佐世保 空襲。 戦後70年 ながさき 佐世保大空襲の記憶 1

見て触れて「戦争」感じて…佐世保空襲資料室リニューアルオープン|【西日本新聞ニュース】

東京大空襲・戦災資料センター主任研究員の山本唯人(47)によると、全国各地の空襲被害は、原爆被害などと違って公的援護の枠外に置かれ、継承活動も民間を中心に担われてきたのが実情だ。 :アメリカ色を前面に打ち出したが、3日~4日の2日間米海軍佐世保基地「ニミッツパーク」で開かれ約20万人の人出となる。

もっと

各市町の被害状況

第1波は烏帽子岳の山裾を木風・山澄辺りから左石・泉福寺までを中心に 爆撃し第2波は但馬岳から前岳の裾野を縦断爆撃し、最後に逃げ惑い 市街地に集まったであろう市内中心部を縦断爆撃しています。 そして兵士たちの驚き慌てるのを尻目に悠々と山を下り、佐世保浦の辺りから海に入って、赤崎館の方に向かってひた泳ぎに泳いでいった。 谷ひとつ、海の上2町ほど余り離れているのに・・・と、敵味方とわず 感心していたら、また矢を射った。 (昭和57年)• (天正14年)• 語り継ぐ会は、例年開催していたシンポジウム形式の「市民の集い」を今年は取りやめ、大空襲展を企画した。 (大正9年)• 米軍のロッキードP38戦闘機1機が、多くの兵隊を乗せて航行していた軍の輸送船めがけて激しい攻撃を繰り返した。

もっと

各市町の被害状況

(日本の空襲-八 九州「日本の空襲編集委員会」より) 昭和20(1945)年7月27日米軍の機銃掃射により、小長井駅構内において、小学6年の3名の女の子が亡くなりました。 :米軍佐世保進駐部隊最高指揮官のビル中将、輸送艦オーバンにて佐世保港に入港。

もっと

佐世保市の歴史

市町村変遷パラパラ地図 完全版 長崎県• 1200人以上が犠牲となった佐世保空襲の死没者追悼式が29日、佐世保市平瀬町の市民文化ホールであり、遺族ら約100人が参列した。 もともと佐世保湾という呼称は無く、それ自体、大村湾の一部であった。 1000トン以上のM17A1、E-48、E-46 500ポンド焼夷集束弾、 AN-M76 500ポンド が2時間にわたって降り注ぎました。 (明治16年)• :上原町で小学生4人がパン運搬車で熱死。 :寝台特急「」の佐世保発着がこの日限りで廃止され、対本州直通優等列車及び夜行列車の市内乗り入れがなくなる。

もっと

佐世保市の歴史

:西九州自動車道の佐世保大塔IC~間供用開始。 きっかけは、北方領土を戦争で取り返すことの是非に触れた国会議員の発言。 補助券がない場合は処理手数料を上積みした額で購入することになる。 :市制施行。 :「米海軍佐世保弾薬廠」は、4年ぶりに「米海軍佐世保基地」に復活。 翌年浮揚して修理(1908年修理完了)。

もっと