ヤリスクロス。 新型トヨタ「ヤリスクロス」(HYBRID Z・G)に試乗してみた~良点・欠点・おすすめグレード

新型トヨタ「ヤリスクロス」(HYBRID Z・G)に試乗してみた~良点・欠点・おすすめグレード

ヤリスの1. さらに、全高の1,560mmも変更されることが考えられる。 自動ブレーキに「緊急時操舵支援機能」が搭載されている(プリクラッシュセーフティ)• 総合でも3位という十分な台数を販売している。 また、上位グレードにはバックドアをハンズフリーで自動開閉できる機構がオプション設定されています。 運転者の任意のブレーキで解除されますので、またセットし直す必要があります。 価格帯が近いこともあり、どちらを選ぶべきか迷う方もいるのではないでしょうか。 関連情報から記事を探す• 「SmartDeviceLink」や「Apple CarPlay」「Android Auto」などスマートフォンと連携した機能を利用できます。

もっと

「ヤリスクロス」実際買うならどのグレードか?

おススメは「ガソリンZ-4WD」か「ハイブリッドG-4WD」 筆者ならば、ガソリン車の「Z-4WD」、もしくはハイブリッド車の「G-4WD」を選択する。 ただ、モーターのアシストがあるハイブリッド車の方が発進時の加速性能は優れており、静粛性や燃費性能を考慮すれば、ハイブリッド車の方が総合的に優れているといえるでしょう。 各車それぞれに使い勝手は異なる。 3Lノーマルエンジン搭載車が1,938,200円、e:HEV(1. プラスティックパーツも目立ちますが、その分しっかりとコンパクトなのに大きくみえる造形で好印象です。 ポジション調整の度に試行錯誤する様子が目に浮かぶ 1モーターによる電動パワーシート。 価格帯は179万8000円~281万5000円(写真:トヨタ自動車) 8月末に発売をスタートしてから、瞬く間に人気車種の仲間入りとなった「ヤリスクロス」。

もっと

デカくてゴツめなSUVのイメージを覆す! ヤリスクロスが「女子」にオススメな理由5つ

モーターのみのハイブリッドとは異なり、エンジンのトルクがしっかり後輪へも配分されるシステムとなっている。 ヤリスクロスはハイブリッド車とガソリン車の両方が設定されます。 「オートハイビーム」より先進的な「アダプティブハイビームシステム」が搭載されている• 総合力に優れるヤリスクロスはこのクラスのベンチマークだ 車格が1クラス上となるC-HRは、余剰性能をスポーティ感や車格感に振り向けた印象。 ハイブリッド車の4WDは電気式4WDシステム「E-Four」を採用し、トルクを制御することで雪道でスムーズに発進できる「SNOW」モードと、悪路向けのトルク配分を行う「TRAIL」モードに切り替えることができ、雪国では安心です。 【メリット2 トップクラスの安全性能】 また、安全性能もライズなどと比べ、最先端の技術が豊富に積み込まれており、安心できます。 ガソリン車は2WD車が18. 何れにしても、性能はかなり向上しているため、駐車が苦手な方には嬉しい装備といえるでしょう。

もっと

新型トヨタ「ヤリスクロス」(HYBRID Z・G)に試乗してみた~良点・欠点・おすすめグレード

それぞれエンジンは1. 「今乗ってる車の車検が切れるので、ほぼYouTubeでの情報のみで先行予約、来週末に納車予定です。 カラー液晶ディスプレイとメーター、ディスプレイオーディオを上方に配置するほか、フロントガラスに各種情報を投影するヘッドアップディスプレイ(HYBRID Z、Zにオプション設定)も採用することで、ドライバーの視線移動を最小限にして運転に集中できるようにしています。 「ヤリスクロス」と「ヤリス」のインテリア装備差は、電動パーキングブレーキとブレーキホールド、2. すでにトヨタには「ライズ」や「C-HR」といったコンパクトクロスオーバーSUVがラインナップされているが、人気のクロスオーバーSUVジャンルということもあってか、その狭い隙間を埋めるヤリスクロスをリリースするあたり、トヨタの底力を見せつけられた格好だ。 ベースグレード(HYBRID X 内装色:ブラック)は、シートの柄やパネルなど、コストを抑えた影響が見て取れる 運転中にドライバーが目にするのは、インテリア。 特にハードウェア面で姉妹車の関係になるヤリスとの比較は避けられないだろう。 ガソリン車には「RAV4」から採用された4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」や「マルチテレインセレクト」などが採用されており、「RAV4」並の悪路走破性を誇ります。 週末のレジャーでも普段使いでも扱いやすく、様々なシーンでお客様のアクティブな毎日をサポートします。

もっと

新型トヨタ「ヤリスクロス」(HYBRID Z・G)に試乗してみた~良点・欠点・おすすめグレード

ディスプレイオーディオは全車に標準装備。 ヤリスではパーキングブレーキがレバー式だから、速度が時速30km未満まで下がるとキャンセルされてしまう。 「ライズ」には「サイドビューランプ」が搭載されている点で「ヤリスクロス」より優れていますが、総合的に「ヤリスクロス」の方が優れていることは間違いありません。 「Z」(2WD) ライズのインテリアは、運転席からの見通しの良さに配慮したインストゥルメントパネルや、カラー液晶ディスプレイと一体化したLEDデジタルスピードメーターが特徴(Z、G)。

もっと