送っ て ください 敬語。 「送ってください」の敬語・使い方・例文|関連するビジネス用語

メールで「送ってください」と正しい敬語できちんと伝える【メール文例付き】

3つのポイントをご紹介します。 ・・・てください 問題点を話してください。 どうか 例文「 どうかお送りくださいますようお願い申し上げます」 例文「 どうかお送りくださいますようお願い致します」 例文「 どうかお送りいただければ幸いです」 例文「 どうかお送りいただければと存じます。 尊敬語の例には、「くださる」や「ご覧になる」という言葉が挙げられます。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 ただしクッション言葉を複数用いて多用すると、わざとらしく聞こえたり、回りくどい印象に取られてしまうこともありますので、適切な頻度で使用することで発揮される言葉であることを覚えておきましょう。

もっと

「送ってください」の敬語とは?例文8選!メール/ご郵送/送付/丁寧語

何卒=どうか 例文「 何卒お送りくださいますようお願い申し上げます」 例文「 何卒お送りくださいますようお願い致します」 例文「 何卒お送りいただければ幸いです」 例文「 何卒お送りいただければと存じます。 ご多忙とは存じますが=忙しいとは思うけど 「ご多忙とは存じますがお送り〜」 結局どれがもっとも丁寧? あまりにも言い換え敬語フレーズがおおいので、どれを使うべきか迷ってしまうというあなたのために。 メールを送るの敬語の使い方には様々な種類があり、一歩間違えれば相手に対して失礼な表現になる可能性もあります。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 話をする相手や実際に動作をする動作主に合わせて適切に使い分けることが必要です。 お忙しいところ恐縮ですが、貴重なご意見をお待ちしております。 目上の方にお願いしたい時は以下のように敬語表現をして使います。

もっと

「ご送付」の意味と使い方、お願い・お礼の伝え方、敬語・謙譲語は?

これだけだとお分かりになりにくいかもしれませんので、一度、敬語を使わない文章にしてみましょう。

もっと

「送ってください」よりも丁寧な言い換え敬語・メール例文

しかしいざ「送ってください」と相手の方にお願いする場合、そのまま「送ってください」と伝えてもいいのでしょうか。 自分の要望を伝える場合は、次のように言う方法があります。 もっとも大きな理由として挙げられるのが、「ください」というニュアンスが用いられているため。 ・醤油をこっちによこしてください• 上の四つは漢字の成り立ちをいったもの。

もっと

「データを送ってくださいませんか」 「データを送っていただけません

」 「明日荷物をお送りいたしますのでもう少々お待ちください。 例文や敬語表現のほか、手紙やメールでの返事の書き方についても書かれています。

もっと