世論 読み方。 せろん?よろん?

「世論」の正しい読み方と使い方は?

ただ、日本語は変わっていくもの。 それはしばしば「よろん調査」と呼ばれる。 当用漢字の実施とともに、制限漢字によって表記されていた語を、当用漢字の範囲内で表記できる語で代用するやりかた、たとえば「輿論」を「世論」で代用するような方法が行なわれるようになった。 85-94, :• 16件のビュー• 「重複」も同じだ。 日本で使われる漢字の大半は複数の読み方を持っている。

もっと

「世論」の正しい読み方と使い方は?

メディアが国民や住民を対象にして、内閣や政策などの支持・不支持について調べることがある。 「よろん」と「せろん」で、意味が違う。 しかし最近ではまた元の『じゅうよう』という読み方をする傾向にあります」(同前) 「重用」と同じように、伝統的な「本来の読み方」を重視するようになったのが「世論」だ。 峰久和哲 朝日新聞編集委員• 「きのう」とも「さくじつ」とも読むが、意味は同じである。 訓読みの場合には、「行く」の「ゆ」と「行う」の「おこな」がある。 17世紀の半ば、からの時期にかけてなどで社交場としてのが何軒も開店した。 結論から言ってしまうと、 世論の本来の読み方は「よろん」でしたが、 いま現在では「せろん」と「よろん」のどちらでも問題はありません。

もっと

世論(せろん)と読む。 (よろん)は誤り。NHKが犯人?

耳で聞いただけでは、どの語を指すのかわからないこともしばしばである。

もっと

重複、世論・・・

特に,本来の意味,変化した意味,それぞれで理解している人の割合が 拮 きっ 抗している場合,どちらの意味で用いたとしても,相手に正しく伝わらない可能性が非常に高く,言葉としての用をなさないといってもいいでしょう。 「『出生』は出生届(しゅっしょうとどけ)という用語として『しゅっしょう』の読み方が残っていますが、『彼の出生の秘密は〜』という文脈なら、『しゅっせい』と読むほうが今は優勢です。

もっと

重用、他人事、世論… 最新の正しい読み方わかりますか?

よくご覧ください。 「世論」は、本来は「セロン」または「セイロン」と読みました。 総務省 統計局• そこで、頭の中や声に出して何度も反復しようと思ったのですが、どう読めばいいのか分かりませんでした。

もっと