検察庁 法 改正 案 twitter。 検察庁法改正「ツイッターは民意?」世論調査から見えたもの

「#検察庁法改正案に抗議します」投稿広がる 380万超に

必ずしも著名人の声だけがSNSのうねりを生み出したわけではないことがわかる。 早ければ13日にも採決される可能性がある。 「 検察庁法改正法案に抗議します」がトレンド入りするも、前者よりも少ないツイート数• なるほどなるほど」 指原莉乃「だから『Twitter』を書いてる人がみんながみんなまったく勉強してないとはまったく思わないです。

もっと

「検察庁法改正案に抗議します」ツイートが「470万人」というフェイク:大量スパムが削除?

もともと政権に強い不満があったわけではないが、新型コロナウイルス騒ぎが見方を変えた。 提供 検察官の定年を引き上げ、定年延長制度を創設する検察庁法改正案。 では「民意」はどこにあるのか。 (2)検察の暴走を止めるのは内閣? 検察の暴走とは、つまり検察官が行う捜査によって人権侵害を引き起こす恐れがあるということです(人質司法や冤罪問題)。 次回も楽しみにしています。 ところが、調べてみると検察のトップや重要ポストの任命権はそもそも内閣が持ってるんですよね。

もっと

検察庁法改正案のツイート数はなぜ減る?情報操作で削除されているのは本当?

しかし、今回の改正案は、検察に求められる時の政権との緊張関係を、圧倒的に政権寄りに緩めてしまう点が問題なのです。

もっと

「検察庁法改正案」今さら聞けない大論争の要点

Twitterトレンド欄の「件数」は実数ではない このブログでは何回かTwitterトレンドの仕組みについて解説してきましたがここでも改めて指摘すると、実はTwitterトレンド欄の「件数」は実数ではないのです。 検察官の定年延長については検察庁法に規定がないため、定年を65歳まで延長しようとするなら検察庁法を変えないといけません。 「 検察庁法改正案に抗議します」を含むツイートがTwitterトレンドに上がり、その数が膨大であるとして複数メディアで報道されていますが、大量スパムが原因で削除されていることと、Twitterトレンド欄の見方が正確に伝わっていないので整理します。 というのも、検事総長・稲田伸夫氏(63)はの役職定年は、慣例に沿って7月の予定でした。 それ自体は高齢化社会への対応として一見妥当に見えますが、大きな問題が以下の部分。 検察庁法では検事総長の定年が65歳、高検検事長を含む検事の定年を63歳と定めていましたが、安倍政権は延長に関する法解釈を唐突に、そして前代未聞の 「」による変更の下で閣議決定してしまいます。 (回答)検察は行政に属していますが、その役割は犯罪を刑事裁判にかける権限(公訴権)を独占しており(換言すると検察官なくして刑事裁判はできません)、刑事裁判の執行を指揮監督します。

もっと

検察庁法改正ツイッターデモ、背景は コロナ禍も影響? [検察庁法改正案]:朝日新聞デジタル

安倍政権が、米国の大企業であるTwitter社に圧力を加えられるわけがないし、そもそも、それならトレンドに浮上しないようにするはずだ。

もっと

「 #検察庁法改正案に抗議します 」ハッシュタグに470万件の声、なぜここまでの炎上が起こるのか

調べてみたところ、やはりツイッター社が意図時にツイートを削除している可能性が高いと考えられます。 第3に,起訴便宜主義(公訴を提起し,これを維持するに足りる十分な犯罪の嫌疑があり,かつ,訴訟条件が具備している場合においても,公訴権者(検察官)の裁量により起訴しないことを認める制度)が採られていることです。

もっと