ナリ 活用。 古典文法 形容動詞の活用(ナリ活用とタリ活用)

古典のク活用形容詞やナリ活用形容詞はなぜ2つずつあるのですか...

シク活用も以上の説明に準じます。 「静かに」は動詞ではないので、直接くっつけない。 ワ行下二段活用の動詞は、植(う)う、飢(う)う、据(す)う の3語のみである。 の理由からも、説明は難しい。 ・・・その「連用形としての格助詞」である「に」及び「と」にラ変動詞「あり」をくっつけた複合形として、後に生まれたのが、以下の活用形たちである: { 未然=なら (に+あら)&たら (と+あら) 連用=なり (に+あり)&たり (と+あり) 終止=なり (に+あり)&たり (と+あり) 連体=なる (に+ある)&たる (と+ある) 已然=なれ (に+あれ)&たれ (と+あれ) 命令=なれ (に+あれ)&たれ (と+あれ) } ・・・つまるところ、 「連用形」(としての「格助詞」)「に」/「と」と、それ以外の活用形の相違は、直後の補助動詞「あり」の有無が生むもの、というわけである。

もっと

古語活用表

また、元来「」の形容動詞だった経緯を考慮すると、本来は「大きだ」という形容動詞であると仮定し、その活用形のほとんどが退化し、「大きな」のみが現代語として残り使用されているとする説明も、矛盾が少なく、弱説ながら捨てがたい。

もっと

ナリ活用・ タリ活用:古文文法の形容動詞の活用

の形容動詞に限っては、「堂々たれ」のように命令形が存在する。 これがなぜなのか、詳しく知りたければ、返信してください。 学校文法の口語文法では、は、はとして扱われる。 終止形(言い切りの形)が「なり」「たり」となるもの。 こんにちは。 実は、形容詞のカリ系列についての説明を思い出してもらえば、 その理由は簡単にわかります。 古文文法の基本のお話をしています。

もっと

ナリ活用とタリ活用

【解説】 形容詞と形容動詞の活用について説明する前に、まずそれぞれの品詞についてもう一度おさらいしてみましょう。 後者をに分類する説もあるが、次項2. 後者をに分類する説もあるが、次項2. どちらかお一人がお手続きをすれば、お二人分のプレゼントをお届けします。

もっと