奈良 アンテナ ショップ。 奈良県のアンテナショップ「奈良まほろば館」へ行こう!

奈良まほろば館/奈良県公式ホームページ

- ぐんま総合情報センター「ぐんまちゃん家(ち)」(東京都中央区)• (写真:ほうじ茶) お茶のルーツ お茶は、遣唐使や留学僧によって中国から日本に伝えられたといわれています。 味間いもを使用したレシピ ・芋まんじゅう 味間いもを蒸し、すり鉢で練りながら卵白と塩を入れ、ひとまとまりの生地になるまで練る。 朝日町 0• 福岡県記者発表資料(2018年7月24日)2018年11月22日閲覧。 ジューシーな味わいのヤマトポークを、酸味を効かせたソースとともに。 - (東京都中央区銀座)• "古都華"・"アスカルビー" 日時:平成30年2月2日(金曜日)~2月4日(日曜日)各日11時~17時 古都華とアスカルビーはともに、奈良県が育成した品種です。 青垣台 0• 講座・文化教室 奈良のお坊様による法話や、学芸員等による講座、写経などの文化教室が開催されています。 レストランは、音羽さんが提唱する「自然体の料理」を目指したフランス料理がメーン。

もっと

食事もお買い物も楽しめる『奈良のうまいものプラザ』!JR奈良駅で大和の美味しい食事を味わいませんか?

八重洲観光交流館(東京都中央区八重洲)• また、平成28年から奈良県東部農林振興事務所、JAならけん及び同生産部会が連携して「黒大豆・黒大豆枝豆講習会」を開催し、後継者の育成と品質の向上に取り組んでいます。 大保町 0• 日本茶業中央会が定める「緑茶の表示基準表示細則」において、ほうじ茶とは「煎茶や番茶などを強い火で焙って製造」と定義されています。 複数のジャンルを楽しめます。 石木町 0• ・黒豆ご飯 炊飯器に研いだお米、酒、塩を入れて、普通のお米を炊くときの水加減にし、黒煎り豆を入れて1時間つけておきます。

もっと

奈良県のアンテナショップ「奈良まほろば館」へ行こう!

油阪町 0• 昼から美味しい野菜をたっぷり食べられるのは貴重ですね! こちらは「大和牛のロコモコ丼」(880円、野菜バイキング付)。 北椿尾町 0• 「まほろばキッチン橿原店」は、全国最大級の売り場面積を有する農産物直売所を中心に産直レストラン、フードコート等で構成しています。 - 三重テラス(東京都中央区日本橋室町)• (平成29年4月1日時点) 奈良県アンテナショップ(奈良まほろば館)では、入口すぐに野菜販売の特設コーナーがあります。 ほうじ茶は緑茶の1分類です。 2016年10月11日閲覧。 北風呂町 0• ショップには奈良にちなんだ品々が並びます! 奈良の美味を味わった後は、ぜひショップでお買い物も楽しんでください。 日本橋とやま館(東京都中央区日本橋)• 露地栽培のイチジクは、例年8月上旬から出荷が始まっており、今年も旬の時期がやってきました。

もっと

東京で全国名物めぐり

こちらは旧伊勢街道の要所 大宇陀にて 慶応2年 創業の老舗「いせ弥」の奈良漬け、きゅうりや金ごぼうなど 柿の葉を使った柿の葉寿司は奈良県の郷土料理です 奈良からの産地直送の新鮮な野菜も多数 人気の梅干し アンテナショップの奥では、奈良県の歴史を伝えるVTR映像の上映しています。 平安初期の「日本後記」には「嵯峨天皇に大僧都が近江の梵釈寺において茶を煎じて奉った」と記述されています。 「奈良漬」「柿の葉寿司」「三輪そうめん」、柿製品、味噌、醤油など多種類の食品が販売されています。 東京都内にある、各自治体の主なアンテナショップ [ ] 都道府県• 毛質に応じて配分・寸法を決めて混ぜ合わせ、毛組みに時間をかける「練り混ぜ法」により、穂先の仕上がりに絶妙の味がある高級毛筆が作られています。 黒豆を炊きだす場合は、3分くらいでお飲みください。 開催講座例 ・新緑の奈良のお庭に癒される~フランス人もハマったその魅力と愉しみ方~ ・「奈良の良さ」を読んだ「奈良まほろばかるた」(まほろばソムリエの深イイ奈良講座) ・特別陳列「万葉集の考古学」見どころ案内 ・写経・法話 など、奈良を感じる大人の講座が開催されています。 (兵庫県) - (東京都千代田区有楽町)• 1995年は、茶業への寄与や安定生産への取組みが認められ、内閣総理大臣賞を受賞しました。

もっと

奈良県のアンテナショップ「奈良まほろば館」へ行こう!

前ののように、複数のアンテナショップが集まる施設もある。 今在家町 0• 椀に盛って汁物にしても楽しめます。 紀寺町 0• 社寺(しゃじ)商品・雑貨 社寺に関する商品として、「お香」「お守り」「絵はがき」などがそろっています。 肥沃な土壌と、夏期が冷涼な昼夜の気温差が大きい高原性の気候のため、「黒豆」の生産に適しているとされています。 大渕町 0• - 富士の国やまなし館(東京都中央区日本橋)• しかし、インドなど南アジアでの紅茶の栽培が始まり、日本茶の輸出量が減ったことで、国内での消費が増え日本人の文化に根付きました。

もっと