行政 調査 新聞。 行政サービス調査(平成20年) 日本経済新聞社産業地域研究所|流山市

行政サービス調査(平成20年) 日本経済新聞社産業地域研究所|流山市

同委託業者である佐藤氏が立ち会って作成された「土地境界立会確認書」は自ずと官民境界確認の文書とするべきであるが、これを民民確認と定義した貴市の見解を求める。 「共産党系以外での出版を増やそうとしているのは、国会議員を辞めた後も高い収入を確保したいとの意図があるためのようです」(同前)。 「筆坂秀世参議院議員、セクハラで辞職」……日本共産党の市田忠義書記局長・参議院議員が国会内の記者会見で、沈痛な面持ちで発表した同僚幹部のスキャンダルであった。 しかし、この不破の講演での弁解も、前述した事の経過がマスコミに次々に暴露されると、いつの間にか霞んでいってしまった。 でも、あの時は日共本部関係者が声を潜めて言ったもんでした。

もっと

日共大物国会議員、筆坂秀世氏失脚の深層 行政調査新聞【長文です】

さいたま地方法務局筆界特定調査官は、東松山市による新たなる申請に基づいて拡幅工事完了後、貴市に侵奪されたT氏私有地 現在は東松山市に採納した形になっている の境界点 (元T氏私有地に設定した曲がり点を示す)の確認調査に当たることになるが、T氏と貴市との間で起きている土地境界紛争問題とは、全く関係のない調査であることを明確にT氏に伝えている。 常任幹部会が決定するどんな処分をも甘んじて受ける」と述べた。 あえて言うならば東松山市・森田光一市長は 「逃げ切った」のである。

もっと

行政調査新聞社

記憶に新しい都議会選挙の自民党大敗が象徴するように、有権者の厳しい権力監視の眼と判断による投票行動だけが腐敗した行政を刷新できるのである。 市田と浜野(非国会議員)は、6月5日に筆坂秀世氏を呼び出して「5月26日の夜、赤坂のカラオケボックスで党の内部規定で禁止されている『外部飲酒』に秘書と女性職員を誘い、酒を飲んでデュエットやダンスをして体に手を触れた」事実を認めさせたという。 更に本紙は、不破邸の建て替えに付随してある疑惑が生じているとの情報を得た。 森田光一東松山市長を始めとした執行部がここまでT氏を窮地に追い込んだのである。 建前上、『党幹部は著作の印税を党に寄付する』とされてきた。 公の立場にある者が己らの非を棚に上げて一市民を追い込み潰れていく市民の哀れを見た人物の温情が、T氏の背中を押したのだろう。 本年度が終わったら、速やかに町内会から退会するつもりです。

もっと

[B!] 行政調査新聞

T氏が、市道と私有地との境界を承諾したとする意思決定の証拠が印鑑証明書である。 市民に対する奉仕の精神など一縷もなく民主主義を蹂躙し、主権者である市民の財産を侵奪するという東松山市執行機関の悪意は、公が民を支配する権力構造を如実に示している。 市田書記局長や処分を推進してきた浜野副委員長らは、計算違いの事態に当惑した。 調査官らの調査力は甘くはない。

もっと