ホウ シャオシェン。 第20回東京フィルメックス オリヴィエ・アサイヤス、ホウ・シャオシェンを語る

侯孝賢(ホウ・シャオシェン)作品ロケ地情報「澎湖島」

「夢にまで見たとても美しい台湾で撮影することができ、とても幸せです。 彼女に詰め寄るクーに式場はパニックとなるが……。 ここは自然と古い町並みが残る美しい町で、 呉念眞の「多桑」など多くの映画が撮影されています。 写真館横の水平な道を南へ行くと、やがて食料品店のある一角に突き当たります。 日本映画界において名実ともにトップクラスの俳優 妻夫木聡と豊川悦司がダブル主演を果たし、全編台湾ロケでの撮影に挑んだ話題作。 また『悲情城市』では自分の創作が大半を占めており、誰かをモデルにしようと思わなかったが、『恋恋風塵』を作った後「リーさんの人生をベースにしたものを作りたい、彼を通して植民地時代を撮ってみたい」と思った、と語った。

もっと

是枝裕和監督が「台北暮色」監督と語る台北の風景、ホウ・シャオシェン : 映画ニュース

『童年往事』(85)は私の歴史を元にし、その次の『恋恋風塵』は彼の歴史を振り返るように撮りました」と語った。 やがて時がたち、お互いを意識し始めた2人だったが、ワンは兵役につくことになる。 著『侯孝賢の世界』、1990年、• 今回の金馬奨では、台湾映画界の巨匠ホウ・シャオシェン監督に終身栄誉賞が贈られた。 All Rights Reserved その手紙を読んだホウは、「彼のアドバイスはよく理解できました。 それは、制作当時すでに13年の交友があった私にしかできないことだったろう。 しかし、祖母が脳卒中で倒れ昏睡状態に陥ったのを機に看病に疲れた母は家を出、昔の恋人と再会した父は過去を思い出し、姉は恋に思い煩う。

もっと

映画『パラダイス・ネクスト』公式サイト

当時の台湾ニューシネマを取り巻く環境から、映画への思いまで熱く語ってもらった。 ここは半島の最先端に位置する静かな漁村です。 黒澤明監督作品のスクリプターを長く務めた野上照代さんが「本当に感激しました。 (2014年) 出演• 音楽家として世界をまたにかけて活躍し、2016年に『雨にゆれる女』で商業長編映画監督デビューを果たした半野喜弘が「生きるとは何か」という人間の普遍的テーマを描いた長編監督第二作。 台湾で毎年開催される金馬奨は、中国語映画を対象にした中華圏の三大映画賞の一つ。 製作:徐国良(シュ・グオリャン) 脚注 [ ]• (2014年) 編集協力• (2)馬公空港から馬公市街地へ 馬公の中心部に位置するバスターミナルまで、県営バスで所要20分。

もっと

エドワード・ヤン&ホウ・シャオシェン決別説の真相は?二人の天才の秘話|シネマトゥデイ

「独特のリズムはワンシーン・ワンカットの長回し撮影によるものだと思う。 主人公の阿孝は、47年広東省に生まれ、一歳のときに一家で台湾に移住した。 生まれ育った日本と同様に小さな島国でありながら、台湾には日本とは異なる色彩と雰囲気があり、その違いに心が吸い寄せられたのです。 ワンの母:(メイ・ファン)• 世界の映画作家に多大な影響を与えた。 この映画で探されるのは人だけではなく、台北の街と光。

もっと

恋恋風塵

村の子供たちの間でガキ大将的存在の阿孝だったが病弱な父は、子供心に阿孝に小さな影を落としていた… 出演 ユー・アンシュン/シン・シューフェン 作品データ 1985年/138分/台湾/HD 『憂鬱な楽園』 中年間近のチンピラと、弟分と彼の恋人のその日暮らしの毎日を描いた一編。 広場から谷の方を見ると、眼下に日本家屋の屋根が見えます。 1歳年下のホンも1年遅れて台北に出る。

もっと

台湾のアカデミー賞・金馬奨、作品賞に「消失的情人節」、ホウ・シャオシェン監督に終身栄誉賞|レコードチャイナ

世界の映画人に加え、日本から俳優の浅野忠信や映画監督の黒沢清、是枝裕和、評論家の佐藤忠男なども登場し、当時の作品について語っている。 その中心を担ったホウ・シャオシェン、チュウ・ティエンウェン、ウー・ニェンチェン、クー・イーチェンらが結集して作り上げた、エドワード・ヤンの監督第2作目『台北ストーリー』が4Kデジタル修復版として公開中だ。 風船はふわふわとパリを舞い、たびたび少年を追いかけているような動きを見せるが、少年はそれにはほとんど構わずに、母やシッターの中国人の娘ソンとの生活を過ごす。 僕たちは今。 第一部となる本作は、自分たちの文化や習慣を禁じられ、過酷な労働を強いられていたセデック族が、部族の誇りをかけた蜂起に至るまでを描く。 ホウ・シャオシェン:その通りです。

もっと

台湾巨匠傑作選2016

そこでホウ監督はトニー・レオンを広州から来た役人という設定にした(笑)」。 瑞芳から九分へは約15分です。 シャオ風船は孤高である まとめると、ファンタジーを持ち込んだのはよいが、薄味すぎて、どう対処していいのか悩んでしまうのだ。 に、終戦直後の・を舞台にを取り扱った『』でグランプリを受賞、内外から注目を受けた。 ホウ・シャオシェン監督の『フラワーズ・オブ・シャンハイ』『ミレニアム・マンボ』、ジャ・ジャンクー監督の『プラットホーム』『山河ノスタルジア』などをはじめ中華圏の映画人たちと幾度も共同作業をしてきた半野喜弘が、その活動の自然な延長上に満を持して挑んだ本作。 当時、ぼくたち(台湾ニューシネマの映画監督たち)が作る映画は興行が厳しかった。

もっと

ホウ・シャオシェンの新作、カンヌにノミネート

(1991年)• 散開後も多方面で活躍。

もっと