中村 雄二郎。 中村雄次郎

中村雄二郎

『哲学の現在』• たとえば、男女の愛の形について振り返ってみる。

もっと

中村雄二郎とは

旧制高校まで理系だったが、敗戦の衝撃から哲学を志望した。 (さて、と再び現代に戻り・・)その、40年ぶりに出会った彼女とは、ベンチに座って長いこと話した。 『官報』第2006号、大正8年4月14日。 つまり、その現実的な力は、意志による規範の仮構を通して初めて存在するのである。 Jay Thomas• この「日本的精神」に関する哲学としては、佐伯啓思のいうとおりかっての西田幾多郎の「無の思想」があるが、比較的最近のものとしては、私の尊敬する中村雄二郎の「リズム論」がある。 又、貴族院議員、長官、総裁、、等も務めた。

もっと

中村雄二郎「目に見える制度と見えない制度」1/2 問題

(明治12年)10月 - 監務• () - 留学(- 1874年1月)• 個々人のうちにも社会は内面化されているの「内面化」とは、ここではどういう意味か。 社会をめぐる合理性と情念の絡み合いを論じた『現代情念論』(1962)を皮切りに、オリジナルな思想を展開した『感性の覚醒』(1975)、『哲学の現在』(1977)、『共通感覚論』(1979)の三部作によって日本を代表する哲学者として名声を高める。 アメリカにそれが移植されたのは、すでに述べたように、憲法の起草者たちにとっては「合衆国」の建設はヨーロッパからの断絶を意味していた訳ではなかったからだ。

もっと

古くて新しい現に在る問い:中村雄二郎「哲学の現在ー生きること考えること」|Shimamura, T.|note

X『新編 近代日本における制度と思想』 関連人物 [ ]• ちなみに、他にはの『日本近代文学の起源』、の『表層批評宣言』、の『文化と両義性』、『』などが挙げられていた。 ところで、このように合理化され客観化された社会関係を制度的現実と名づけるならば、制度的現実は何よりも私たち人間の意志のはたらきによって作り出されたものである。 述語論理の最大の利点は、連想が自由に働くことだ。 :同上• (・・・) 私たち人間が、旋回する舞踏や めまい遊びや迷宮めぐりなどにつよく惹かれ、エクスタシーさえ感じるのはそこにおのずと宇宙の原初的な渦動と同調し共振するところがあるからだろう。 そこでもう一つの重要な原理として「振動同士の引き込み」が働く。 阿部大輔 ディスコグラフィー [ ]• (明治30年)9月 - 陸軍・陸士校長・兼砲兵会議議長• そうした集まりは非常に不安定なものであるから、分裂病者の思考も安定した像を結ぶことがない。 そのように法律や制度が透明で気にならないものから独自の存在性を持った抵抗物へ、そしてさらに社会的・物理的な拘束力を持ったものへとなっていくその変化がよく見られるのは、たとえば交通違反をして警官に捕まったときである。

もっと

中村雄二郎

夫がそれをつぶやいたのは、 その題名が何となくわたしのやっていることに近いのかなと思ったのかもしれない。 とくに法律の場合には、違反を防ぎ違反行為を罰してその施行を保障する処罰規定を伴っている。 『官報』第2551号「叙任及辞令」1892年1月4日。 まことに、法律や制度は人間によって作られた、その意味で h 仮構的なものでありながら、それでいて現実的な力と意味を持っている。

もっと

中村雄二郎氏の残したもの

分裂病者の症例においては、「常識の欠如」と「共通感覚の欠如」が同じ意味であるということが如実に顕れ出ることが示される。 Wynton Marsalis• 編『日本陸海軍総合事典』第2版、、2005年。 「近代市民の倫理と行動様式」『人生論』〈毎日ライブラリー〉、1958年。 例えば、西洋人との付き合いで、貴方の宗教は何かと問われた時、多くの日本人は仏教とか神道と答えるだろう。

もっと

共通感覚論

といっても、単に永遠の問題だからではない。 次のようなものだ。 、を経て、卒業後、に入社。 都市の会 [ ]• (明治32年) - :第二等第二双竜宝星• 』 『 ローマが無限に拡張するかに見えたように、現代ではリベラル・デモクラシーも無限に拡張するかに見える。 【増補版】『劇的言語』• 音を根源として、音によってあらわれる動的な力を図形化したのが〈ヤントラ〉である。

もっと

述語論理:中村雄二郎の西田幾多郎論

だが、この集団の中での他人との関係は、集団が大きくなり複雑になるにつれて、直接的ではなく間接的なものになるだろう。 だから個人の経験と、本人と環境に現に在る概念を総合して、普遍的な真理を理性によって求めるときに、古いか新しいかということはないのだ。 さらにいえば、地・水・火・風・空の五大は、響くものとして、リズムをもって振動するものとして捉えられるとき、単なる物質元素であることを超えてすぐれて生命的なものを顕現することになるわけである。 (明治10年)2月 - 砲兵支廠付• それは、意識的に作られた、いわば目に見える制度のことであった。

もっと