スリクソン z565 アイアン 評価。 Z585アイアンの試打レビュー|SRIXON|評価&特徴

スリクソン Z565 アイアン の試打・評価・解説

過去のZシリーズと比べると 新しいスリクソンのZシリーズアイアンは、毎回おなじみの3タイプが用意されています。 幅広いスイングに対応しており、その力強い直進性に優れた弾道は多くのゴルファーを魅了しています。 これにより、フェースにたわみが生まれ、反発性能が大きくアップしています。

もっと

スリクソン Z585 アイアンの試打・評価・解説

今日紹介するのはスリクソンのニューモデルNEW「スリクソンZ」シリーズのアイアン、「Z765」アイアンです。 今回取り上げるZ765アイアンは、中間に位置します。 飛距離はアスリート系としては 飛ぶ部類に入ると思います。 ・ボディは軟鉄だがフェイスは違う金属なので、打感は柔らかさよりも弾きの良さが先行する。 昨日紹介した「Z545」アイアン同様、若干重心距離が長めになっているのか、重心角が抑えられているのかもしれません。

もっと

ダンロップスポーツ「スリクソンZ565」アイアン

【打感】 フェース全体がよく弾いて、オフセンターでも柔らかく感じる。 ・引っ掛けの フックボールが出にくい。 これは、 ハードヒッターでも使えるポケットキャビティですね。 もう少し打ち込んで自分のものにしたいです。 ジャンルナビ• スリクソンZ585アイアンの特徴:スピードグルーブフェースでフェースがたわむ! ゴルフクラブというのは溝がとても重要です。 特徴としては、操作性が高く、つかまり過ぎを気にせず叩くことができて、しっかり狙い通りに攻めることができるアイアンです。

もっと

スリクソン Z765 アイアン の試打・評価・解説

好きなクラブはAW。 PROと比べるとソフトで振りやすいシャフトですが、案外 カーボンシャフトの方がしっかりして、さらに打ちやすく、あばれません。 5 スリクソン Z745 アイアン Z745アイアンは、前作同様、ハーフキャビティ形状のアイアンです。 この「Z765」アイアンも、昨日紹介した「Z565」アイアン同様直進性が高いモデルになっていると思います。 Z565アイアンは一番左の最も優しいアイアンで、キャビティー形状となっています。 例えば一世代前の2016年モデルでは、Z565、Z765、Z965といった具合で、ポケットキャビティ、キャビティ、フラットバックとなっていて、難易度が上がって行きます。 「ツアーV. Miyazaki Kaula 8(カーボンシャフト)が打ちやすい やはり、シャフトが重要です。

もっと

スリクソン Z585アイアンの試打&評価/大きく進化したやさしさ│楽しい GOLF LIFE

重心距離が長いのかな。 まっすぐ遠くに飛ばせるクラブの為、ボールを捕まえる事が出来ないゴルファーにはよいクラブと言えそうです。 HS43くらいまでかなせいぜい。 打つ楽しさを感じるアイアンです。 弾道はこんな感じで、 そのスカイトラックデータがこちら。 シニアになってパワーが落ちてきましたが愛犬に付き合ってもらいながら体力作りも頑張っています。 ソールはバックサイドが削られ抜け感が向上し、トゥ・ヒール側は丸みを持たせることで様々な傾斜に対応しやすくなっています。

もっと

スリクソン Z585アイアンの試打&評価/大きく進化したやさしさ│楽しい GOLF LIFE

一応、日刊スポーツ社員のサラリーマンゴルファー。 打った後の芝の抜けもそう悪くはないと感じられます。 素振りしてみると、なんかなつかしいしなり感でした。

もっと

ダンロップ スリクソン Z525 アイアンの試打レビュー 口コミ・評判 ギアスペック|ギアカタログ|GDO ゴルフギア情報

ウェッジはプラス3本入れました。 目次 Z585アイアンの試打レビュー|SRIXON|評価&特徴 SRIXON Z585アイアンのデザイン SRIXON Z585アイアンのデザインはこのような感じです。 ニュー ツアーV. 2012年(初代) 初代 Zアイアンの概要 初代Zアイアンは、「イメージ通りの弾道で、果敢に攻めたい」という競技志向ゴルファーのために設計されたアイアンです。 よくつかまるからコスリやスライスが最小限に収まってくれるし、引っかかりも少ない。 試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールは2ピースボール使用でした。 従来のアスリート向けブランドから、アベレージゴルファーでも扱いやすいものがラインナップされています。

もっと