・精神性・運量、その全てが常軌を逸しており「悪魔」と比喩され、相手を呑み込むその打ち筋は「闇」、「ブラックホール」と銘打たれる。 対戦相手を思考に没頭させる。 散れ、ダアホ」 カイジ「う、うぐぐ…!」 カイジ(くそ…! 何でそんなうまい話、俺に持ってこないんだ…!) カイジ(一千万借りただろ…! 俺も、お前と同じで一千万…! 声をかけるなら俺だろ…! ちくしょう…!) アカギ「話はわかった。 ハピのSじゃトノは抜けないし、アンコの牽制球を無視するほどバカではないだろう……)」 南郷「だが…肝心のトノは……!」 アカギのニョロトノ、眠り状態……!! 鷲巣「(奇跡は二度も起きん……!仮に例え目覚めたとしても、メタモンに交代して催眠術を与えてやる!……そして、『ちいさくなる』&『どくどく』で、チェックメイト!!)」 鷲巣はこれ見よがしに笑みを引きつらせた。 1ターン 10cc 10万円 2ターン 20cc 20万円 3ターン 40cc 40万円 4ターン 80cc 80万円 5ターン 160cc 160万円? 2012年 久「須賀君、奈良まで遠征に行って来て頂戴」 京太郎「ええっ!?」. 就活だってしていたし」 赤木「……俺が言っているのは命のことだ。 もたもたしてたら金利がどんどん増えてまうからな」 船井「あっちの台でやろうや。

もっと

完結済み非安価スレ

だろ……アカギ……?」 37ターン目……。 人生の実は、ただ生きることの中に、ってね。 私が死んでも、土くれになって、微生物になって、魚か、鳥か……命ずっと続いていく 咏 でも、そんな無限のサイクルの中でも、ジャスト生涯。 もちろん、台の上につけたカメラに映らないようにな」 カイジ「く、黒服は……? 黒服は何をしてたんだ!?」 アカギ「買収した」 カイジ「はあああ!?」 アカギ「金を渡すところはカメラには映ってないはずだがな」 カイジ「そ、そんな、そんなこと……」 アカギ「黒服の奴らだって人間さ。 この三尋木咏をねぃ」 えり「ふふっ。 九萬は俺が暗刻で持っている。

もっと

のくす牧場 : アカギ

会って、話がしたいですね…」 咏「いるよ」 えり「え?」 咏「まぁ、おじさんの全てってわけじゃないけど、散っていったその欠片の一つは、私の中にいる。 ……ラムで異常状態技を受けて、アンコールで相手を縛る算段じゃろう)」 鷲巣「………ずいぶんと仕掛けが鈍いぞ、小僧?……鈴木!!」 鈴木「はっ……次で4ターン、【80cc 万円 】です」 鷲巣「まだまだ先は長い。 アカギ「……ククク」 アカギ「ラス1、メタモン」 鷲巣「……!?」 アカギ「……違うか?」 鷲巣「な、何を根拠に……?」 アカギ「お前は普段から、俺の切り口をトリッキー戦法だのこじつけて、テンプレから逸脱した受けパで勝負に来た」 アカギ「……フルアタ型のメガクチートやマリルリに対し、メガジュペッタで鬼火牽制の後にみちづれ。

もっと

[B! 二次創作] アカギ「いいだろう…渡ってみせよう、その鉄骨」

挙げれば、枚挙に暇が無い……! 安岡「(奴の技選出は、タマゴ産みと毒毒のみ。 まさに……忍びの極意……!! 南郷「ぶ、物理ゲッコウガ……!?」 安岡「(……アカギの水PT構成は、トノ、ゲッコ、アバゴ、バスラオ、パル、ギャラ。 鷲巣「(考えろ……!考えろ……!)」 鷲巣、交錯入り乱れる脳内を回転させ、最後の王将、ハピナスに技を指示する。 嘘やブラフはついてないってこと」 カイジ「そんな馬鹿な…そんなことして一体何の得が…」 北見「それがあの男の悪魔的なところ…そら、始まるぜ」 カイジ「…!」 アカギ「もう一度俺の手札を確認するか? グーが2、パーが2、残りはチョキだ」 カイジの目の前で、アカギは安藤にカードを見せていく。 どれも上手くいかなかった。 このSSは咲-Saki-の世界とアカギ(-天-天保通りの快男児)がクロスオーバーしていたらというifストーリーです。

もっと

【咲・クロスSS】三尋木咏「赤木しげる、って知ってる?」針生えり「え?」

だが悪いな。 48 ID:dZ3yxEfy0 アカギ「別に黒服の連中から情報を聞いちゃいけないとは言われていないからな」 アカギ「これくらいでいいだろ。 鷲巣、ゲッコウガを前に繰り出したのは……メガジュペッタ……!! 鷲巣「愚直なのは貴様のことよ、この場にきてゲッコウガとはな…!!」 安岡「まずいぞ、みちづれを貼られる!」 南郷「あぁ~~なにやってんだよアカギィ~~!?」 ゲッコウガ、優秀な技スペックを持ち合わせ、相手の弱点を的確に撃つだけの技を持ち合わせる。 じゃあな」 カイジ「あ、ちょっ…アンタ、名前は!?」 アカギ「…赤木。 42 ID:dZ3yxEfy0 カイジ「い、意味がわからないんだけど」 アカギ「それなりに楽しませてもらったお礼さ。 完全な運だとか『カンセー』とかだけで入ってきやがった」 プロA「消えてほしいよな」 プロB「だな」 咏 う…うぅ……。 そんな感じかねぃ」 えり「欲しく、ないんですか?周りから認められたり、好かれたりとか…その……」 咏「……そういうものは、飾り、だねぃ。

もっと

[B! 二次創作] アカギ「いいだろう…渡ってみせよう、その鉄骨」

なあ、アカギさん…!!」 カイジ(馬鹿な…そんな条件…!!)モゴモゴ 北見(大丈夫…今まで俺は決してアカギの視界には入らなかった…! 俺がアカギのカードを把握していることをコイツは知らない…!!) アカギ「……」 カイジ(気付け、アカギ!!)モゴモゴ 北見(気付くな、アカギ!!) アカギ「…いいよ。 ハピナスの名刺代わり、タマゴ産み。 誰もがそう思っていた……!! (メタモン)ニョロトノの催眠術!! 鷲巣、立続けの催眠技を発動!! 交換だしのゲッコウガ、これを避けれず!! ゲッコウガ、行動不能に陥った……!! 安岡「な!?……れ、連続催眠術……だと?」 南郷「重複催眠……!!?」 藪から棒を突き出したかの様な姑息な戦術。

もっと