満州 事変。 上海事変

混迷のはじまり。「満州事変」の歴史

その特徴・成り立ち・名前の由来など、ユーラシア大陸のさまざまな情報をまと. 作戦課は関東軍の現状維持と満蒙問題の全面解決が認められなければ、陸軍によるを断行する決意であった。 これを機に、関東軍が満州全土を占拠し、満州国を建国。 1931年(昭和6年、民国20年)7月、が起こっている。 関東軍の暴走 関東軍が張作霖爆殺事件や柳条湖事件を起こしたのは、中国軍と戦って満州を占領したかったから。

もっと

「戦争不拡大・反東条」を主張したカリスマ軍人・石原莞爾はなぜ“満州事変”を計画したのか

張郭戦争(1925年(大正14年、民国14年)11月)• (2003年、) テレビ番組• この見解は、戦後の花谷証言にもとづいている。 (不平等条約を撤廃し、租界・租借地を回収し、鉄道も返してもらうというもの。 しかし、これは中国側が満洲国を正式に国家承認したものではなく、満洲の帰属は両国間の懸案事項として残されたままであった。 日本では昭和5(1930)年の昭和恐慌で頻出した貧困農民を保護することが急務となっており、 満州こそが彼らの受け皿になる場所とされていました。

もっと

満州事変とは

これを止められなかった若槻内閣は退陣せざるを得なかった。 しかし、このとき板垣高級参謀だけは、関東軍の陰謀を抑えるために陸軍中央から派遣された建川美次少将を出迎えるという理由で奉天にのこっていた。 石原の日記によれば、1931年に、板垣・石原・花谷・今田は「満鉄攻撃の謀略」に関する打ち合わせをおこなっており、には「奉天謀略に主力を尽くす」ことで意見の一致をみている。 奉天特務機関補佐官少佐、張学良軍事顧問補佐官今田新太郎大尉らが爆破工作を指揮し、関東軍の虎石台独立守備隊の河本末守中尉指揮の一小隊が爆破を実行した。

もっと

満州事変を引き起こしたことに日本国民は、喜んだのでしょうか?

それほどに重要な要衝だったのです。 その夜、杉山陸軍次官が若槻首相を訪ね、独断越境について閣議で承認する旨を今晩中に天皇に奏上してほしいと頼んだが、若槻はこれを断った。 閣議では、この日午前に始まった関東軍の派兵が問題となり、閣僚全員が派兵に反対した。

もっと

混迷のはじまり。「満州事変」の歴史

あれは一体どのような意味を持っていたのか?そもそも、張作霖ってだれ?混乱の連続のまま、短い近代史の時間を終えた方も多いのでは。 彼らは一枚岩ではなく、毛沢東率いる共産党と、共産主義に反対する蔣介石率いる国民党、さらに共産党にも国民党にも属さない軍閥との三つ巴の内戦となっていたのです。 日本政府は同条約の山東条項により、帝国ドイツの鉄道や通信施設を含めた山東の日本への譲渡を求めたが、中国側に異議が生じ、排日活動が激しくなるなど、が発生した。 ただでさえカオスな、第2次世界大戦前後のアジア近代史を、今回はできるかぎりわかりやすく、いっしょにたどっていきましょう。 そして、「満蒙はわが国の生命線」は、満鉄総裁を務め、その後外相となる松岡洋右が政友会議員として国会で演説した中で言い出した。

もっと