石徹 白 集落 に ある 水車 の 役割 は。 9/28 岐阜県 石徹白の小水力発電と 郡上八幡の水を活かした暮らしをめぐる旅 3日間

9/28 岐阜県 石徹白の小水力発電と 郡上八幡の水を活かした暮らしをめぐる旅 3日間

使われていなかった減圧乾燥機を復活させ、とうもろこし粉や乾燥フルーツなどを製造する。 「仕事を残しておけば、次の世代が何かを考えてくれるのではないか。 遠隔監視システムが陰の影響を早期発見し、改善 私たちはくらし(エネルギー、お金、食など)の地産地消・産消連携にこだわり、2013 年、エネルギー自立の地域づくりを呼びかけ、市民共同発電所づくり をスタートしました。 中島富久子(兵 庫)、「初秋の輝き」• 福居 路子(石 川)、「轍」• これも、農業用水路を利用しますが、規模が大きいので、設備投資には億単位の資金が必要となります。 その建設コスト1億2千万円は、農家、地元金融機関がそれぞれ1/3を出資、残り1/3を新エネルギー庁の補助金で充当しました。 これら「夢風」をきっかけとした取組みによる間接的経済効果がより大きくなってきています。 大学の先生に教わって、東京で働いて、これまでいろいろな人たちからさまざまなことを学んできました。

もっと

石徹白(いとしろ)地区地域づくり協議会:東海農政局

名峰白山の懐にある石徹白地区は、豪雪地帯だけあって水量が豊富です。 石徹白は、その豊かな水の流れを生かして早くから小水力発電事業を始めた地域として知られ、現在は計4機の水力発電機を設置。 今田 正美(広 島)、「牡蠣棚(養殖)のある浜」• (大正13年)12月9日、国のに指定される(名称は「石徹白のスギ」)。

もっと

自立の精神を取り戻す 石徹白の小水力発電 WEDGE Infinity(ウェッジ)

2016年6月には、なんと地域の全世帯が出資したという「いとしろ番場清流発電所」が完成。

もっと

小水力発電が農山村地域の課題解決に果たす役割

富安 千(神奈川)、「赤 い 花」• それこそ縄文の時代からずっと、自分たちの暮らしは自分たちでつくってきたんです。 今でも年間500人以上が水車を見にやってくる。 満井登美江(埼 玉)、「アトリエの午後」• 「NPO 法人ねやがわ市民共同発電所」(大阪府寝屋川市)では、福祉作業所である「ワークセンター小路」の屋根を活用した「市民共同発電所 2号機」を設置するための寄付金・建設協力金が、2014年11月の期限までに目標額に達しなかったことから、日本公庫の「環境エネルギー対策資金」を活用。 地域のエネルギー自立を目指し、農業用水を活用した小水力発電を設置した。

もっと

石徹白(いとしろ)地区地域づくり協議会:東海農政局

その場に向けて日本の声を届けるJapanVOICESプロジェクトで日本全国でダイアログ(対話)の場を企画・ファシリテートし、2000名近い声を集めた。 地区の人口は270人、世帯数100戸で、他の過疎地域と同様に高齢化が進んでいます。 3号機を載せている障がい者福祉団体の紹介で障がい者リハビリ施設の屋根をお借りすることとなり、むさしは地域の市民活動のネットワークの広がりにも支えられています。 2016年に稼働した「石徹白番場清流発電所」(最大出力125kW)。

もっと

岐阜県石徹白集落に暮らす270人の「持続可能な農村」へ向けた挑戦

移住を前に奥さんの馨生里さんは洋裁学校に通い、集落で「石徹白洋品店」を始めた。 安達久美子(北海道)、「川 床」• この決定は石徹白村村民の感情を悪化させることとなった。 地元でとれる新鮮で安全な食材をふんだんに使い、料理やスイーツを提供しています。 鳥居 佳子(和歌山)、「草むらの花」• 学ぶことのほうが本当に多い。 初めていく場所でも、このお2人と一緒なら安心ですので、ご紹介します。

もっと