コルト スナイパー ss インプレ。 コルトスナイパー SS S100Mのインプレ・レビュー・口コミ一覧

【実釣インプレ】「シマノ コルトスナイパーS1000H」はショアジギング入門に最適か?

メタルジグ(ジグパラ・30g) 普通に飛ぶけど、40gと比べると、キャスト時のロッドのしなりは少なめ。 と思いました。 。

もっと

コルトスナイパー、コルトスナイパーSS、コルトスナイパーBBの違い...

ブリは想像以上に引きが強く、恐怖心さえ芽生えるレベル! そこで購入したのが、シマノのショアジギングロッド、 「コルトスナイパーS1000MH-3」 釣り場に行けばコルトスナイパーは誰かしら使っているアングラーがいるほど人気商品です。 BBに比べて軽く、張りがあり、ブレも少ないことで、飛距離、操作性、ファイトパワー、疲労感といった多くの面でメリットが生まれます。 実売2万円前後のショアジギロッドをお探しの方は検討MUSTなシリーズですね!• スクリューロックジョイント 継部の固定力を高めつつ、外しやすさも両立した特殊加工の継仕様。 2 MAX80 MAX100 MAX4 22,200 コルトスナイパーBB S906Mの使用感(インプレ) パワー 30~40gのメタルジグを使うライトショアジングで使用するため、パワーはM(ミディアム)を購入しました。 簡単にいうと、コルトスナイパーBBの強化して使いやすくしたというような感じです。 キレイごとですからw その代わり、言ったうえでこういうのが広がるようにご協力よろしくお願いします いつか、このブログで書いてある釣り場のどこもが、逆にキレイになるように、好きなオススメの釣り場をむしろ書いていきたいと思っています. ショアジギングロッドの購入時に注意するポイントは? 先ず最初にショアジギングロッドを購入する時に注意するポイントですが、 ロッドの硬さはMH ミディアムヘビー 以上を購入することをおすすめします。 ということで、例の如くシマノに直接質問してみましたよ!深堀りしながら教えてくれるところまでは頑張って聞き出してみました。

もっと

【シマノ コルトスナイパーXR インプレ】遠投性と操作性が高いショアジギングロッド|釣Re

ツインパワーSW6000HGの詳しいインプレ記事はこちら! また、剛性感はSWシリーズより落ちますが、 ツインパワーXDもおすすめです。 結果をまとめると以下の通り。 ロゴがカッコいいです。 シックリきて抜群に 合っているのはジグが80~85g、プラグが60g~70gくらいです。 自分はシーバス用に別のロッドを持っており、ライトショアジギングでは少しでもパワーがあるMHを良いだろうと思い選択しました。 ソフトルアー• 思ってたよりもしっかり飛ぶ。 5号という組み合わせをそのまま流用。

もっと

コルトスナイパーSSとかいうロッドが出るらしい

これならブリやサワラなどの大型の青物にも十分対応できると実感。 性能ばかり高くてもコストがかかりすぎてはいけません。 他の2種と比較してバットがファストテーパーで思いっきり竿を立てて魚とやりとりしてやっとバットから曲がるイメージです。 ただし、EVA素材がむき出しになっているので、地面に擦れてしまうとすぐに削れてしまいます。 重量:20g、30g、40g• 対して、16コルトスナイパーBBの重さは、 232g。 むしろ魚を掛けるとよく曲がってくれます。 パワーやトルクという意味では、ややオリジナルがSSを上回りますが、SSも必要十分なものを備えていますし、好みの世界なのかな?という気がします。

もっと

シマノコルトスナイパーイワシロケットをインプレ。抜群の飛距離と軽快な使用感が特徴!【欠点もあり】

PE3号を300メートル巻けるので、ドラグを多少出されてもラインキャパが残っているので安心。 さすがの衝動買いのテルヤスでも全メーカーのショアジギングロッドまでは手を出せないな。 その上で、操作性向上と疲労軽減の意味で軽量化も出来れば…という考え方であり、軽さは何が何でも最重要視されるわけではありません。 全モデル共通ですが、持ち重りのしないバランスのとれた設計となっております。 80gと85gのジグを遠投して操作するには抜群の操作性だと思います。

もっと

コルトスナイパーS1000MH

通常のロッドと比べパワーがあるので、 小型青物などの バラしが多くなる。 ブレードジグ• S100MHは10フィートの長さがあり、80gまでのメタルジグを投げることが出来るので、堤防やテトラ帯など場所を選ばずに釣りをすることが出来ます。

もっと