人気 小説 ランキング。 【2018年】人気のおすすめ小説ランキングBEST10【最新版】

恋愛小説の人気おすすめランキング20選【2019年最新版】

70位:山田詠美(代表作「A2Z」) 69位:和田竜(代表作「のぼうの城」) 68位:吉田修一(代表作「怒り」) 67位:よしもとばなな(代表作「キッチン」) 66位:唯川恵(代表作「肩ごしの恋人」) 65位:宮本輝(代表作「泥の河」) 64位:乾くるみ(代表作「イニシエーション・ラブ」) 63位:中村文則(代表作「去年の冬、きみと別れ」) 62位:村山由佳(代表作 おいしいコーヒーのいれ方シリーズ) 61位:島田荘司(代表作「占星術殺人事件」) 60位:知念実希人(代表作 天久鷹央の推理カルテシリーズ) 59位:江國香織(代表作「きらきらひかる」) 58位:雫井脩介(代表作「検察側の罪人」) 57位:朝井リョウ(代表作「桐島、部活やめるってよ」) 56位:西村京太郎(代表作 十津川警部シリーズ) 55位:内田康夫(代表作 浅見光彦シリーズ) 54位:万城目学(代表作「鴨川ホルモー」) 53位:西加奈子(代表作「サラバ!」) 52位:三浦しをん(代表作「舟を編む」) 51位:住野よる(代表作「君の膵臓をたべたい」). 384 ページ• 70位:山田詠美(代表作「A2Z」) 69位:和田竜(代表作「のぼうの城」) 68位:吉田修一(代表作「怒り」) 67位:よしもとばなな(代表作「キッチン」) 66位:唯川恵(代表作「肩ごしの恋人」) 65位:宮本輝(代表作「泥の河」) 64位:乾くるみ(代表作「イニシエーション・ラブ」) 63位:中村文則(代表作「去年の冬、きみと別れ」) 62位:村山由佳(代表作 おいしいコーヒーのいれ方シリーズ) 61位:島田荘司(代表作「占星術殺人事件」) 60位:知念実希人(代表作 天久鷹央の推理カルテシリーズ) 59位:江國香織(代表作「きらきらひかる」) 58位:雫井脩介(代表作「検察側の罪人」) 57位:朝井リョウ(代表作「桐島、部活やめるってよ」) 56位:西村京太郎(代表作 十津川警部シリーズ) 55位:内田康夫(代表作 浅見光彦シリーズ) 54位:万城目学(代表作「鴨川ホルモー」) 53位:西加奈子(代表作「サラバ!」) 52位:三浦しをん(代表作「舟を編む」) 51位:住野よる(代表作「君の膵臓をたべたい」). 映画化 1988• まさに早蕨の様な爽やかな物語で、時代は違えど、 現代でもあり得る恋愛物語となっています。 ここでようやくさんですね。 絡み合う謎がほどけた先に• 商品名• こちらは Amazonで人気のサービスですが、もう体験しましたか? 小説やビジネス書などの人気本を、 プロの声優やナレーターが読んでくれると、今話題になっています。 821円 税込• 人気アニメの小説化• ドイツの文豪を新訳で読むなら• 大ヒット映画の公開直前に発売された小説• 寓話的小説• 友達もいない クラスで孤立している女子高生のリョウは、自分だけ携帯電話を持っていない、持っていても友達がいないしと思っていたら、心の中に電話の着信音が響き シンヤと名乗る少年との切ない恋が始まるというストーリーです。 機械制御研究部。

もっと

青春小説おすすめランキング35選!恋愛・友情・スポーツ・家族【2020最新版】

KADOKAWA• 741円 税込• 引きとられ松吉と改めた少年は、商人の厳しい躾と生活に耐えていくことになります。 10通の手紙のやり取りをするだけで、夢を叶えてくれるといいます。 輝く鏡をくぐり抜けた先の世界には、似た境遇の7人が集められていた。 「夢十夜」は美しくもどこかぞっとする短編集です。 神の手 上• また、プロローグがあの人物の話だとすると、この物語の帰結点のその後が見えてきました。 Discover• 窯変 源氏物語〈1〉• 605円 税込• 464円 税込• 高野和明• 水野ユーリ• 443円 税込• SFを楽しむ• 久坂部羊• 爽やかな涙を流したい人へ• 商品リンク• ロシア文学• 永井路子• 文鳥・夢十夜• 前回こちらにてでもまとめていますので、合わせて参考にどうぞ。 「おらおらでひとりいぐも」の口コミ評判 「おらおらでひとりいぐも」がすごい本だった。

もっと

青春小説おすすめランキング35選!恋愛・友情・スポーツ・家族【2020最新版】

夜は短し歩けよ乙女• ベルンハルト・シュリンク• 一方、妻であるクミコの存在はいつの間にかどんどん遠ざかっていきます。 361ページ• たくさんの青春が詰まった短編集• 食ビジネス小説• 400円 税込• 心温まる感動で宝物にしたい本• 住野よる• 青春小説• SEKAI NO OWARI Saori、初小説! 「ふたご」の口コミ評判 藤崎彩織『ふたご』 セカオワSaoriの自伝的小説……でいいのかな 直木賞候補にもなった 一言、セカオワの知識を除外して読みたかった。 半沢直樹シリーズ第三弾!• ページ数• 562円 税込• 「オーバーロード(13)」の口コミ評判 オーバーロード最近友達から小説借りて読んでるんだけどめちゃめちゃ面白いあれ アニメ3期も期待してまっせ! アインズモノクロ模写 — メガノさん mdgamegane オーバーロードの最新巻読んだけど、やっぱり小説もアニメもアニメのopもedも控えめに言って神だと思う。 天才数学者たちの栄光と苦悩のドラマ• 816ページ• なぜこの小説が選ばれたのか 「バッテリー」は、中学時代を描いた青春小説。 笑いとドラマに満ちた時代小説• 藩政の刷新に情熱を傾けようとする小四郎でしたが、家老失脚の背後には福岡藩の策謀があり、いつしか仲間との絆も揺らぎ始めて、小四郎はひとり、捨て石となる決意を固めます。 時代小説• 感動して涙すると話題の人気ベストセラー! 偶然、僕が病院で拾った 1冊の文庫本。

もっと

【保存版】泣ける!感動小説おすすめ50選!ランキングで人気の名作は?

芥川賞作家綿矢りさの世界を満喫• 奇想天外摩訶不思議• 2003-12-25• アスキー・メディアワークス• 1位 ミステリー 131名 2位 ファンタジー 72名 3位 青春 69名 4位 恋愛 66名 5位 推理 63名 6位 歴史 31名 7位 児童 21名 7位 SF 21名 9位 ホラー 17名 10位 経済 6名 11位 政治 3名 20代~30代の男女ともに「ミステリー」小説が一番人気でした。 KADOKAWA• 18年後、妻・篠と死に別れて帰藩した新兵衛が目の当たりにしたのは、藩主代替わりに伴う側用人と家老の対立と藩内に隠された秘密でした。 605円 税込• 第47 回(1996年)読売文学賞受賞作品です。 高田 郁• タイトルは「共病文庫」それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、 秘密の日記帳だった。 これは泣けます。

もっと

小説おすすめ36選|500人が選ぶジャンル別人気ランキング【2020年版】

新潮社• 母親が亡くなり、父親は人を殺し、5歳で親戚に引き取られ、学校ではいじめにあう主人公・峰岸晄。 いつでもどこでも本が聴ける。 長編小説とは違った漱石の一面を伺えます。 この小説の説明 3日前から行方不明になっている少年の死体が森の奥にある。

もっと

文庫本小説の人気おすすめランキング30選【古典や名作も】

楡周作• 日本文学• 734円 税込• 352ページ• その日のまえに• アメリカ文学• ドイツ文学• ランキング27位は、『我が心の底の光』です。 哀しい未来を知りながら、それでも愛しい存在に向かって発せられる言葉。 気になる方は、以下の 人気ランキングも合わせてどうぞ。 ぼくは明日、昨日のきみとデートする• 最近はこういうパッケージの小説が多いですよね。 700円 税込• 518円 税込• 文藝春秋社• 映画化(2002)• 大ヒット映画の小説ver. 村上 龍• 2016年には、小説をもとにアニメ化もされています。

もっと

【一生に一度は読むべき本】文庫本のおすすめ人気ランキング25選

青春小説• 720円 税込• 霧の果て 神谷玄次郎捕物控• 重い心臓病を患う老母を乗せて天才心臓外科医がいるという病院までポンコツ車でひた走る。 アメリカ版「セカチュー」と言われる涙の物語• そんな、ガネーシャが僕に教えてくれることはどれも普通なことばかりです。 上巻は伏線で下巻で一気に展開、グイグイ引き込まれていきました。 東野圭吾• 部活動に打ち込み、毎日もがいていた高校生活。 異彩の少年に導かれた孤独な少女。 【屋代尚則】. ミステリー・サスペンス小説• 853円 税込• 2014-01-04• 北川恵海• 669円 税込• 映画化もされ、話題になった本書ですが、第21回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞受賞作品です。

もっと

【保存版】泣ける!感動小説おすすめ50選!ランキングで人気の名作は?

商品名• 心の底の光とは?• タイトルは「共病文庫」それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、 秘密の日記帳だった。 奇々怪界な青春呑んだくれ小説• 700円 税込• 君はいったい何者なんだ?『ラプラスの魔女』前日譚。 川端康成• 小説は文字が多くて眠くなるという方や漫画やアニメの方が面白いと感じる方も多いのではないでしょうか。 主人公の語り口調で語られるリアル• 821円 税込• 一本の電話が誰かから掛かってくる• 井原西鶴と盲目の娘・あおいの心の交流• ヤスばあちゃんと地蔵さん親子が営んでいます。 小説 言の葉の庭• 角田光代• 斜陽 人間失格 桜桃 走れメロス 外七篇• メディアミックス• 多才で、すでに成功者といっても過言ではない著者が、それでもまだ目標を持ち、突き進む姿を描いています。 自己啓発ユーモア小説• かつての恋人に深く心を奪われているギャッツビーはあらゆる手を使って彼女との再会を試みます。 そんな作家さんの作品、期待してストウハイツを読んだのですが、出鼻からくじかれ、最初は「なんじゃこりゃ」みたいな感じで退屈で挫折しそうになりました。

もっと