大人 の 休日 倶楽部 パス 2020 年度 日程。 割引きっぷ・限定きっぷ・旅行商品|大人の休日倶楽部:JR東日本

50歳以上の必携クレカ!大人の休日倶楽部パス2020

ケチ子は、以前から行きたかった平泉の中尊寺と長野の善光寺はすぐ決まったんだけど、あと2日をどうするかすごく悩んで、ワイナリーがいっぱいある勝沼ぶどう郷と日本酒をテーマに走らせている観光列車に乗ることにした。

もっと

2020年度版『大人の休日倶楽部パス』まとめ

対象区間はJR東日本、JR北海道の乗り放題パスを合わせたものであり、区間内であれば別途費用がかかることもありません 乗り放題パスの利用期間と発売期間は以下になります。 基本的に連休などを含まない閑散期ですので、4日間・5日間をフルに活用しようとすると平日が含まれます。 を参考にしてください。 あらかじめ座席の指定を受ければ、普通車指定席が6回まで利用できます。

もっと

2019年「大人の休日倶楽部パス」と「おとなびWEBパス」の期間と価格

片道・往復・連続で201キロ以上ご利用の場合• この記事では、「大人の休日倶楽部パス」の利用期間とお得な使い方、注意点を説明します。 」にてスポーツをテーマにした人気アニメ『弱虫ペダル』シリーズ、『エリアの騎士』など合計23作品の一挙無料配信が決定! プラン別の料金は以下の通りです。 旅行を計画する際は、そのプランにあった日にち決めが必要になってきます。

もっと

日本100名城・大人の休日倶楽部パス

スポンサーリンク. ミドルカードは、初年度会費が無料です。 「大人の休日倶楽部」会員に限らず、どの会員でも特典が受けられるのは、本人のみとなるので、やはり割引で買ったきっぷは本人しか使うことができません。

もっと

JR北海道とJR東日本、2018年度「大人の休日倶楽部パス」を発表。秋にお得なきっぷも設定 東日本管内が新幹線も含めて4日間乗り放題で1万5000円など

だから、 1日乗れば元はとれる。 会員証を貸す• 新幹線を含む特急列車などの普通車自由席に乗車できるほか、座席指定をすれば普通車指定席が6回まで利用できるなどお得なきっぷとなっている。 「大人の休日倶楽部パス」とは? JR東日本が運営する「大人の休日倶楽部」という会員サービスがあります。 期間&枚数限定で販売されるこちらの乗り放題パスは、なんと4日間乗り放題で 15,270円からと驚きの安さ。 でもケチ子は、どうせなら目一杯楽しみたいから、4日間日帰りにしたよ。 小田急、ロマンスカー作って応募CP コロナ収束後の観光促す 旅行新聞新社• 2018年度は3回発売され、利用期間は6月下旬~7月上旬、11月下旬~12月上旬、1月中旬~下旬でした。 北海道新幹線(新青森~新函館北斗間)、北陸新幹線 上越妙高~金沢間は使用不可。

もっと

おときゅうパス 2020

e5489で座席の指定を受ければ、普通車指定席が8回まで利用できます。

もっと

割引きっぷ・限定きっぷ・旅行商品|大人の休日倶楽部:JR東日本

すると、画面が移りますので 「大人の休日倶楽部会員限定きっぷ」を押します。 札幌~釧路~網走~旭川~札幌のような道東方面への周遊の旅などに向いています。 他人が利用してばれる理由 「大人の休日倶楽部」の割引サービスで購入したきっぷを、自分以外の人に譲った場合でも利用できるのでしょうか? 答えは「ノー」です。

もっと

【大人の休日倶楽部パス】JR東日本・北海道全線の新幹線・特急列車に乗り放題の文句なしにお得なフリーきっぷ!(2020年度版)

ただ正直言って、東北にはあんまり食指が動いたことがない。 利用期間は限られますが、JR東日本・JR北海道エリアで利用できる破格のフリーきっぷですので、大人の休日倶楽部会員の方は、ぜひ活用して汽車旅を楽しんでみてください! 関連記事 ジパング倶楽部をはじめとするJR各社のミドル・シニア向け会員サービスのまとめページです。 会員の種類に応じて割引率は次のようになっています。 JR全社が扱う「フルムーン夫婦グリーンパス」や「青春18きっぷ」も変更はありません。

もっと

JR北海道とJR東日本、2018年度「大人の休日倶楽部パス」を発表。秋にお得なきっぷも設定 東日本管内が新幹線も含めて4日間乗り放題で1万5000円など

後の3日間はタダ乗りと同じ。 乗車券が片道・往復・連続で201キロ以上ご利用の場合• 50歳以上のシニア世代の方が、東日本や北海道を鉄道で周遊するのに便利なきっぷです。 「大人の休日倶楽部パス」を利用できる期間は閑散期になりますので、自由席利用でも、始発駅から乗車する場合には、少し早めに駅のホームに来て並んでいれば、座席を確保できることが多いです。 年金で赤字になる人が、年間30万円も旅行とかに使う?使わないよ。

もっと