ご 足労 の 意味。 「御足労」の意味と使い方・類語・目上の人への使い方・お礼

「ご足労おかけしますが」「ご足労頂き」の正しい意味と使い方【例文付き】

出向いてもらう前日・当日・後日で言い回し方が異なるため、状況によって使い分けてください。

もっと

「ご足労おかけしますが」の意味と使い方【例文あり】

","datePublished":"2019-01-08T16:47:05. 「ご足労ですが」などのクッションとなる言葉から始め、本題に入るといった使い方も、ビジネスメールなどでは有効なのです。 」「本日は弊社にご足労いただき、誠にありがとうございます。 その延長線上として、「こちらの要望に応じて、わざわざこの場にまで足を運ぶようにお願いしてしまいますが」という意味を持つのが「ご足労おかけしますが」という表現です。 目上の人に「お願い」や「お断り」といった内容を伝えるときに、クッション言葉として「ご足労」を用いることで、相手側も受け入れやすくなるでしょう。 【例文】 ・本日はわざわざ お越しいただき、まことにありがとうございます。

もっと

「ご足労」とは?意味と使い方

未来表現 ご足労おかけしますが ご足労いただきますが ご足労をお願いしますが 過去表現 ご足労おかけしまして ご足労いただきまして 2.「ご足労おかけしますが」をメールで使う場合 「ご足労」という単語は来てもらう前にメール等で使っても問題ありません。 まだ弊社で何か打つ手があるかとも存じますので、 また、新しいツールやサービスがリリースされましたら ご提供できればと思います。 「足元が悪い中」といった意味も含まれていて、非常に柔らかな意味合いの言葉です。 クッションとなる言葉は相手に何かをお願いをしたり、お断りをしたり、異論を唱える場合などに、言葉の前に添えて使用します。 ぜひ、ご検討いただければと思います。 さらに、「ご足労賜りますようお願い申し上げますという言い回しをすると、よりかしこまった表現となり、取引先相手やお客様に出向いてもらうような場面にふさわしいです。 来てもらったことに対してお詫びを強調するのであれば、 「ご足労いただき」よりも「ご足労おかけして」とするのが適切です。

もっと

目上の人に使える?「ご足労おかけします」の意味と使い方

相手に出向いてもらうことを前もってお詫びするときに使用します。 恐縮している「申し訳ありません」という言葉をつなげることもできますし、感謝の気持ちを伝える「ありがとうございます」をつなげることもできます。 足労、という言葉もあるにはありますが、 「ご」を付けずに使うことはほとんどありません。 「御足労頂く」 「御足労いただく」は目上の方にも使える言葉です。 また、「ご足労」は相手に足を運んでもらう場面で使われることがほとんどですが、「お手数」は、 相手に何かをしてもらうほとんどの場面で使用することができる言葉です。 」などが使えます。 例えば、同じオフィスにいる上司の方に、自分の書類を持って来てもらったときに、「御足労いただきありがとうございます」というと、そんなに距離があったり、手間がかかったりしたわけではないので、少し大げさな表現になります。

もっと

「ご足労おかけしますが、ご足労いただき」は目上の人に使える?意味と使い方を紹介

・Thank you for your struggle the other day. 」と伝えると良いでしょう。

もっと

「ご足労いただき」の意味や使い方は?目上の人には使えるの?

また、「恐縮ですが. この「ご面倒」という言葉は、比較的親しい人に頼みごとをするときに使う表現です。 1.自社の上司や先輩に対しては使わないようにする 「ご足労おかけしますが」「ご足労いただくことになり」「ご足労いただく」などは、一般的には取引先など社外の来客に使う敬語といえます。 主に、すでに足を運んでもらうことが決定している場面で足を運んでもらう前に使うと「 面倒をおかけして申し訳ありませんが」というニュアンスで使われる表現です。

もっと