ジョン ウェイン ゲイシー。 33人の青少年を性的に虐待し、殺害した男…「殺人ピエロ」の表と裏(阿部 憲仁)

33人の青少年を性的に虐待し、殺害した男…「殺人ピエロ」の表と裏(阿部 憲仁)

福祉施設で働いていた彼は、子どもたちを楽しませるためにパーティーでピエロに扮することが多かったため、事件を起こした後は 「キラークラウン(殺人ピエロ)」という異名を付けられました。 釈放後、彼はまた一人の少年と関係を持ったが、ある勘違いをきっかけに殺害してしまう。

もっと

少年ら33名を殺害…「殺人ピエロ」の正体とは

だが後にゲイシーの告白によると、45人殺した事が明らかとなっており、遺体が発見されているのが僅か33体だけという結果になっている。 こうした事件が今後起きないことを切に願うばかりである。

もっと

ジョン・ウェイン・ゲイシーとは (ジョンウェインゲイシーとは) [単語記事]

ゲイシーはポーランドとデンマークの家系をルーツに持つ。

もっと

ジョン・ゲイシー (じょんげいしー)とは【ピクシブ百科事典】

地元の資産家として町の名士であり、チャリティーやボランティア活動などにも熱心な模範的市民だと思われていた彼だが、実はその陰で、1972年から1978年の間にかけて、少年を含む三十三人もの人間に性的暴行を加えたうえで殺害し、その遺体を自宅の地下に並べて埋め込み、さらには自宅に入りきらなくなった遺体を近くの川に遺棄していたのである。 これを原因として、ジョン・ゲイシーはパニック障害や心臓発作を起こします。 自分をいじめ続けた父親でしたが、ジョンはそんな父親でも尊敬し『父にいつか認めてもらおう』と一生懸命に働きます。 1964年、靴会社はゲイシーをスプリングフィールドに転勤させ、セールスマンとして勤務させた。 またには「 」に扮して福施設を訪れるなど、再び尊敬される人物となっていく。 また活動に関わるほどの地元の名士だったという点で、周辺地域に与えた衝撃は大きかった。

もっと

【世界のシリアルキラー】ジョン・ウェイン・ゲイシー「ピエロに扮した殺人鬼」

ジョン・ウェイン・ゲイシー 33人を殺害した殺人ピエロ|実録FBIプロファイラー. 逮捕の直前、ゲイシーはヒステリー寸前の状態でドナルド・クザーナを訪れ、途切れがちの声で 「もうおしまいだ。 ジョンは拾った青年と一夜をともにします。 彼の犯行はアメリカ社会を震撼させた。 「人から非難された時、彼は決まって云い逃れをしようとする。 酔っぱらっていた彼にオーラルセックスをした。 彼の話は信じられなかった。

もっと

33人の青少年を性的に虐待し、殺害した男…「殺人ピエロ」の表と裏(阿部 憲仁)

平時は子供たちを楽しませるため、パーティなどでに扮することが多かったことから キラー・クラウン(killer clown、 殺人道化、 殺人ピエロ)の異名を持つ。 少しずつ父子の関係が改善されようとした矢先、再び不幸が訪れます。 殺人ピエロ キラークラウン のような凶暴な別人格になってしまえば、殺人など簡単であると主張しました。 彼らはゲイシーが最近警察とトラブルを起こしていることを知っていたが、これはゲイシー自身が警察を訴えていると語ったからである。

もっと