ワイルド サイド を ほっつき 歩け。 ゆきれぽ » 『ワイルドサイドをほっつき歩け』

ワイルド・サイドを歩け

ブランクの性能を最大限引き出すオリジナルのガイドセッティングは、キャストだけではなく、シェイクやリフト&フォールなど小技を効かせる際の高い操作性と感度を実現しています。 第二章の「解説編」も良い。 リグをウィードなどのカバーへ適度にスタックさせる、保持させる、そしてポロッと外すといった一連の作業を、ソリッドティップの反発を抑えた絶妙なテーパーデザインによってロッド自身が仕事をしてくれます。

もっと

ゆきれぽ » 『ワイルドサイドをほっつき歩け』

選び抜かれたマンドレルを使用して、数種類のカーボンを適所に配し、アラミド繊維で補強を施したブランクは、スムースなベンドカーブを描き、トルクフルなパワーを生み出します。 サイズビッグベイトなどにも使える優れた汎用性とショートレングスならではの操作性が新たな扉を開きます。 オフシーズンには中国地方のリザーバーでの鍛錬を欠かさない、リアルアングラーです。 ブランクのテーパーを決めるマンドレルは機種ごとに選択され、素材はもちろん、テーパーデザイン、アクションなど、ロッドの命とも言えるブランクについては徹底的にこだわって作られている。

もっと

ルー・リードが歌にした“ワイルドサイド”に生きるものたち|TAP the ROOTS|TAP the POP

シャープな操作感と軽さはメインマテリアルに採用した46トンカーボンの賜物。 キャスト時のワンフィンガー、リトリーブ時の2フィンガー、3フィンガー、どちらのパーミングスタイルにもなじみ、凹凸が少なく指への干渉も少ないシンプルな形状。 しなやかさと剛性を併せ持ち、クセのないスムースなベンドカーブを描くブランクは、ナノテクカーボンと中弾性カーボンを組み合わせ、アラミド繊維で全身補強された強さとしなやかさを両立した唯一無二のテイスト。 また、UDグラスは他のグラス素材に比べるとプリプレグ自体が薄く、軽いのも特徴です。 「曲がって粘る」アラミドレインフォースメントの特徴がマッチして、完成度を飛躍的に高めたNEW跳ねジャコロッド。 そのノウハウを余すところなく詰め込んで形にしたのが琵琶湖スペックであるロッド達です。 しなやかにスムースにカーブするロッドに伸びの無いPEラインを組み合わせることで、ラインを持ち上げ、ジャコビーのジグヘッドリグを上へ跳ね上げさせることが出来るのです。

もっと

あかね雲(川田ともこ)

俺にまだ打つ手がある。 プエルトリコで生まれ、マイアミで少年時代を過ごしていたホリーがマイアミを後にしたのは、15歳の時。

もっと