情報 活用 能力 の 育成。 教科指導の中で情報活用能力をどのように育むか|学校とICT|Sky株式会社 ICTを活用した学習活動をサポート

小学校段階でICT技能をどのように育成するか|学校とICT|Sky株式会社 ICTを活用した学習活動をサポート

先生の指示を待たずとも、自ら学習の見通しを持って、行動できるようになるのです。

もっと

教科指導の中で情報活用能力をどのように育むか|学校とICT|Sky株式会社 ICTを活用した学習活動をサポート

今回使った[シンプルプレゼン]は、学習内容と関係のないスライドを装飾するような機能がすべてそぎ落とされています。 例えば、自分達の地域の課題を解決するために、地域にどのような課題があるのか、町の人たちにインタビューやアンケートをして、模造紙やポスター等に整理し、市役所の人たちに発表することができることも、情報活用能力の一部だと言えるでしょう。 () 例えば【図3】のようなスライド。 わかりやすく伝えるためにはどんな情報が必要かを考えながら、与えられた資料だけでなく、自分で情報を集めるのです。 「情報活用能力」の定義や理解があやふやなまま進めるのではなく、「この学年では、こういう力をつけたい」「だから、こういう活動をさせたい」と、具体的に落とし込む。

もっと

「教育の情報化に関する手引」について:文部科学省

しかし、キータイピングは運動技能であることから、何度も練習してようやく身につくものである。 茨城県つくば市などは21世紀型の学力を定義し、その中の1つに情報活用能力を位置づけ、育成プランを策定しています。

もっと

教科指導の中で情報活用能力をどのように育むか|学校とICT|Sky株式会社 ICTを活用した学習活動をサポート

しかも、将来的には学習に支障のないくらいのスピードで打つことができなければならないとすれば、毎日繰り返し練習をする必要がある。 たとえば今話題のアクティブラーニングでも、「情報活用の実践力」は必須です。 今日の情報社会では、次々と新たな機器やアプリやサービスが生まれ、それに伴って、未知の危険やトラブルも発生します。 インターネットで情報を検索したものの、最初に見つけた信頼性の低いサイトの怪しい情報を鵜呑みにしてしまう。 学びを充実させる道具として、一人1台のタブレットを子供が使う これまでのICT活用をまとめると、「先生」が「わかりやすく教える」ために、ICTを使ってきたと言えます。

もっと