ツイート した アカウント が 返信 でき ます。 Twitterに返信を制限する新機能。上手に使うための3つの注意点とは?

「クソリプ防止」Twitterが、返信できるアカウントを制限する機能をテスト中

一定期間利用がある• リプライボタンはグレーアウトしていますが、タップはできます。 対象 返信できるアカウントの範囲 全員 すべてのアカウント フォローしているアカウント 自分がフォローしているアカウントのみ(フォローしていない人は返信できない) @ツイートしたアカウントのみ そのツイートで@を付けて指定したアカウントのみ(指定した相手しか返信できない) ツイートするとき返信できるアカウントを選択するには、テキストボックスの下に表示される[すべてのアカウントが返信できます]をタップします。 指定した人だけが返信 返信が制限されたツイートにはラベルが付き、返信アイコンはグレーアウトされ、返信できないとわかるような表示に変更されます。

もっと

【解決】Twitterで自分のツイートに返信できる相手を変更できない場合の対処設定方法

そのため、ツイート内容や返信内容を他のユーザーに見られたくない場合は、ツイートではなく、ダイレクトメッセージ(DM)でやり取りするようにしましょう。 「すべてのアカウントが返信できます」からの変更方法 初期状態だと文字通り、すべてのアカウントが自分のツイートに対してリプライを送れます。 現在のところ、新規作成して間もないアカウントで適用されている報告は出ていません。 こちら文字列をツイートの際に入力します。

もっと

関係ない人はリプライしないで! Twitterが返信可能なユーザーを限定するオプションをテスト(8月17日追記)

また[@ツイートしたアカウントのみ]を選択すると、そのツイートで@を付けて指定したアカウントだけしか返信できなくなります。 返信時にはオプションが表示されない リツイートや引用リツイートは制限できない この機能では返信を制限することはできますが、公開アカウントの場合はリツイートもしくは引用リツイートを制限することはできません。 @ツイートで返信を制限するときの注意点 ツイート自体は誰でも見ることができ、反応もできる @で指定されておらず、返信ができないアカウントでも、 ツイート自体は誰でも見ることができます。 リプライ制限ができない場合 ツイッターによると、iOS、Android、WEB版のTwitterで誰でも利用可能とのことです。 ツイートを入力したら、「すべてのアカウントが返信できます」をクリックすると 返信できるアカウントを選ぶことができます。

もっと

Twitterが「ツイート返信」の仕様を変更 返信可能なアカウントを制限可能に

実装されたばかりですので、時間をおいてから確認してみてください。

もっと

【機能追加】Twitterアプリ、返信できるアカウントをフォローまたは@ツイートしたアカウントを限定可能に

投稿画面で【 ツイートしたアカウントのみ】を選択します。 すると、このように「フォローしているアカウントが返信できる」ツイートになります。 対象は、ツイッター全ユーザーとされています。 」が表示される場合、 返信(ツイート)を送信したユーザーが非公開アカウント(鍵アカウント)である可能性など、以下いずれかの理由により公開制限が適用されていることが原因です。 そして、返信できるアカウントには、以下のように表示されます。 Twitter側の制限に関係なく、返信や@ツイートが表示されない原因として考えられるのは、自分が返信先のユーザーにフォローされていないと表示されないことがあります。 今回リリースされた返信(リプライ)範囲限定機能がどのくらい需要があるか分かりませんが、投稿のたびに設定する必要があるのが面倒だと思います。

もっと

twitterの新しい機能【すべてのアカウントが返信できます】ってなに?

リプライが禁止されている状態であっても、コメント付きリツイートをすることは可能です。 直接手動で入力することもできますが、@ツイートを送りたいユーザーのプロフィールページから右下の「羽根のアイコン」をタップしてもできます。 手順は簡単で「@ツイートしたアカウントのみ」を選択し、ツイート作成時に文章内のどこかに@ユーザー名を入れるだけ。

もっと