ネイビー シールズ ナチス の 金塊 を 奪還 せよ。 ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!のレビュー・感想・評価

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!は冒険劇として見た方がいい|レビュー、ネタバレ│ミリレポ|ミリタリー関係の総合メディア

これらの アクションが展開される状況によって、趣向を変えて飽きさせない作りになっています。 強引かつ大胆な戦略で敵の将軍を拉致、敵に囲まれたら戦車で大暴走とやりたい放題のマット率いる5人のネイビーシールズ。 2010年の映画『アニマル・キングダム』がサンダンス映画祭など世界中の映画祭で高く評価されます。 ある日、 マット隊はレヴィン少将の命令で、 セルビア側のミリッチ将軍を 拉致する事になりました。

もっと

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!の動画を無料で見る方法

総合評価 3. スタントンとララは、 NATO軍がこの国を去った後に 病院や道路を作る計画を喋ります。 ナチス軍が盗んだ物なので、 元の持ち主のフランスに半分返還されます。 ダムを爆破して泣く泣く街を水没させた辛い過去が明らかになるわけですが、ここも地味にツッコみポイント。 映画『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』のあらすじ C 2016 EUROPACORP — STUDIO BABELSBERG Credit : Reiner Bajo 1995年、紛争末期のサラエボ。 まとめ 制作、原案、脚本だけあって、今回も純然たるエンタメ路線です。

もっと

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!の動画を無料で見る方法

兄の目的が、ララが隠している金塊であると聞かされたベイカー。 スタントンはララに アメリカに帰国する時は、 付いてきて欲しいと頼みます。 この金塊があれば、戦争に苦しむ避難民を救うことができると、メンバーの1人が恋に落ちたウェイトレスから懇願された5人は、金塊を奪取するため作戦を計画。 激しい銃撃戦となり、 5人はセルビア軍の戦車を奪って、 正面から堂々と逃走します。 最後は良い話風に終わってました。 マット隊は手を避けながら、金塊を水面まで浮上させる事に成功させますが、待っていたのは対弾を構えているでした。 レヴィン少将はマット隊への怒りを通り越して呆れた様子を見せますが、彼らの避難民を救いたいという気持ちを理解し、金塊の半分はフランスへ返還し、半分を現金化してマット隊とララで六等分させます。

もっと

『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』感想(ネタバレ)…作戦はド派手だけど : シネマンドレイク:映画感想&レビュー

時は移り1995年。 とりあえずネイビーシールズがなんかしている姿だけでも見れれば幸せというのなら、この映画はオススメです。 でも、どう考えても今回の行動は国際問題になるし、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の悲惨な歴史を知っちゃうと、そんなことしている場合かと言わざるを得ないしで…。

もっと

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!のレビュー・感想・評価

ベン・モラン - ()• 「PRESS」と堂々と付けてはいるものの、明らかに屈強な肉体から報道関係者ではないことがバレバレな男たち。 ・ ベイカー:チーム1の色男 ・ モラン:数学の天才 ・ ダッフイー:腕利きの調達屋 ・ ジャクソン・ポーター(通称JP):重火器のエキスパート マット隊の極秘任務の内容は、敵の将軍を誘拐する事でしたが、マットたちは敵の基地を爆破し、将軍を誘拐後に戦車を強奪します。 このシールズの動きに、セルビア軍将校のペトロビッチも気づき、拉致された将軍の奪還と、金塊を横取りしようと部隊を出動させる。 川から逃げようとしますが、 セルビア軍が待っていました。 敵陣真っただ中にある湖の水深45mの湖底から、重さ27トンの金塊をどう運び出すのか?彼らのとんでもない奇策とは!?史上最強のアウトサイダーたちが挑む、前代未聞の奪還作戦、遂に始動!! 敵の将軍を拉致して戦車で街を大暴走! NATOの悩みの種・ペトロビッチを 始末できた事もあって、 マットたちは許される事になりました。 樹脂製のハンドガードにキャリングハンドルとフラッシュライト付き。 2人がゆっくりしていると、 ララの兄がガラの悪い男達を連れて ララの家を訪ねて来ました。

もっと

「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ 」あらすじ、ネタバレ結末 │ たなしょーの呟き

その他の出演映画に『パーフェクト・プラン』(2013)『ドラキュラZERO』(2014)があります。 減圧対策に、水没した村の教会にある鐘に空気を送り込み、休憩地点にして一気に作業を進める。 ララ・シミッチ - ()• ここで回想シーン。 戦闘ものが観たくなるのは、オトコの本能なのかもしれない。 あの、わかってると思いますけど、ネイビーシールズ、実際はこんなバカじゃないですからね。

もっと