ポジティブ 類語。 「positive」に関連した英語シソーラスの一覧

😃 熱意( zest) 私たちが活動したり、何かを創り出したりする時の源となる力です。

17

🤛 明るいこと・いいことを見るので、自分の短所に気が付かないこともあります。 要因 その属性を持つ原因として考えられる、キャラクターの性質、過去における経験、育った環境、受けた影響、精神状態。

4

🤟 今回は、 ポジティブの意味や効果・ポジティブになれる魔法の言葉を紹介していきますね。 自分を褒めるといっても、大それたことじゃなくていいんです。 ポジティブなビジネス、ポジティブなリーダーシップは世界にポジティブな変化をもたらす!といった、一見すると楽観主義かと思われるようなことですが、数多くの研究によって実証されています。

14

⚡ には、「~なので」と同義のものと「~の目的で」と同義のものなど複数種あるため、英語では異なる表現を使い分ける必要があります。 ネガティブな言葉の力は強く、遭遇した瞬間は頭の中がマイナス思考で埋め尽くされがちです。

2

😎 性格も表情も明るいポジティブな人は、仕事面において同僚や上司だけでなく、クライアントからも好印象で好かれやすく、後輩からも 頼りにされやすいでしょう。 ・ 元気を出しなさい。

☎ 【心理的エネルギー】 難しい問題に長時間取り組むと、頭が疲れて集中できなくなります。 言葉の意味 ポジティブという言葉は、 肯定的・積極的・楽観的であることを指しています。 子どもたちのためにそのおもちゃを買おうと … ポジティブな英語の単語まとめ! 前言ったよね• 「たしかに今は全然ダメかもしれない。

7

🤟 ポジティブシンキングの意味や効果は?メリット・デメリットは? みなさん、ポジティブシンキングの意味を勘違いしていませんか? 仕事や日常の生活で、失敗してしまうことは誰にでもあると思います。

🤑 たとえば仕事を理由に恋人とのデートをドタキャンせざるを得ないとき、クライアントや上司に対して「楽しみな予定があったのに!」と少しイラっとしますよね。 「要因」と「原因」との違い 「原因」とはものごとを引き起こす元となること 「原因」とは、ある状態や変化などを引き起こす元となることや事柄のことです。

6

🤟 しかし自分自身のこともそうかもしれませんが、人のマイナスな部分というのはどうしても目立ってしまうもの。 あなたの職場には一緒にいるとワクワクするようなリーダーや仲間がいますか? 組織や職場では エネルギーを人や場に与える人と逆に 奪ってしまう人がいるようです。